AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAにはどんなタイプがあるの?

 

AGAはさまざまな進行パターンが見られる男性型脱毛症です

af9920054498l
AGAは、いくつか存在する薄毛症状のなかでも、男性ホルモンや遺伝に関連したタイプのものです。

ですが同じAGAでも、進行パターンが複数存在するため、それがAGAかどうか見極めるのは、簡単でないかもしれません。

専門医に相談して、早めに対策を打つことが大切です。

従来、AGAは治療が難しい症状として知られていました。

ですが近年は、効果的な治療成分の発見、製品化に伴い、多くの人が改善を期待できます。

薄毛具合が酷くても、努力次第でまた以前のような健康的な頭髪を取り戻せるかもしれません。

またAGAの原因は、ホルモンや遺伝のみに留まらず、さまざまなものが考えられます。

薬だけでなく、日々の生活や食事内容などへも気を遣うことが大切です。

AGAにはいくつかの進行パターンがあります

AGAは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、ジヒドロテストステロンに変化することで起こります。

このジヒドロテストステロンが髪の毛根にある毛乳頭細胞へ結合することで、脱毛シグナルが出されてしまうのです。

そのことから、AGAは頭皮でもとくにジヒドロテストステロンが産生されやすい場所から起こるとされます。

このAGAが見られやすい場所というのは、大きくふたつに分けられます。

まずひとつ目は、頭頂部から薄くなっていく症状です。

その部分だけ、髪が太く成長する前に抜け落ちてしまうため、丸い形状の薄毛部分が現れます。

中高年の男性に多く見られるタイプですが、近年は若い世代でも起こりやすいようです。

もうひとつは、生え際、つまり前頭部から進行していくタイプです。

AGAは急に現れるわけでなく、だんだんと薄くなっていく症状なので、明確な実感はなく、気付けば額が広くなっていた、といった感覚から気付くことも多いです。

またその他、これらふたつのタイプが同時に現れるパターンもあります。

進行していくと、前頭部と頭頂部の薄毛が繋がり、前頭部から大きくはげ上がった状態にも発展してしまいます。

近年効果的な治療法が登場しました

gf1420360304l
従来、AGAは改善が難しい症状として広く知られていました。

“毛生え薬”なるものができようものなら、世界的な名誉ある賞に輝くともいわれ続けていたほどです。

ですが近年においては、それも現実のものになりつつあります。

なぜなら、AGAの原因を根本から改善することに役立つ、有効な薬が登場したからです。

日本においては2005年より発売開始された、フィナステリドを有効成分とする薬のことを指します。

テストステロンからジヒドロテストステロンに変化する際、5a還元酵素という成分が前者へ結びつきます。

逆にいえば、この5a還元酵素とテストステロンの結びつきさえ防げれば、ジヒドロテストステロンは産生されません。

フィナステリドは、その5a還元酵素を阻害することへ期待が持てる、まさにAGA対策向けといえる成分です。

そのため、高い有効性が期待できるのです。

この薬の登場により、AGA=治療可能な病気として、多くの人が希望を持てるようになりました。

薬以外の症状改善に繋がる対処法もあります

フィナステリドを有効成分とした薬は、AGA改善に大きな効果が期待できます。

ですが、改善に役立つ方法は、それだけでもありません。

むしろ、フィナステリド錠を服用しても他の注意点が守れていなければ、効果は出にくいかもしれないほどです。

たとえば、食生活についてです。

バランスの取れた栄養豊富な食事を意識することで、髪にも栄養が行き渡りやすくなり、AGA改善や予防を期待できます。

AGAの場合、遺伝や男性ホルモンも関係しているため、それだけが原因ともいえませんが、意識するに越したことはありません。

次に、ストレス解消へ力を注ぐことです。

ストレスは目に見えない存在ですが、AGAとも密接な関わりを持ちます。

過度なストレスは自律神経に悪影響を与え、髪の成長を阻害します。

さらにホルモンバランスへも大きく影響するため、AGAには大敵といえます。

そしてもう一点忘れてはならないのが、喫煙を抑えることです。

タバコはストレス解消に役立てられる反面、頭皮の毛細血管を縮小させる特徴があるため、髪の成長を妨げてしまいます。

これらも考慮した上で、AGA改善を試みてください。

バランスのよい食事、適度なストレス発散、禁煙への意識を考えながらフィナステリド錠を服用すれば、期待できる効果はまたさらなるものとなるでしょう。

AGAの仕組みを把握した上で、ぜひ実践してみてください。

(まとめ)AGAにはどんなタイプがあるの?

1.AGAはさまざまな進行パターンが見られる男性型脱毛症です

AGAは、男性ホルモンや遺伝に関連して起こるタイプの薄毛症状です。

近年は効果的な治療法も登場し、改善可能な症状と捉えられるようになってきています。

専門医に相談して、理想的な髪を取り戻してみてください。

2.AGAにはいくつかの進行パターンがあります

AGAは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することで髪の成長を妨げ、薄毛を進行させる病気です。

タイプとしては主に、この原因物質が多く現れやすい、頭頂部と前頭部から薄くなるふたつのパターンがあります。

3.近年効果的な治療法が登場しました

従来AGAは治療が難しい病気とされていましたが、フィナステリド錠の登場により、その概念も大きく覆されました。

フィナステリドは、ジヒドロテストステロンが産生される際に欠かせない5a還元酵素の、阻害に役立てられる成分であるためです。

4.薬以外の症状改善に繋がる対処法もあります

AGAの改善には、日常生活における注意も欠かせません。

たとえば、バランスのとれた食事、ストレスの抑制、禁煙への意識などです。

これらも踏まえた上でフィナステリド錠を活用すれば、さらなる効果にも期待できるでしょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。