AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAの進行にタバコは関係しているの?

 

直接的な原因ではないものの大きく関係しています

af9920044870l
タバコは、がんや肺浮腫の発生率を高めるなど、気分転換に役立つ反面、健康リスクも少なくない存在です。

そしてAGAに関しても、やはり影響が懸念されます。

AGAを予防したい、もしくはすでに発症しており改善したいと考えているのであれば、禁煙への意識は重要です。

理由は、タバコの成分特有である作用が挙げられます。

これが髪の成長を妨げてしまうため、AGAをより後押ししてしまう可能性も懸念されるのです。

とはいえ、AGAの根本的な原因は他に存在しています。

喫煙を控える意識と共に、より有効な治療法に臨むことで、改善への期待はより高まります。

特徴をしっかり把握して、効果的な改善に取り組んでみてください。

喫煙することでAGAに悪影響を与えます

タバコの主な成分は、ニコチンです。

この成分によって、特有のリラックス効果が期待できます。

ただ肺に有害物質が蓄積したり、血管収縮させたりなど、健康を脅かす存在となることも広く知られています。

国内外のタバコパッケージには、商品を包む外装であるにもかかわらず、大きくその影響が記載されているほどです。

AGAへ影響する特徴としては、血管収縮の作用が挙げられます。

この影響は全身に及ぶため、肺のみならず、頭皮へも現れます。

すると、頭皮に張り巡らされた毛細血管までをも収縮させてしまいます。

髪の成長は、この毛細血管を通して運ばれる栄養素や酸素によって支えられているため、これにより毛は痩せ細り、コシのない状態へと変化していきます。

これが、タバコによる頭髪への影響です。

ですがAGAという薄毛症状に関しては、これだけが原因でもありません。

そのため、禁煙を心がけたとしても、必ずしも改善に期待できるわけではないのです。

タバコを控える意識とともに、後述で紹介するAGAに適した治療法へも取り組むことが大切です。

サイクルの乱れによって薄毛になります

af9920055387l
AGAは、男性ホルモンや遺伝が影響して起こります。

体内機能的な原因であるため、基本的には個人で対処することが難しいです。

さらに発症する確率は比較的高く、30歳代で約10%、60歳代では約50%で、平均約30%もの男性が悩みを抱えているそうです。

では一体、どのようにこうした症状は起こっているのでしょうか?

まず、髪の成長には大きく分けて3つのサイクルが存在しています。

休止期・成長期・退行期の3つです。

正常であれば、これらを約8年の歳月をかけて巡ることにより、健康な髪の成長や生え変わりが保たれます。

ところがAGAになると、約8年のうち2~6年という長い期間を占める成長期が、数ヶ月~1年の短い期間で終わってしまいます。

せっかく生えはじめた髪も、これではすぐに痩せ細り抜け落ちてしまいます。

これが、徐々に薄毛が目立ちはじめて地肌が露出してきてしまう原因なのです。

そしてタバコを頻繁に利用している場合、より進行を早めてしまいます。

タバコのニコチンもまた、髪を痩せ細らせる要因であるため、薄毛状態に発展しやすくなるのです。

薄毛のストレスを和らげるために喫煙などしようものなら、より悪いスパイラルに陥ってしまうので、まず避けるべきです。

減煙とAGA治療を並行して進めましょう

まず何よりも、タバコを控えることが肝心です。

髪の発育にはストレスが大きく影響しているため、タバコによるリラックス効果もある意味有効です。

ですが、それに伴い被る血管縮小作用は、それ以上に懸念点となる要素です。

完全に断たなければならないわけでもありませんが、本数を控えるに越したことはありません。

そしてそれと同時に、専門のクリニックでAGA改善薬を処方してもらいましょう。

いくつかあるなかでもフィナステリドを有効成分とするものは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを産生する5a還元酵素阻害に役立ちます。

医師のアドバイスを踏まえ、有効に活用してみてください。

小さな錠剤の形で処方されるのが一般的であるため、継続利用がしやすいです。

さらに服用のタイミングもとくに決められてはいないため、毎日自分の好きな時間で飲むことができます。

ただ一点注意すべきなのが、約6ヶ月にも及ぶ継続服用が重要である点です。

頭皮におけるフィナステリド濃度を、長期にわたり安定させなければなりません。

その間タバコも控えなければならないとなると、愛煙家にとっては少し苦しく感じられるかもしれません。

禁煙用ガムや他の嗜好品、またストレス発散に繋がる趣味を見つけるなどして、自分なりに落ち着かない気持ちをリラックスさせる方法を見つけてみてください。

(まとめ)AGAの進行にタバコは関係しているの?

1.直接的な原因ではないものの大きく関係しています

タバコは、AGAの進行を後押ししてしまうかもしれません。

なぜなら、タバコ成分が髪の成長に欠かせないサイクルを阻害してしまうためです。

他にも効果的な治療法はありますが、禁煙への意識も合わせて持つことが欠かせません。

2.喫煙することでAGAに悪影響を与えます

タバコを喫煙すると、主要成分であるニコチンの働きにより、健康への悪影響が懸念されます。

なかには血管を収縮させる特徴もあり、髪が痩せ細ることにも繋がってしまいます。

AGAの予防・改善を目指すなら、避けるべきでしょう。

3.サイクルの乱れによって薄毛になります

AGAは、男性ホルモンや遺伝が影響して起こります。

通常約8年かけて巡る休止期・成長期・退行期の発毛サイクルは阻害され、徐々に薄毛が目立ってきてしまいます。

タバコは根本的な原因と異なりますが、症状を悪化させる要因になりやすいです。

4.減煙とAGA治療を並行して進めましょう

あなたが愛煙家であったとしても、AGA改善を試みるのであれば、本数は控えるべきです。

また同時に、病院処方が可能なフィナステリド錠も合わせて利用すると良いでしょう。

長期の治療が必要なので、タバコに変わるストレス発散も検討してみてください。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。