AGAとは?What is the AGA?

AGAとは「男性型脱毛症」のことです。 その名前の通り、男性に発症する脱毛症であり、AGAが発症するとヘアサイクルが乱れ、髪が成長しない状態で抜けていき薄毛になっていってしまいます。このAGAの主な原因として挙げられるのは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンという成分であり、こちらの成分が正常な発毛を阻害することで、抜け毛が増え、薄毛が進行していきます。 また、アンドロゲンレセプターという遺伝子の感受性が高い人は、AGAを発症しやすいといわれています。 アンドロゲンレセプターの感受性は、遺伝による影響が大きく、この感受性を検査で調べることで、AGAを発症しやすい体質かどうかを知ることができるでしょう。

AGAはなぜ発症するのか

AGAはすべての男性が発症するわけではありません。では、何が原因で発症してしまうのでしょうか。冒頭で男性ホルモンの一種がAGAの主な原因であると述べましたが、まずはこれをもう少し詳しく説明していきましょう。 ヒゲや体毛を濃くし、男性らしい見た目を保つために必要なテストステロンという男性ホルモンがあります。これが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化するのですが、より強力な男性ホルモンに進化するというとわかりやすいでしょうか。ジヒドロテストステロンには毛髪サイクルを 短くしてしまう作用があるため、毛髪が育つ前に抜け落ちてしまうという現象が起こるのです。 つまり、5αリダクターゼの働きが活発になるほど薄毛が進行していくというわけですね。

AGAは遺伝する?

テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させてしまう5αリダクターゼは、元々人の頭皮に存在している酵素。男性らしさを保つためのテストステロンが減少すると、その分を補うためにより強力なジヒドロテストステロンを作りだそうと働くのです。 しかし、こうしたきっかけがなくとも、元から5αリダクターゼの量が多いとAGAを発症してしまいやすいようです。5αリダクターゼの量は遺伝の影響を強く受けるので、もし家族や親族に薄毛が多ければ、5αリダクターゼの量が生まれつき多い可能性があります。

男性ホルモン受容体の影響

AGAを発症しやすくさせる物質は、5αリダクターゼだけではありません。男性ホルモン受容体と呼ばれる物質があるのですが、この感受性が強い場合にもAGAを発症しやすいのです。 これはどういうことかというと、男性ホルモン受容体がジヒドロテストステロンを取り込む役割を果たしていることが原因。男性ホルモン受容体の感受性が強いと、それだけ多くのジヒドロテストステロンを取り込んでしまうのです。しかも、感受性の強さは5αリダクターゼと同様に遺伝することがあります。 「薄毛は遺伝する」というのは本当の話なのです。 また、遺伝だけでなく生活習慣によってAGAを発症してしまうこともあるようです。 例えば、喫煙者は非喫煙者よりもジヒドロテストステロンの量が10%以上多いという調査結果があります。動物性の食事は男性ホルモンの量を増やしますし、睡眠が足りないと毛髪が十分に育ちません。一度、ご自身の生活習慣を見直してみることも大切でしょう。
AGAの一般的な治療法としては、フィナステリドやディタステリドなどの治療薬が挙げられます。
ジヒドロテストステロンは、皮脂腺や毛母細胞から分泌される5αリダクターゼと、男性ホルモンの一種であるテストステロンが結合することで生成されますが、AGA治療薬はこの結合を阻害することができるため、AGA改善に効果が期待できるのです。 主な症状としては、その名の通り抜け毛が増え、髪が薄くなってしまうというものです。人間の髪は、一日のうちである程度の本数が抜けますが、正常な髪が随時生えてきていれば、禿げてしまうことはありません。 しかし、AGAを発症している人は、正常な髪の発育が追いつかず、どんどん髪が薄くなっていってしまうのです。
以下のような症状を感じたならば、AGAである可能性が高いでしょう。
・抜け毛の量が以前よりも増えてきた ・抜け毛に細い毛が目立つようになってきた ・毛が細くやわらかくなってきた ・頭頂部や生え際といった、特定部分の髪が薄くなってきた ・額が広くなった AGAはある日突然薄毛になる、禿ができる、というわけではありません。段階的に徐々に抜け毛が増えて進行していくものであるため、初期の症状を見逃さないことが何より大切です。 現在では、AGAに有効な治療薬も多数登場しているため、それらを利用することで、改善は可能となっています。

