AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAの年齢別発症率の特徴は?

 

AGAは年齢を重ねるほど年齢別発症率が高まっていきます


AGAは日本人男性の30%程度の人に症状がみられます。

20代という若い世代でも悩んでいる人はいますが、年齢別発症率を見ると年齢を重ねるほど多くの人がAGA症状で悩んでいます。

男性ホルモンが大きな原因となっていますが、そのほかにもストレスや不規則な生活などが要因となって抜け毛が増えているのです。

AGAは進行型ですから、早めに治療を開始しなければ抜け毛が治まることなく、症状は進む一方です。

抜け毛が進んで薄毛になることが気になるのであれば早めに治療を開始しましょう。

早めのケアが症状緩和になるのです。

10代20代と若くてもAGAになる可能性はあります

AGAの年齢別発症率を調べてみると、年齢を重ねるごとにAGAの発症率がアップしています。

まだ若いから大丈夫だと安心してはいけません。

ただ10代、20代と若くてもAGAに発症している人はいますから、若いから大丈夫だと言うことはないのです。

もし、抜け毛が多くなった時が30代、40代以降ならAGAかなと疑ってかかるでしょう。

脱毛が増えたなと感じたらどんなに若くてもAGAを疑いましょう。

脱毛が増えても大丈夫と放置していることが一番危険です。

脱毛を防ぎたいと思い、市販の育毛剤を使ったとしてもAGAであればAGAに効果のあるものを使わなければ意味がありません。

やはりAGAの治療にはプロペシアが有効だと思われます。

AGAに発症には年齢は関係ありません。

このことは頭に入れておきましょう。

何歳であってもAGAになる可能性はあるのですから、何か気になる症状が出た場合、AGAを疑うのであれば医療機関を受診したほうがいいでしょう。

適切な医療機関を受診することで治療を行うことができます。

3人に1人はAGAであるといわれています


AGAは成人男性に見られる薄毛の状態ですが、男性の薄毛のうち90%以上はAGAと言われています。

思春期を過ぎればいつ発症するかわかりません。

もちろん中には発症しない人もいるのです。

AGA発症率

20~29歳 : 6%
30~39歳 : 12%
40~49歳 : 32%
50~59歳 : 44%
60~69歳 : 51%
70~79歳 : 61%
日本人男性全体で32%がAGAを発症していますので、3人に1人はAGAということです。

40代の男性では、3人に1人が薄毛になっています。

一般的に40代を過ぎれば抜け毛が増えたり薄毛になったりすると言われていますが、数値から見てもその通りです。

20代30代では頭髪に何の変化も無かったのに、40代50代になって突然抜け毛が急激に増えてしまう人もいるのです。

薄毛はクリニックで治療を開始すれば、進行を防ぐことができるといわれています。

早めに対策を採ることでAGAを治せる可能性が高まるのです。

毛根がある限り、髪の毛を育てることはできるのですから、恥ずかしがらずにクリニックを受診しましょう。

親がハゲていないからといって、油断は禁物です

年齢別発症率を見ると年齢を重ねれば重ねるほどAGAを発症する確率は高くなります。

20歳以降の男性を見ると3人に1人はAGAに発症していることになりますから、それだけ多くの人が抜け毛や薄毛で悩んでいるのです。

薄毛やハゲは遺伝もありますが、今の時点で抜け毛に悩まされていないから大丈夫、親がハゲていないから大丈夫とは言い切れません。

発症年齢には個人差があるだけです。

早いうちから発症する人もいれば年齢を重ねてから発症をする人もいます。

今は大丈夫でも数年後、数十年後に抜け毛で悩まされる日が来るかもしれません。

AGAは男性ホルモンの影響も大きいですが、精神的なストレスが大きい場合や、不規則な生活やバランスの悪い食生活などでも抜け毛や薄毛が引き起こされることが分かっています。

昔からAGAの症状はありますが、今は昔と比べてはるかに効果的な治療法が確立しています。

適切な治療を行うことでAGAの進行を遅らせましょう。

(まとめ)AGAの年齢別発症率の特徴は?

1.AGAは年齢を重ねるほど年齢別発症率が高まっていきます

日本人男性の30%程度の人がAGAの症状が見られます。

もちろん20代という若い人でもAGA症状の人はいますが、やはり年齢を重ねるほど年齢別発症率は大きくなっています。

早めに治療を開始すればするほど症状を緩和させることができるでしょう。

2.10代20代と若くてもAGAになる可能性はあります

AGAは年齢を重ねるごとに発症率がアップしますが、10代、20代と若くてもAGAに発症します。

もし、抜け毛が多くなったり、気になる症状があればAGAを疑いましょう。

適切な治療を行えば抑制していくことができます。

3.3人に1人はAGAであるといわれています

薄毛になった成人男性の90%近くはAGAだと言われています。

年齢別発症率を見ても年齢とともに上がっていますが、20代の頃は何の症状も無かった人でも突然50代以降に発症することもあります。

4.親がハゲていないからといって、油断は禁物です

年齢を重ねればAGAの発症率は増えます。

今の時点で抜け毛の悩みがなく親がハゲていないからと言ってAGAを発症しないとは限りません。

遺伝や男性ホルモンの影響だけでなく生活習慣やストレスが原因で発症する場合もあるのです。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。