AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAの治療期間はどれくらいですか?

 

発毛を実感するまでには半年程度かかります

73e985bd38b764c986f1a3b57d784e64_s
AGAを治療するにあたり、やはり気になるのが治療に要する時間です。

治療期間については、半年程度と認識しておくと良いでしょう。

これはどこのクリニックにおいても共通して言えることですが、実際に治療をしてみて発毛を実感するようになるまでには最低でも6ヶ月程度の治療期間を要することになります。

AGAの特効薬と銘打って治療薬が販売されていますが、特効とはいえ服用して1週間などという短期間でみるみる内に毛髪が成長するような薬ではありません。

AGA治療薬はあくまで発毛を助ける薬であることを忘れてはなりません。ただし、治療薬の効き方には個人差もありますので、6ヶ月に満たずとも、4ヶ月程度で期待していた効果が得られるケースも存在します。

これとは逆に、もう少し治療を続けなければならないケースもあります。ある程度余裕を持って1年は治療に専念する必要があるという認識を持っていれば良いでしょう。

なぜ「6ヶ月」なのか

男性型脱毛症の治療期間は半年程度とされることが多いですが、これは毛髪が伸びる速度に起因しています。一般的に、毛髪は1ヶ月辺りに1センチ程度伸びるとされています。

そのため、治療を開始してからある程度時間が経たなければ発毛効果を実感することはできません。

目に見えて効果が現れてくるのが早い場合で4ヶ月程度、平均は6ヶ月程度というわけです。AGA治療薬のフィナステリドやデュタステリドの研究結果にて、デュタステリドの方がより高い治療効果が期待できることが分かっていますが、しかしながらどちらの薬の説明にも6ヶ月程度の服用期間が必要とされています。

つまりどちらを服用したとしても目に見えるような毛髪の変化が訪れる時間は同じで、やはり髪の毛の成長スピードが関係しているというわけですね。

他の治療薬を使用した場合でも同様で、髪の毛が成長して初めて効果を実感するという形になりますので、クリニック側としても治療期間は半年程度と説明せざるを得ないのです。

フィナステリドやデュタステリドの効果と個人差

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_s
今やAGAの治療において主流になっているプロペシア(フィナステリド)やデュタステリドですが、この薬の効果はジヒドロテストステロンの発生を抑制してくれるというものです。

ジヒドロテストステロンはAGAの原因となる成分で、これが毛母細胞に対して毛髪の成長を止めてしまう指令を出してしまうことによって薄毛化が進んでしまうことが分かっています。

ジヒドロテストステロンは血中の男性ホルモンと毛母細胞や皮脂腺にて分泌されている5αリダクターゼが結び付くことによって作られ、フィナステリドは5αリダクターゼの力を阻害することが可能なため、ひいてはAGAの治療効果が期待できるというわけです。

ここで注意しなければならないのは、人によって5αリダクターゼの分泌量は異なるという点です。

多く分泌されている人もいれば、少量しか分泌されない人もいます。

治療薬の効果に若干のばらつきが発生する理由はこの分泌量に関係していることが分かっています。

治療を始めて早くから発毛効果が得られるケースもあるのは、こういった理由があるからです。

治療が終わるタイミングについて

AGAの治療の進度には個人差が出るもので、早い方ならば半年を待たずして目覚ましい結果が出ることになりますが、遅いケースだと1年程度の時間が必要となることもあります。

どちらのケースにおいても言えることは、毛髪が生えたからという理由ですぐに薬の服用をやめてしまうと、すぐに毛髪が抜け落ちてしまう可能性があるということです。

その髪の毛は薬が作用してジヒドロテストステロンの量が少なくなっているから生えているのであって、薬の服用をやめてしまうと再びDHTが大量に作られることになると考えられます。

したがって再びAGAの症状が出てしまい、治療する前の状態に逆戻りしてしまう可能性もあります。

これを防ぐためには、徐々に薬を服用する量を減らしていく必要があり、医師の指示をいただきながら少しずつ体を慣らしていくのが理想となります。

もちろん個人で通院するか否かの判断を下すのも悪いわけではありません。

毛髪がある程度戻ったから通院をやめるという方も、不安だからしばらく通院するという方もいます。

担当となっている医師の方の判断に任せるのが無難ですが、それ以外にも治療を終わらせるタイミングはあります。

唯一、通院して効果が出る目安となる半年を待たないで治療を終わらせることは、少し勿体無いので、一度通院したら6ヶ月程度は通った方が良いと言えます。

(まとめ)AGAの治療期間はどれくらいですか?

1.発毛を実感するまでには半年程度かかります

AGA治療薬を用いた際の治療期間は、およそ半年間となりますが、薬の効き目には個人差がありますので、4ヶ月から5ヶ月程度で効果が現れる人もいれば、1年程度治療する必要があるケースも存在します。

2.なぜ「6ヶ月」なのか

治療期間が6ヶ月間である理由は、毛髪が成長するスピードと深く関係しています。

毛髪が伸びるまでにかかる時間と治療薬の効果には個人差があるという点を踏まえた上で治療をしていきましょう。

3.フィナステリドやデュタステリドの効果と個人差

AGA治療薬として主流になっているフィナステリドの効果にちょっとしたばらつき、個人差があるのは、効果を発揮することになる5αリダクターゼの分泌量にも関係しています。

発毛効果が期待できる薬にも、ある程度の個人差があることに注意しましょう。

4.治療が終わるタイミングについて

治療が終わるタイミングは個人の判断にゆだねられることもあります。

治療効果が出たから治療を終わらせるということも、不安なので経過を見てもらうこともあります。

一概に何日間の通院が必要などとは言えないのが現実です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。