AGAの進行パターン

AGAが原因の薄毛には進行パターンがあります。

U字

生え際が後退して、どんどん額が広くなっていきます。時代劇に出てくる侍の、マゲがない状態をイメージするとわかりやすいです。

M字

U字と同じく生え際が後退していくのですが、真ん中を残して両サイドが後退していくというのが大きな違いです。「M」の谷になっている部分が残り、山になっている部分が後退していくイメージ。

O字

頭頂部から薄毛が始まります。つむじが目立つようになったと感じているなら、このパターンの薄毛が進んでいる可能性が高いです。

複合型

U字とO字を発症するなど、複数のパターンが同時に進行することもあります。その場合、ほかの進行パターンに比べて症状が早く進むので、早めの対策が必要。 東洋人はO字の進行パターンが多い傾向にあると言われています。また、M字もAGA発症者に多くみられるパターンだそうです。

脱毛症はAGAだけではない

脱毛症にはいくつかの種類があり、その原因は様々。AGAと間違えやすい脱毛症についても紹介しておきましょう。

炎症性脱毛症

毛髪のカラーリングやパーマを頻繁にしているなら要注意。強い薬剤が頭皮に付着することによって炎症を起こし、髪が抜けていってしまうのです。また、シャンプーやトリートメントのすすぎが十分にできていないために炎症を起こすこともあります。頭皮のかゆみが続いていたり、赤みが出ていたりするなら炎症性脱毛症の疑いが強いです。

円形脱毛症

ストレスなど精神的なものが主な原因として知られています。だいたい硬貨くらいの範囲の毛髪が抜けてしまうというもの。最近では、免疫作用も原因のひとつであるということがわかっています。なんにせよ、身体が弱っているときに発症しやすいと言えるでしょう。つむじではない場所に円形の脱毛があったり、脱毛部分の境目がくっきりしているなら円形脱毛症である可能性が高いです。 薄毛や抜け毛の症状があっても、必ずしもAGAであるとは限りません。はっきり判断できないようでしたら、クリニックなどを受診することをおすすめします。どの種類の脱毛症であるかがわからなければ、効果的な治療はできないでしょう。

どのようにしてAGAを治療していくか

自分はAGAであると判明したところで、どのように治療を進めていけばいいのでしょうか。薄毛改善のためにできる治療を紹介していきます。

内服薬

AGA治療の代表がこれ。最初に登場したプロペシアを始め、いくつかの種類が存在しますが、いずれも5αリダクターゼを抑制する効果があります。内服薬による治療は、AGAの根本的な改善ができる方法だと言えるでしょう。

育毛剤

こちらも内服薬と同様、選択されることの多い薄毛治療の方法です。特に知られているのは「ミノキシジル外用薬」で、毛髪の成長を促してくれます。毛髪が成長を続けるように働きかけてくれるので、ジヒドロテストステロンの毛髪の成長を邪魔する効果を打ち消してくれるのです。内服薬との併用もおすすめ。

低出力レーザー治療

弱いレベルのレーザーを頭皮に照射することによって、毛根の細胞を活性化します。また、血行促進効果も期待できるようで、毛髪の育ちやすい環境づくりに役立ってくれるでしょう。外用薬と同じように、内服薬による治療と並行して行われることもあるようです。

