AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAの起こりやすさに頭皮の硬さって関係ある?

 

あくまで都市伝説的なもので実際にはあまり関係ありません

1936a8f35bb9
頭皮が柔らかい人ははげにくい、硬い人ははげやすいといった話、もしかすると聞いたことがある人も少なくないかもしれません。

ですがこれは、あくまで都市伝説的なものであり、科学的な根拠がありません。

そして専門的な観点から見ても、頭皮の硬さが薄毛やAGAへ繋がるということは基本的にないそうです。

薄毛やAGAに関する医療研究が大きく進展を見せたのは、比較的近年のことです。

そのため、それ以前に医療知識を持たないサロンや個人の間で、根拠のない知識が多く広まりました。

その名残が、頭皮の硬さをはじめとした都市伝説的な情報です。

近年に関しては、髪の生える仕組みや脱毛の原因なども研究されており、医療機関でも有効的な治療を受けることが可能となっています。

AGAを解消するなら、根拠のない知識に頼らず、まずは専門家へ相談することが大切です。

頭皮が硬くても基本的に心配は不要です

gf1420360307l
そもそも、頭皮に硬いも柔らかいもないというのが、実際のところだそうです。

確かに、赤ちゃんや幼児の頭に触れると、少し柔らかい印象を持つかもしれません。

ですがこれは、まだ頭蓋骨が固定されていないからであって、決して頭皮そのものの硬さではありません。

こと頭皮に関しては、硬さの個人差はあまりないそうです。

薄毛に関しては、さまざまな都市伝説的知識が蔓延しています。

頭皮の硬さ以外には、辛いものを食べるとはげる、抜け毛を防ぐツボへの刺激などが代表的です。

なぜこうした不確定な情報が多いのかといえば、薄毛やはげは生命に直結する病気でなく、これまでそれほど医学的な問題視をされていなかったからです。

そのため、民間療法のような知識が生まれ、広まっていったといいます。

ただ例外的に薄毛と頭皮の硬さが関連する状況として、円形脱毛症のケースを挙げられます。

ストレスなどの原因により円状のはげ部分が現れる病気ですが、この際、まれに皮膚は繊維化し、硬くなるそうです。

ですがAGAについて、頭皮の硬さは関係ありません。

頭皮が硬く感じていて薄毛への不安を抱いているという人も、そこまで心配する必要はないでしょう。

髪の生える仕組みや脱毛の原因についておさらいしましょう

医療知識を持たない素人の間で生まれた都市伝説的な話は、当時医療が比較的未発達であったため生じたものです。

現在に関しては、髪の生える仕組み、脱毛のメカニズムなども解明されており、そうしたものを頼る必要がなくなってきています。

まず発毛の仕組みですが、これは18種類のアミノ酸がケラチンというたんぱく質を構成することにより作られます。

さらにその成長を支えるのが、頭皮の毛細血管を通り運ばれてくる、酸素や栄養素です。

これらを毛根に存在する毛乳頭から吸収し、髪の健康的な発育へと役立てます。

次に、脱毛の仕組みです。

症状によって原因はさまざまですが、AGAに焦点を当てご紹介します。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが5a還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンへと変化することにより起こります。

ジヒドロテストステロンは、髪へ脱毛するための信号を発するためのものです。

男性ホルモンのほか、遺伝なども関連しているため、個人で防ぐことは少し難しいです。

ですがAGAに関しては、効果に期待できる治療法は確立されています。

事項にて、その点をさらに詳しくご紹介します。

病院で受けられるのは科学的根拠に基づいた治療です

近年とくに広く用いられている方法としては、フィナステリド錠を用いたものがあります。

これはアメリカテキサス州~メキシコ地域に自生するノコギリヤシの薬効成分を研究し生み出された、フィナステリドを有効成分とする薬です。

当初は前立腺肥大薬として研究されていたそうですが、AGAへの効能が発見されたあと、研究開発を経て、現代における代表的な薄毛改善薬として活用されるようになりました。

フィナステリド錠には、前述で触れたジヒドロテストステロン発生の原因となる、5a還元酵素を阻害する作用が期待できます。

これにより、AGAの原因を根本から防ぐことに繋げられるのです。

頭皮の硬さ改善をはじめとした民間療法に惑わされることなく、効果的な改善策として役立てられます。

またその他の方法としては、毛細血管への栄養運搬を担う毛細血管生成が促進できるミノキシジルや、血行促進に繋がる塩化カルプロニウム外用薬、また食事面や生活の指導などもあります。

症状や体質によって有効な治療を提案してもらえるので、まずは専門の医師に相談してみてください。

(まとめ)AGAの起こりやすさに頭皮の硬さって関係ある?

1.あくまで都市伝説的なものであり実際あまり関係ありません

頭皮の硬さが発毛に影響するという話は、広く知られているようです。

ですがこれは、あくまで薄毛に関する医学の進展する前に生まれた、都市伝説的なものです。

現在はその分野における医療研究も進んでいるので、病院等で正しい治療が受けられます。

2.頭皮が硬くても基本的に心配は不要です

頭皮の硬さというものは、そもそも存在しません。

乳児期、幼児期は柔らかく感じますが、これも頭蓋骨の硬さであり、頭皮とはまた別です。

例外的に、円形脱毛症の際皮膚が繊維化して硬くなることもあるようですが、AGAには関係ありません。

3.髪の生える仕組みや脱毛の原因についておさらいしましょう

髪は、18種類のアミノ酸から構成されるたんぱく質を基に構成されています。

そしてAGAは、5a還元酵素の結合により産生されるジヒドロテストステロンが原因となり起こります。

このように、現代は髪に関するメカニズムの解明も大きく進展しています。

4.病院で受けられるのは科学的根拠に基づいた治療です

近年広く用いられているAGA治療は、フィナステリド錠を用いたものです。

AGAの原因物質である、5a還元酵素を阻害する作用に期待できます。

またその他、ミノキシジルや塩化カルプロニウム、食事、生活改善による治療も有効的です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。