AGA治療のQ&AQ&A

 

AGAになるとどんな抜け方になる?

 

髪の毛がM字型に抜けるなど、AGAは特徴的な抜け毛を引き起こします


AGAになると特徴的な抜け方をします。

M字型に髪の毛がはげてきたら、AGAの可能性が高いでしょう。

抜け毛が増えるとAGAかもしれないと判断するかも知れませんが、それだけで判断するのではなく総合的に見て判断をしていきましょう。

AGAの特徴的な抜け方をしていること、親族にAGAの人がいること、髪の毛の抜け毛が多く薄毛になっていることなどから見て判断していくのです。

AGAであると確定されれば早めに対策を採ることで、適切な治療を開始できるので進行を防ぐことができます。

その為にはクリニックで検査を行って判断してもらうこともおすすめできる方法です。

AGAと判断するには3つのポイントがあります

抜け方

AGAになると、髪の毛がM字型に抜けていきます。

頭頂部から丸く円を描いたように抜けていく人もいますし、M字型と頭頂部から抜ける合わせた抜け方をする人もいます。

M字の場合には目立つのでわかりやすいのですが、頭頂部の場合には、比較的気付きにくいので、触り心地がいつもと違うなと感じたら頭頂部を欠かさずチェックするようにしましょう。

親族もAGA

AGAは遺伝的な要素も持っています。

やはり親族にAGAの人がいる場合、親族に発症している人がいない人に比べてAGAになるリスクも高まります。

今は髪の毛がふさふさしていても数年後には発症する可能性もあるのです。

髪の毛が少ない

同級生や同年代の人と比べて髪の毛が少なく抜け毛が多いのであればAGAのリスクが高いと言えるでしょう。

AGA人年齢は関係ありません。10代、20代のように若い年代でも発症しますし、60代になってから発症する人もいるのです。

AGAは抜け毛の量よりも、状態や場所で判断しましょう


髪の毛が一度に大量に抜けたらAGAを疑ったほうが良いのでしょうか。

AGAである場合、抜け毛は増えますが、一時的なものではなく継続的に増えるのです。

通常50本程度の抜け毛の人が100本以上毎日継続的に抜けているのであればAGAである可能性は高まりますが、一時的に何100本と抜けてもAGAである可能性は低いと思われます。

この場合、AGAであるよりも別のことが原因で髪の毛が大量に抜け落ちたと考えるほうがいいでしょう。

たとえば、極度のストレスを受けると体調の変化として現れますし、その一つが抜け毛として現れることもあるのです。

髪の毛が抜け落ちる場合、抜けおちた本数よりもその髪の毛の状態が重要です。

抜け毛自体が短く細く成長しきっていない状態であるほか、その毛根も細くなっていれば、AGAの可能性が考えられます。

毛が抜け落ちる場所も問題です。AGAの場合、頭頂部や生え際から抜け落ちていくので、その部分が急激に薄毛になっているのであれば、AGAを疑っても良いでしょう。

細い毛が抜けたら注意が必要です

抜け毛が急激に増えてくるとAGAかもしれないと心配になってくるでしょう。

硬くてしっかりと成長している抜け毛なら自然現象の一つですから心配はいりません。

しかし、短くて細くて成長途中のような髪の毛が抜け落ちているのであれば、AGAのサインかもしれません。

早めにクリニックに行って治療を開始しましょう。

AGAは進行型ですから放置していると症状は進むばかりです。

適切な治療を開始すればどんどん効果が現れてくるでしょう。

プロペシアで

専門のクリニックに行くとプロペシアという薬を処方してくれます。

プロペシアは、すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方することができるAGA治療薬です。

1日1回の内服でいいので、体に負担も無く治療を続けられます。

この薬を服用することで、成長前で抜け落ちてしまう髪の毛をきちんと成長させることができますし、休止期にある毛穴からも毛髪を育てることができる効果があると言われています。

(まとめ)AGAになるとどんな抜け方になる?

1.髪の毛がM字型に抜けるなど、AGAは特徴的な抜け毛を引き起こします

AGAになると特徴的な髪の抜け方をしていきます。

髪の抜け方だけでAGAと判断するのは早急ですから、色々な側面から見て総合的に判断していきましょう。

最終的にクリニックで検査をすればAGAであるかどうかが分かります。

2.AGAと判断するには3つのポイントがあります

髪の毛の特徴的な抜け方をしているとAGAである可能性は高いです。

親族にAGAの人がいる場合も遺伝的要素が関係しているのでリスクが高いです。

同級生たちと比べて明らかに薄毛である場合もAGAを疑ってかかったほうが良いでしょう。

3.AGAは抜け毛の量よりも、状態や場所で判断しましょう

髪の毛が短期的に一度に急激に抜けたら、AGAよりもストレスを受けて抜け毛になっている可能性が高いでしょう。

AGAの場合には、一時的ではなく、継続的に抜け毛が増えるのです。

4.細い毛が抜けたら注意が必要です

細く弱弱しい髪の毛ばかりが抜け落ちているのであれば、髪の毛が成長しきれずに抜けているのでAGAのリスクが高いと言えるでしょう。

クリニックで処方されるプロペシアを服用すれば、AGAを抑制していくことができるでしょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。