AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAの原因って何ですか?

 

原因の成分はジヒドロテストステロンです

imasia_14750835_M
男性型脱毛症の原因となる成分はジヒドロテストステロン(DHT)であることが分かっています。

DHTは5αリダクターゼと男性ホルモンが結合することによって作り出される成分で、これが毛髪の成長を阻害してしまうことによって薄毛化が進行することになります。

つまり、AGAを治療するためには、いかにしてこのDHTの量を減らしていけるかが鍵となると言えるのです。

AGA治療薬として有名なプロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼと男性ホルモンの結び付きを阻害する薬で、高い治療効果が期待できる理由はDHTが作られることを阻止してくれるという点にあります。

DHTと男性ホルモンは似た働きを持っており、筋肉を作ってくれる働きもありますので、一概に悪いと言い切ることはできませんが、大量に分泌されている状態だと毛髪に影響を及ぼすことになるので、AGA治療においては大敵となります。

AGA治療薬とジヒドロテストステロン

AGA治療薬の中でも近年注目を浴びているプロペシア(フィナステリド)やアボダート(デュタステリド)といった薬は、5αリダクターゼに作用する薬です。

その効果は5αリダクターゼの力を削ぎ、男性ホルモンとの結び付きを阻害するというものです。

ジヒドロテストステロン自体に作用するのではなく、これが生成されないようにする薬となります。

5αリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドは2型5αリダクターゼにのみ作用するのに対し、デュタステリドは1型と2型の両方に作用することになります。

両者の違いは作用する5αリダクターゼの違いというわけですね。

AGA治療薬の中には他にもミノキシジルのような血行を促進させて毛髪を作る細胞を活発化させるものもありますが、こちらについてはジヒドロテストステロンとの関係はありません。

しかしながらこちらも一定の治療効果が期待できますので、フィナステリドやデュタステリドと併用するケースも多いです。

なお、フィナステリドとデュタステリドについては併用するケースはほとんどありません。

デュタステリドのみで1型と2型の5αリダクターゼに作用しますので、フィナステリドを服用する必要は無いと判断されることが多いからです。

生活習慣とAGAの関係

男性型脱毛症(AGA)が発症してしまう原因はジヒドロテストステロンにあり、この成分が毛母細胞に対して毛を作らないようにと指示してしまうことによって薄毛化が進行してしまいます。

したがって生活習慣とAGAについては関係性が乏しいようにも思えます。

しかしながら、そもそも毛髪が生えにくい環境、育ちにくい環境が出来上がってしまっていて、薄毛化が助長されてしまっている可能性もありますので、生活習慣とAGAの関係は皆無とも言い切れません。

健康な頭皮環境、つまり発毛や育毛に適している環境はAGAの治療にも必要となりますので、ここだけは勘違いしてはなりません。

偏った食生活によって栄養バランスが悪くなっている、髪を作るために必要となる栄養が補給されなければ、たとえ薬によってジヒドロテストステロンが低減していたとしても毛髪の作りようがありません。

また過度なストレスや喫煙などが原因で血流が悪くなってしまっていれば、食事によって補給された栄養が髪にまで届かないということも考えられます。

AGAを治療するために

imasia_15150611_M
AGAの治療はフィナステリドやデュタステリドなどのAGA治療薬を服用して終わり、というわけではありません。

当然薬によって原因となるジヒドロテストステロンが減少するわけですので、一定の治療効果は期待できますが、これだけでは治療の効率が良いとは言い切れません。

最終的に毛髪を作るのは人の体であって、薬が直接毛髪を作り出すわけではありません。

AGAの治療薬はあくまで発毛と育毛の手助けをしてくれる存在であることを忘れないようにしましょう。

また、AGAは非常に厄介で、生活習慣を改善するだけでは完璧に治療できるわけではありません。

健康的な生活を送っていたとしても薄毛化が進行してしまっている場合には、治療薬にてこれを改善することも可能です。

大切なのはAGA治療薬を服用するのと共に生活習慣も健康的なものへと改善していくことです。

また、治療にはある程度時間を要することになるという点も留意しておく必要があります。

数ヶ月間という期間中、薬の服用も健康的な生活習慣も継続していかなければなりません。

(まとめ)AGAの原因って何ですか?

1.原因の成分はジヒドロテストステロンです

AGAの原因となる成分はジヒドロテストステロン(DHT)であることが解明されています。

治療に際して重要なことは、この成分をいかにして抑制させられるか、という点になります。

2.AGA治療薬とジヒドロテストステロン

AGA治療薬には様々なものがありますが、フィナステリドやデュタステリドは原因成分であるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果が期待できる薬となります。

高い治療効果が期待できるのも特徴です。

3.生活習慣とAGAの関係

生活習慣とAGAの発症については、関連性が全く無いとは言い切れません。

AGAを治療するにあたり、規則正しい生活習慣を送ることは必要不可欠となりますので注意がしましょう。

4.AGAを治療するために

AGAの治療をより効率的に行うためには生活習慣の改善と薬の服用は、どちらも必要となります。

薬にできることは原因となるDHTの発生を抑制することのみだということをわきまえましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。