AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAと判断するための基準ってある?

 

他の薄毛症状と異なる特有の基準があります

xf0635025496l
AGAは特有の原因から起こる薄毛症状であるため、改善方法も少し特殊です。

そのため、他の薄毛であると勘違いして治療を誤ってしまうと、思わぬところまで進行してしまうかもしれません。

ですがAGAは特有の症状における基準があるので、それと照らし合わせて判断すると安心です。

薄毛は、それぞれに症状名や基準があります。

そして同時に、それぞれへ適した改善法が存在します。

薄毛は命に関わる重大な病気でもありませんが、快適な生活を送る上ではあまり歓迎できない症状です。

早めに状況を把握して、的確な改善法に臨んでみてください。

また、薄毛症状が起こっていないのに薄毛と勘違いしてしまうケースも少なくないようです。

この場合、ちょっとした思い違いが状況の悪化に繋がることもあります。

正しい判断基準のもとチェックして、不安を解消しましょう。

AGAの原因やそれと判断するための基準があります

AGAは、ジヒドロテストステロンという物質が原因となって起こる薄毛症状です。

基本的に男性特有のものであり、女性ではほとんど発症しません。

というのも、ジヒドロテストステロンは男性ホルモンが変化して生じた物質であるためです。

こうした仕組みにより起こるAGAを見極める基準は、まずひとつ、薄毛化する箇所がポイントとなります。

ジヒドロテストステロンは、頭皮の中でも頭頂部・前頭部・生え際の3箇所に集中しています。

そのため、この3箇所から薄くなりはじめていれば、疑う必要があるかもしれません。

そして次に、年代が思春期以降であるかどうかです。

AGAは年々低年齢化しているといわれていますが、若い年齢であっても、基本的に思春期以前は起こりません。

またもう一点、産毛のような細い毛が見られるかどうかもチェックしてみてください。

AGAの場合、突然毛がなくなるのではなく、ジヒドロテストステロンの影響で発毛周期が短縮化され、徐々に細く弱くなったあと脱毛してきます。

そのためこの点も、AGAの基準とすることができます。

AGA以外でも薄毛症状は起こります

imasia_3289668_M
薄毛症状のひとつにはまず、円形脱毛症があります。

突然円形、もしくは卵型の地肌が現れる、特徴的な脱毛です。

主にストレスが原因であるといわれていますが、自己免疫機能も大きく関連しているそうです。

次は、ひこう性脱毛症です。

こちらはAGAや円形脱毛症と異なり、外的要因により起こる症状です。

不十分な洗髪や乾燥肌などで増えたフケが、毛穴に詰まることが主な原因です。

フケを日常的に洗い流し、また発生原因もしっかり解消できれば、比較的早く改善が期待できます。

外的要因繋がりとしては、牽引性・機械性脱毛症もそのひとつです。

これは髪を長年同じ方向に引っ張り続けることで、毛包が萎縮して抜けるタイプです。

その他、抗がん剤などの薬が起こす副作用にて脱毛へ至るケースもあります。

病疾患があるゆえ、この薄毛に関しては少し改善しにくいです。

このように、AGA以外の薄毛症状も数多く存在します。

男性の髪が薄くなりはじめたからといって、かならずAGAであるとは限りません。

ただ、思春期以降であり、頭頂部・前頭部・生え際の3箇所からじわじわと薄くなるという特徴は、AGAのほかで基本的に見られません。

有効な判断基準として、役立てられます。

薄毛でないのに薄毛と勘違いしてしまうケースもあります

薄毛やはげといった言葉は広く知られていますが、個人でそれを判断することは、あまりおすすめできません。

なぜなら、実際そうでないにも関わらず、薄毛と決め付けてしまう場合があるからです。

代表例は、自然脱毛をAGA等と勘違いしてしまうケースです。

髪は、健康な状態であっても自然と一定の周期にて抜け落ちていきます。

一般的には、休止期・成長期・退行期の3段階を、約2~6年かけて巡ったあと、生え変わると考えられています。

こうした理由から、1日に100~250本ほど抜けても、基本は問題ありません。

ただ、髪のセットやブラッシングをする際、数本まとめて抜け落ちたりすると、少し不安が感じられるかもしれません。

朝起きて、多くの抜け毛が枕についていても、心配になるでしょう。

こうした状況こそ、薄毛でないに関わらず薄毛の不安を高めてしまうことが多い理由です。

主には、3月は比較的少なく、9月に増えやすいと考えられています。

無意味な薄毛への不安は、精神的ストレスを増やすため、本当に薄毛が起こる原因ともなりかねません。

自然脱毛に関する知識や、本当にAGA等となった場合のチェック基準も押さえた上で、判断するようにしましょう。

(まとめ)AGAと判断するための基準ってある?

1.他の薄毛症状と異なる特有の基準があります

AGAには特有の基準が存在するため、それと照らし合わせることで、症状をチェックできます。

薄毛にはさまざまな種類があるので、それぞれ把握できているとより安心です。

またその他、薄毛でないのに薄毛と勘違いしてしまうケースも要注意です。

2.AGAの原因やそれと判断するための基準があります

AGAは男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化することで起こるため、特有の基準が伴います。

たとえば、薄毛部分が頭頂部・前頭部・生え際に集中しているか、年齢が思春期以降であるかなどです。

また、髪の減り方も特徴的です。

3.AGA以外でも薄毛症状は起こります

男性の薄毛症状であるからといって、一概にAGAと決め付けてはいけません。

円形脱毛症、ひこう性脱毛症など複数の症状が存在するため、状況に合った改善法が欠かせません。

AGAならではの基準と照らし合わせて、正確に判断しましょう。

4.薄毛でないのに薄毛と勘違いしてしまうケースもあります

実際にAGA等の薄毛症状が起こっていなくても、発毛サイクルに伴い自然脱毛するケースも考えられます。

無意味な心配はストレスを増長させ、本当の脱毛症にも繋がってしまうため、チェック基準を押さえて正しく判断できるよう注意しましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。