メソセラピー

AGAの改善が期待できる薬品を毛根に浸透させる治療方法。薬品はフィナステリドやミノキシジルといった有効成分を配合したもので、クリニックによって内容は変わります。毛髪の成長の要である毛根に浸透させるので、比較的短期間で効果を実感できることが多いようです。

ハーグ治療

メソセラピーとやや似た治療方法で、有効成分を頭皮に直接浸透させるというものです。毛髪再生治療とも言われ、浸透させる薬品に「成長因子」が含まれているのが特徴。この成長因子には毛根の細胞分裂を活発にしてくれる効果があり、毛髪の育毛だけでなく発毛も期待することができます。

植毛

人工毛、もしくは自毛を頭皮に植えていくという方法。すぐに毛髪を増やして、見た目を改善したいという方に選ばれることが多いようです。自毛による植毛はうまく頭皮に定着すればそのまま自毛となりますし、人工毛の場合はメンテナンスを継続する必要がありますが、ヘアスタイルを自在に決められます。 ここで紹介した治療法は、基本的にAGA専門クリニックで受けることができます。専門のクリニックであれば、複数の治療を一緒に行なうことも可能。治療の組み合わせ次第では、効果をより高いものにすることができるでしょう。 しかし、AGAの進行に悩んでいるにも関わらず、実際にクリニックを訪れて治療を受ける人の数は少ないのが現状。足を運びづらいという印象をお持ちの方が多いのかもしれませんね。 しかし、専門家の診断と治療を受けるのに勝ることはありません。自己流の治療よりも高い効果を得られるはずです。また、一見しただけではAGA専門のクリニックとはわからないような外観だったり、医師とスタッフ全員が男性であったりと、通いやすいクリニックがとても多くなっていますよ。

生活を見直すことも必要

AGAを発症してしまう原因のひとつとして、生活習慣をあげました。本格的にAGAの治療に臨むのであれば、同時に生活習慣の改善もはかるべきです。少しでも意識して改善することで、治療の効果がより発揮されるでしょう。

食生活の改善

毛髪が元気に成長するためには、ビタミン・ミネラル・タンパク質が必要。これらがバランスよく摂取できるように意識するといいでしょう。また、油っこい食事を続けると過剰な皮脂分泌や血行不良など、毛髪が育ちにくく抜けやすい頭皮環境になってしまいます。

喫煙・飲酒を控える

タバコに含まれるニコチンには、血管を狭くして血液の流れを悪くしてしまう作用があります。そして、アルコールを体内で分解するためには大量のミネラルが必要。元気な毛髪が育つためには血行が良好であること、十分なミネラルが必要のため、喫煙と飲酒が毛髪にとって好ましいものではないことがわかるでしょう。

適度な運動・十分な睡眠を心がける

運動をすれば、全身の血行がよくなりますね。血行の悪さを実感しているのであれば、毛髪のためにも運動をして血行改善を目指しましょう。また、寝ている間に分泌される「成長ホルモン」は、育毛・発毛のために必要な成分。最低でも6時間以上の睡眠は確保できるといいですね。 生活習慣を見直すことは、AGA治療だけでなく、ご自身の健康のためにもなることです。毛髪も身体も、若々しさと元気を取り戻しましょう。

AGAによる薄毛改善の近道はクリニックにある

専門のクリニックで専門家の指導の下、きちんと治療を行っている方はごくわずか。自己流のケアや市販の育毛剤にまったく効果がないわけではありませんが、やはりクリニックでの治療の方が高い効果を期待できるでしょう。 同じAGAでも進行がどのタイプであるのか、自分に最適な治療方法は何なのかということがわかっていれば、効果はより早く実感できるはず。そして、これらを正確に判断することができるのは、AGA治療専門のクリニックなのです。

AGA治療薬一覧Handling AGA remedy

様々なAGAの治療薬をご紹介しています!

AGA治療薬別Q&AAGA remedy by Q&A

当サイトで紹介している薬剤別のQ&A集です。

地域のクリニック特集