AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAによる薄毛はストレスとも関係しているの?

 

直接的な原因ではありませんが関係しています

imasia_11393721_L
AGAは、遺伝や男性ホルモンが原因となって起こる脱毛症です。

そのため一見すると、ストレスはあまり関係ないように感じるかもしれません。

ですが、実際にはAGAもまた、蓄積されたストレスを理由とし発症・進行が現れ得る脱毛症です。

ストレスの溜めすぎには気をつけましょう。

理由は、ストレスがホルモンバランスに影響するためです。

これにより、頭皮におけるホルモン異常が促進され、AGAを悪化してしまうのです。

とはいえ、現代社会においてストレスから影響を受けず生活することは、容易ではありません。

ストレスを感じてもなお、定期的に解消できるよう工夫することが大切です。

また同時に、ホルモン異常の改善に効果的な改善薬を取り入れることも対策となります。

AGAのはじまりはストレスです

基本的に、AGAの直接的な原因はストレスと異なります。

親族等から遺伝子的に影響を受ける遺伝や、男性ホルモンのバランスなどが影響して起こります。

順序立てると、まずはじめに頭皮の男性ホルモン、テストステロンへ異常が見られます。

5a還元酵素と呼ばれる物質が結びつき、活性型男性ホルモンであるDHTことジヒドロテストステロンへ変化するのです。

そしてこのDHTが毛髪の毛乳頭へ結びつくと、発毛サイクルを強制的に退行期へと移行させる信号を発します。

すると退行期は毛髪の一生における最終段階であるため、だんだん薄毛が目立ちはじめてしまいます。

これが、AGAによる薄毛のメカニズムです。

有効な治療法としては、フィナステリドやミノキシジルを使ったものが代表的です。

前者は5a還元酵素の結合を阻害する働きがあるため、AGA改善へピンポイントに働きかけます。

また後者は、毛乳頭へ栄養を運ぶための毛細血管新生が期待できるため、よりハリやコシのある毛髪作りに期待できます。

医療機関によっては、合わせて処方されるケースも少なくありません。

一方、ストレスが基本的に関係ないため、精神面へ働く薬はあまり用いられません。

ストレスがホルモンバランスに影響を与えます

af9920045341l
上記の通り、基本的にストレスはAGAが起こる原因と関係がありません。

ですが、一概に無関係ともいえないのが実際のところです。

ストレスを受けると、自律神経がダメージを受け、あらゆる内分泌系に異常が起こります。

男性ホルモンもそこに含まれており、DHT産生が促進されやすくなってしまいます。

遺伝上あまり心配が必要ない人であっても、こうした要因から薄毛を発症する可能性は充分考えられます。

また、ストレスは毛細血管を萎縮させるという影響も持ち合わせています。

前述の通り、発毛メカニズム上欠かせない栄養素運搬の役割を毛細血管は担っているため、この点もまた、AGA進行に影響してしまいます。

このように、AGAはホルモン由来の薄毛症状でありながら、実はストレスとも間接的に関係しています。

ストレス社会とも呼ばれる昨今、ストレス無くして生活することは難しいですが、極力溜め込まないよう工夫するべきです。

上手く気分転換をしてストレスを解消しましょう

ストレスというものは、生活のあらゆる面で受ける可能性があります。

職場やプライベート、家庭内、家族間、学業、その他人間関係など、挙げだすときりがありません。

ではそんななか、どのようにうまく解消すれば良いのでしょうか?

まずひとつに、効果的な気分転換法を見つけることです。

ひとつに熱中しすぎていると、もしそれがうまくいかなかった場合、大きな重圧を感じてしまいます。

娯楽やスポーツ、旅行などにより、別の面へも目を向けられるよう工夫してみてください。

次に、嗜好品を取り入れることです。

甘いものやガム、タバコなど、自分に適した嗜みを楽しんで、うまくストレスと付き合ってみてください。

タバコもまたAGAに影響を及ぼす存在として知られていますが、本数さえ抑えることができれば、ストレス解消法として役立ちます。

またその他、思考法を工夫するというのもひとつの手です。

日々うまくいかないと感じていることも、見方ひとつ変えるだけで、プラスな存在に変わるかもしれません。

とはいえ、こうした工夫を駆使してもなおストレスが解消できない場合も、やはりあることでしょう。

そのような場合には、無理せず専門医へ相談してみてください。

前述に挙げた治療法を提案してもらえたり、またストレスとうまく付き合う方法などもアドバイスしてくれたりするかもしれません。

(まとめ)AGAによる薄毛はストレスとも関係しているの?

1.直接的な原因ではありませんが関係しています

AGAは、遺伝やホルモンが原因となって起こる脱毛症です。

ですがストレスの蓄積もまた、ホルモンへ影響を及ぼすため、決して無関係といえないのが実際のところです。

うまく解消したり、また専用の改善薬を利用したりして、症状の進行を防いでください。

2.AGAのはじまりはストレスです

AGAは、遺伝や男性ホルモンの異常が原因となって起こります。

メカニズムとしては、男性ホルモンテストステロンがDHTへ変化し、発毛サイクルを退行期へ移行させるためです。

そのため、治療法にもこの仕組みへ着目した薬が広く用いられています。

3.ストレスがホルモンバランスに影響を与えます

ストレスを受けると、自律神経がダメージを受け、男性ホルモンなどの内分泌系に影響します。

また、毛細血管を萎縮させることにも懸念がもたれます。

こうした理由から、間接的ながら、AGAとストレスはまったくの無関係でないといえます。

4.上手く気分転換をしてストレスを解消しましょう

どのような世界を生きる人にも、ストレスは付きものです。

気分転換や適度な嗜好品によるリラックス、また思考法の工夫などを通し、うまく付き合うことが大切です。

どうしても難しい場合は、無理せず専門医へ相談してください。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。