AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAは遺伝するって本当ですか?

 

遺伝もAGAの原因の1つです

de8bc30e8a93e42da828bd205e5ca0dc_s
男性型脱毛症の原因は遺伝にもあります。

髪の毛が生えなくなってしまう、もしくはやせ細っていき薄毛化が進行してしまうのは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる成分が原因であることが分かっています。

しかし同時にジヒドロテストステロンが多いからと言って全ての人の毛髪が薄毛化してしまうというわけでも無いことも分かっています。

つまりジヒドロテストステロンの量に左右されることなく、薄毛化が進行する人もいれば進行しない人もいるというわけです。

それでは、なぜ個人によってこのような差異が発生してしまうのでしょうか。

実はジヒドロテストステロンによる毛髪の成長を止めるという指令は、アンドロゲンレセプターという電波の受信機のようなものによって受けることになり、この機関の感受性が高いかどうかは遺伝によって異なることが分かっています。

つまり、遺伝によってアンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子が受け継がれていた場合には、知らない内に薄毛化が進行しやすい環境になっている可能性が高いというわけです。

したがって、AGAの原因は遺伝にもあるというわけです。

そもそもAGAはなぜ発症するのか

男性型脱毛症(AGA)はジヒドロテストステロンが毛髪を作る細胞に対して髪の毛の成長を止めてしまう指令を出してしまうことによって引き起こされます。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞や皮脂腺が分泌する5αリダクターゼと血中の男性ホルモンが結び付くことによって作られてしまう成分です。

近年AGAの治療薬として人気を集めているフィナステリドには、この結び付きを阻害する効果が期待でき、そのため薬として服用されているわけです。

AGAを止めるためには、いかにジヒドロテストステロンの発生を抑制できるかが重要となります。

また5αリダクターゼの活性の高さについても考慮する必要があります。

この成分の分泌量が多かったとしても、活性が低ければ、男性ホルモンとの結び付きは自然に少ない状態となりますので、AGAは発症しにくくなります。

問題なのは活性が高かった場合で、このケースではフィナステリドを用いて治療していくのが現在の主流となっています。

5αリダクターゼの分泌量や活性の高低は遺伝による部分も大きいため、こちらもアンドロゲンレセプターと同様に遺伝がAGAの原因となるその因子と言えます。

遺伝子検査にて分かること

IMG_2628 02
AGAになりやすい体質であるか否かは、遺伝子検査によって調査することが可能です。

遺伝子の解析をして分かることは、アンドロゲンレセプターの感受性の高さとなります。

アンドロゲンレセプターの感受性が高いと判明した場合、それはジヒドロテストステロンによる毛髪育成の休止命令を受けやすいということになりますので、遺伝によってAGAが発症しやすい体質であると言えます。

このように遺伝子検査は発症のリスクの有無を調査できますので、疑わしいと感じた場合は検査してみると良いでしょう。

また遺伝子検査ではAGA治療薬のフィナステリドが効きやすい体質であるかどうかも調査されることになります。

あらかじめ検査を受けていれば、より効率的にAGAの治療をしていくことが可能となります。

検査は口内粘膜からサンプルを採取することになりますので、要する時間はほんの数分です。

検査結果が出るまでは1ヶ月程度の時間を要することになりますので、これらの時間を踏まえた上で利用してみると良いでしょう。

薄毛化の原因は遺伝だけではない

薄毛化は完全に遺伝のみによって発症するというわけではありません。

確かに遺伝によって薄毛化が進行しやすい体質の人とそうでない人はいますが、この他にも偏った食生活や生活習慣の悪化、飲酒、喫煙などは毛髪には悪く、こちらが原因となっているケースも考えられます。

特に食生活については近年よく話題になっている通り、野菜と疎遠の生活になっている方も少なくありませんし、生活習慣についても睡眠時間が少ないと毛髪に多大な影響を及ぼしてしまいますので、これらが薄毛化の原因となっていることも多いです。

髪の毛のボリュームが無くなってきた、抜け毛が目立ち始めたという方は、まずはこれらの原因から改善してみると良いでしょう。

それでも薄毛化が進行するという場合には、遺伝により進行しやすい体質の可能性がありますので、遺伝子検査をしたり投薬によって治療したりして治していくことをお勧めします。

(まとめ)AGAは遺伝するって本当ですか?

1.遺伝もAGAの原因の1つです

AGAの原因は遺伝によって親から受け継がれている可能性があります。

アンドロゲンレセプターの感受性には個人差があり、これは遺伝によるところが大きいというわけですね。

2.そもそもAGAはなぜ発症するのか

AGAが引き起こされる原因となる成分はジヒドロテストステロンにあり、これは男性ホルモンと5αリダクターゼが結び付くことによって生成されます。

またこちらについても遺伝の要素があります。

3.遺伝子検査にて分かること

遺伝子検査によって分かることは、アンドロゲンレセプターの感受性の高低と、フィナステリドが効きやすい体質であるかどうかという点です。

検査時間も短時間で済みますので、疑わしい場合には一度検査してみることをお勧めします。

4.薄毛化の原因は遺伝だけではない

薄毛化が進行してしまうことの原因は、全てが遺伝によるものというわけではありません。

食生活や生活習慣の乱れについても薄毛化が進行する立派な原因といえますので注意が必要です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。