AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAを予防するための食事は何?

 

AGA予防にはバランスのとれた食事をすることが大切です


バランスの悪い食事は体に負担をかけるので、髪の毛もしっかりと成長しなくなります。

バランスの偏った食事ばかりをしていると髪の毛はハリやツヤがなくなってしまうばかりではなく、細く弱い髪の毛になってしまうでしょう。

AGA対策をしたいのであれば、バランスのとれた食事を心がけましょう。

私たちの普段口にしている食べ物の中にはAGA予防に良いと思われているものが多くあります。

中には逆に気をつけなければならないものもあります。

良いと思われているものは積極的に取り入れてAGAを予防していきましょう。

AGA対策には髪の成長に効果的な食べ物を摂ることが大切です

毎日の食べ物は、髪の毛の発毛、髪の毛にハリとツヤを与えたり、頭皮の環境を整えてくれたりします。

何を食べるかはAGA予防にとって大変重要なことなのです。

タンパク質

髪の毛はタンパク質からできているので、タンパク質を積極的に摂りましょう。

元気で丈夫な髪の毛はタンパク質が元になっていると言えるでしょう。

大豆などから摂取できる植物性、肉から摂取できる動物性のタンパク質をバランスよくとることが大切です。

ビタミン

タンパク質だけでは髪の毛は育ちません。

頭皮環境が良くないと髪の毛は丈夫に育たないのです。

頭皮環境を良くするためには皮脂の詰まりをなくし、血のめぐりを良くすることが大切です。

そのためにはビタミンが効果を発揮してくれます。

ミネラル

髪にうるおいを与えてくれるのがミネラルの役目です。

タンパク質やビタミンを摂取してもミネラルが無いと、AGAの進行が進むと言われていますから、ミネラルの摂取も忘れずに行いましょう。

脂肪の摂り過ぎはAGAを進行させる危険性があります

薄毛を予防するためには、植物性のタンパク質を多く摂る方が良いとされていますので、AGA予防にもタンパク質を積極的に摂りましょう。

ただ一つ気をつけたいのがタンパク質が入っていると言っても動物性食品を摂りすぎると脂肪も取りすぎてしまいます。

脂肪を摂りすぎると頭皮環境が悪くなるので、AGAを余計に進行させてしまうのです。

最近は欧米的な肉中心の食事が多くなっている人もいるでしょう。

欧米的な食生活はエネルギーを補給するにはいいのですが、脂肪を摂りすぎてしまう傾向にあります。

脂肪を摂りすぎては薄毛に拍車をかけてしまうので、出来るだけ和食中心の食事にしましょう。

和食は動物性食品が少なく、脂肪を摂りすぎることもありませんから、皮脂分泌を抑えられることです。

髪が薄くなると頭皮環境も悪くなっています。

食生活のバランスが崩れると髪に必要な栄養分が足りなくなってしまいます。

AGA予防のためには頭皮環境を良くするためにも毎日の食事に気をつけましょう。

糖質の摂り過ぎは頭皮環境を悪くする恐れがあります


AGA予防をするのであれば、糖質の摂り過ぎは注意しましょう。

糖分を摂りすぎると体に悪いですが、髪にも悪いのです。

全くとる必要がないわけではありません。

もちろん糖分も体にとっては必要な栄養の一つですが、1日における適量があります。

糖分は1日50グラムが適量であると言われていますので、この適量を大きく超えてしまうと男性ホルモンの分泌が活発になるのです。

男性ホルモンが活発になると皮脂の多い汗をかくので、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

結果的に頭皮の毛穴が詰まりやすくなり、頭皮環境が悪くなるのです。

さらに、糖分を摂りすぎると、髪に必要なビタミンBや亜鉛が、糖分消化に使われるので、髪の生育に足りなくなってしまいます。

髪を作ることができなくなるとAGAが進んでしまうでしょう。

本気でAGA予防をしたいと考えているのであれば、毎日口にする食べ物は十分に気をつけましょう。

頭皮の健康促進をして、髪を元気に生育させたいなら、AGAには良くないと思われている食べ物は出来るだけ避けるほうがいいです。

(まとめ)AGAを予防するための食事は何?

1.AGA予防にはバランスのとれた食事をすることが大切です

バランスの悪い食事は髪の毛のハリやツヤを失くしますし、細く弱い髪の毛になってしまいます。

AGA対策のためには、バランスのとれた食事を心がけ、AGA予防に良いと思われる食べ物を積極的に取り入れていきましょう。

2.AGA対策には髪の成長に効果的な食べ物を摂ることが大切です

毎日の食べ物は、髪の毛の健康に大きくかかわります。髪の毛の健康を促進するためにもバランス良い食事を心がけましょう。

特にタンパク質、ビタミン、ミネラルは髪を元気に丈夫に成長させるためには不可欠なものです。

3.脂肪の摂り過ぎはAGAを進行させる危険性があります

AGA予防にはタンパク質を積極的にとりたいところですが、動物性食品は脂肪が多いので、取りすぎには気をつけましょう。

脂肪を摂りすぎると頭皮環境が悪くなるので注意が必要です。

4.糖質の摂り過ぎは頭皮環境を悪くする恐れがあります

AGA予防をするのであれば、糖質の摂り過ぎは体にも髪にも悪いので注意しましょう。

糖分は1日の目安を超えないように気をつけましょう。

適量を大きく超えてしまうと男性ホルモンの分泌が活発になり毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。