AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAを改善する上で亜鉛の摂取は効果がある?

 

亜鉛は髪の発育と密接に関係しています

e98efc98a9fe
亜鉛は、「Zn」の元素記号で知られる金属の一種です。

健康と金属は一見関係が薄いようにも思えますが、亜鉛のほか、胴、鉄分、クロムなど、意外に欠かせない存在も少なくありません。

そして髪が健康的に育つ上で、亜鉛はとても重要です。

AGA治療と合わせて服用することにより、さらなる効果も期待できることでしょう。

髪は、複数種類のアミノ酸からなるたんぱく質が主となって構成されています。

そしてこのたんぱく質を合成する際、亜鉛は欠かせない存在です。

不足すればAGAの進行に繋がりますし、また充分な摂取ができていれば、AGAの改善も期待できます。

ただ、亜鉛が髪に良いからといって、過剰摂取することで取り入れた分だけ増毛できるというわけでもありません。

1日の目安となる量や、合わせて摂ることが適さない成分も存在するので、適切な分量や食べ合わせを意識しましょう。

髪を構成する成分の90%以上はケラチンです

髪は、複数の栄養成分にて構成されています。

そしてその90%以上を、ケラチンと呼ばれるたんぱく質が占めています。

そのため健康的な髪を維持する上で、安定的なケラチン生成が重要となります。

ケラチンをさらに紐解くと、シスチンを中心とした18種類からなるアミノ酸から構成されており、そしてメチオニンという必須アミノ酸がベースとなっています。

とくにそれぞれの核となるメチオニンは重要で、日ごろから充分量摂取できるよう心がけることが大事です。

聞き慣れない言葉ばかりかもしれませんが、いずれも食品から摂取できる存在であるため、特別な薬などを使うことなく生活内にて取り込めます。

たとえば魚介類の鰹節やシラス・筋子・マグロ赤身などや、乳製品、鳥胸肉・豚ロースなどの肉類、大豆・納豆・豆腐などの豆類が代表的です。

日常の食事にも取り入れやすい食材が多いので、気軽な摂取を意識できます。

ただ、これらの食事を単独で摂り続けても、髪の発育に効果的な作用は期待しにくいです。

そこで重要となるのが、事項で紹介する亜鉛です。

亜鉛はアミノ酸群の合成を担っています

cd7e4e488833
それでは、なぜ亜鉛がAGA症状の予防や改善に役立つのでしょうか?
その理由は、前述に挙げた18種類から成るアミノ酸群の合成を担う存在こそが、亜鉛であるためです。

ケラチンの安定的な構成には、食事に加えて亜鉛も意識して摂り続けることが大事なのです。

亜鉛を豊富に摂れる食材としては、生蠣・煮干・たたみいわし・豚レバーが代表的です。

また亜鉛は、AGA対策他、あらゆる健康面において重要なことから、サプリメントの形で市販されているケースも多いです。

負担なく摂りやすい自分に合った方法で、AGA予防・改善へ役立ててみてください。

逆に亜鉛吸収を阻害する、AGA対策に適さないものとしては、カルシウムや食物繊維を含む食材や、タンニンがネックとなる紅茶等が挙げられます。

これらを摂りすぎるとせっかく摂取した亜鉛も、体外へ排出されやすくなってしまいます。

食べ合わせ、飲み合わせに注意しましょう。

またもう一点亜鉛の特徴として、5a還元酵素を阻害する作用も重要なポイントです。

これはAGAの原因物質であるジヒドロテストステロン産生に関わる酵素であり、髪の発毛サイクル異常に関わる存在です。

5a還元酵素の阻害は、近年AGA改善薬として広く医療機関で取り扱われている、フィナステリド錠と同じ作用でもあります。

もちろん、有効性に関しては専門薬ほどでもありませんが、ピンポイントな改善効果を期待できます。

AGA改善に向けた亜鉛摂取の注意点を守りましょう

確かに亜鉛は、医療機関が公開する情報などでもAGAへの有効性を取り上げられる、魅力的な成分です。

ですが、過剰に摂取したからといって、よりAGAへの効果が高まるわけでもありません。

また摂りすぎは、副作用にも繋がってしまうため、その点も理解した上でAGA治療へ役立てるべきです。

まず理想的な摂取量ですが、成人男子で12ミリグラム、成人女子で9ミリグラムとされています。

ただ基本的にAGAは男性に現れる薄毛症状ですので、この場合12ミリグラムという数字に着目してください。

未成年期においては、年齢ごとの厚生労働省推奨量があるようですが、成人以降はこの数字で固定されています。

では、推奨量以上の亜鉛を摂りすぎるとどうなるのでしょうか?
まず、1日100ミリグラムという大量摂取ともなると、嘔吐・吐気・脱水症状・発熱・倦怠感などが起こりやすいそうです。

そしてその半量にあたる50ミリグラムであっても、1週間を超えると嘔吐・イライラ感・不安感などが見られるといいます。

精神的ストレスは、AGAを悪化させる大敵でもあります。

推奨量を守って、効果的かつ安全に亜鉛を役立てみてください。

(まとめ)AGAを改善する上で亜鉛の摂取は効果がある?

1.亜鉛は髪の発育と密接に関係しています

健康を保つ上で欠かせない亜鉛は、髪の健康維持にも重要です。

そのため充分な量を意識して摂ることにより、AGAの予防・改善が期待できます。

ですが、摂取する適切な分量が決められているので、摂りすぎには気をつけましょう。

2.髪を構成する成分の90%以上はケラチンです

髪の90%は、ケラチンというたんぱく質でできています。

そしてこのケラチンは、必須アミノ酸であるメチオニンを中心とした、18種類のアミノ酸で構成されています。

健康的な頭髪作りには、このメチオニンを多く含む食事が有効です。

3.亜鉛はアミノ酸群の合成を担っています

亜鉛は、前述に挙げた18種類のアミノ酸を合成する役割担う重要な成分です。

食事のほか、サプリメントを通して摂取することも可能です。

またさらに、AGAの原因物質産生を阻害する作用も期待できます。

4.AGA改善に向けた亜鉛摂取の注意点を守りましょう

亜鉛の厚生労働省が推奨する1日の摂取量は、成人男子で12ミリグラム、成人女子で9ミリグラムです。

50ミリグラム、100ミリグラムと過剰に摂取すると、辛い副作用をも引き起こしかねません。

この点を守った上で、役立てるようにしましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。