AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAって何歳から起こる病気なの?

 

生活の仕方や環境によってあらゆる年齢で現れます


AGAに、何歳から起こるという明確な決まりはありません。

一般的に、薄毛やはげといえば中高年代以降で現れやすい印象も強いかもしれませんが、AGAの場合はそれに限りません。

事実、割合的に中高年の方が多く見られますが、若い世代でも増えてきています。

そのため、若いからといって油断はできません。

AGAになると、さまざまなデメリットが懸念されます。

異性への印象のみならず、その他人間関係や仕事面などでもマイナスを被るかもしれません。

そのため、気になりはじめたら早い段階で改善を試みるべきです。

近年一般的になりつつあるのが、飲むタイプのAGA改善薬です。

有効成分により、高い改善効果が期待できます。

ただ、服用可能年齢も決められているため、何歳から飲めるかについて、正しく理解しておくべきです。

AGAが若い世代にも増えてきている理由はストレスや生活習慣の乱れにあります

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症を指す病名です。

“男性型”と付くように、この薄毛は基本男性に見られる症状であり、男性ホルモンや遺伝が原因となっています。

また原因がそうしたものであることから、年齢に限らず現れるというのも特徴的です。

何歳から起こるなどといった明確な基準はなく、思春期以降であれば誰でも起こり得ます。

そしてその年齢は、近年徐々に下がってきているともいわれています。

理由として、AGAは生活や環境によって進行を早めてしまうことが挙げられます。

たとえば、ストレス社会と呼ばれる社会全体の風潮です。

会社や学校における人間関係や、学力、業績を求められる実力重視社会、ハラスメントなど、ストレスのかかるシーンは少なくありません。

ストレスは、自律神経に影響を及ぼすため、ホルモンバランスの乱れへと繋がります。

これにより、体が健康であってもAGAを引き起こしやすくなってしまうのです。

その他、ファストフード人気による食生活の乱れや喫煙、また髪の脱色やパーマネントなどで直接的に毛根へダメージを与える機会が増えていることも若くして薄毛に至りやすい理由です。

健康的な頭髪を維持するなら、年齢に限らず、若いうちからあらゆる面へ気を遣うべきです。

AGAになることでさまざまな懸念が生まれます

af9980016443l
AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変化することで起こります。

健康的な成長ができなくなった髪は、生えてきても早い段階で痩せ細り、抜け落ちてしまいます。

その範囲は徐々に広がっていき、結果として髪が薄く、地肌が透けて見えるような状態へと発展していきます。

髪が薄くなったからといって、体調面に直接影響を受けるわけではありませんが、周囲への見栄えとしては、あまり良い印象でありません。

影響としては、まずひとつに異性への印象が挙げられます。

恋人ができない、結婚できないといった大きな問題にも繋がりかねないため、精神的ダメージは大きいです。

次に、仕事へも影響が出かねないという点です。

たとえば営業であれば、お客さんやクライアントへの印象が悪く、取れるはずの商談もまとまりにくいかもしれません。

また業種に留まらず、社内での印象が悪く、人間関係や昇進に響くことも考えられます。

そしてもう一点、こうした懸念を持つことで、自信が持てなくなるというのも重大な影響に繋がります。

一概に言い切れるものでもありませんが、こうした影響も少なからず考えられます。

薄毛が目立ちはじめたら、早期に解決を目指しましょう。

AGA改善薬は基本的には20歳以上の方が服用できます

前述で、AGAによる悪影響をご紹介しましたが、だからといって諦める必要はもちろんありません。

有効な治療を試みることで、また健康的な頭髪状態に戻り、自信漲る生活を送ることへも期待が持てます。

近年有効な手段として広く取り入れられているのは、飲む改善薬を用いた方法です。

有効成分フィナステリドを含有した錠剤薬となっており、多くの専門クリニックにて提案してもらえます。

ジヒドロテストステロンの発生原因となる酵素を阻害する働きがあるため、高い確率で改善に期待できます。

ただ、何歳から使用できるかについては、正しく把握しておくことが欠かせません。

フィナステリド錠は、20歳未満における有効性、安全性が確立されていません。

そのため、若い年代であっても成人以降にならなければ安心して使用できません。

有効とはいえ、やはりどんな薬にも副作用の懸念は付きものです。

薬の中でもフィナステリド錠は副作用の少ない種類に属しますが、20歳未満ではその特徴も保証されないため、安易な服用は避けるべきです。

医師へ相談して、フィナステリド錠以外の安全な治療法を用いた改善を目指してください。

(まとめ)AGAって何歳から起こる病気なの?

1.生活の仕方や環境によってあらゆる年齢で現れます

AGAは中高年から発症しやすい病気ですが、若い世代にも増えてきています。

年齢に限らず、薄毛やはげにはさまざまなデメリットが伴うため、早期の改善が重要です。

ですが、年齢によって取り入れられる改善方法は異なるため、注意も必要です。

2.AGAが若い世代にも増えてきている理由はストレスや生活習慣の乱れにあります

AGAは、男性ホルモンや遺伝が原因となり起こる薄毛症状です。

そして近年はストレス社会や食生活の乱れにより、若い世代でも見られやすい症状となりつつあります。

そのため、年齢に限らず、薄毛対策への意識が欠かせません。

3.AGAになることでさまざまな懸念が生まれます

ジヒドロテストステロンの増加によりAGAになると、だんだん薄毛部分が目立ちはじめ、周囲への見栄えにも影響しはじめます。

異性のみならず、仕事や社会生活に関連した面でもあまり良い印象でないため、あらゆるマイナスが懸念されます。

4.AGA改善薬は基本的には20歳以上の方が服用できます

AGAに対する有効な治療法としては、フィナステリド錠を使ったものが近年広く取り入れられています。

ですが、20歳以下における使用の安全性・有効性は確立されていない方法となっています。

フィナステリド錠以外の治療法を提案してもらいましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。