AGAとは?What is the AGA?

AGAは男性型脱毛症のことを指す言葉です。 症状としては、その名前の通り髪が抜け、薄毛となってしまうことが挙げられます。

男性型脱毛症(AGA)が発症する原因は、ジヒドロテストステロンという成分にあります。ジヒドロテストステロンは思春期に筋肉を作り出すなどの働きがありますが、毛髪の成長を止める指令を出してしまうという働きもあります。

そのため、若いうちに体内にて多くのジヒドロテストステロンが作られている人ほど、大人になるとAGAを発症しやすいと言えます。

また、指令の影響を受けやすいかどうかも発症しやすいか否かに関わります。アンドロゲンレセプターと呼ばれる器官の感受性が高い人も低い人もいますが、前者の方がAGAを発症しやすいことが分かっています。

つまり、AGAを発症しやすい人とは、まずジヒドロテストステロンの生成量が多い人、そしてアンドロゲンレセプターの感受性が高い人と言えるのです。

また、アンドロゲンレセプターの感受性があまりに高い場合には、たとえジヒドロテストステロンの生成量が少なかったとしてもAGAになる可能性があるので注意してください。

AGAとジヒドロテストステロン

AGAを治療するにあたり、現在一般的になっている方法はフィナステリドやデュタステリドなどの治療薬を用いるという方法です。

そもそもジヒドロテストステロンは毛母細胞や皮脂腺から分泌されることになる5αリダクターゼという成分と血中の男性ホルモンが結び付くことによって生成されることになります。

フィナステリドは5αリダクターゼに対して効果を発揮する成分で、男性ホルモンと結び付こうとするその働きを阻害することになるため、AGAの治療に高い効果が期待できるというわけです。ジヒドロテストステロンが生成される量が少なくなれば、その分毛髪成長の休止命令も出されなくなることになりますので、フィナステリドによって改善されていくことになります。

このように、現在薄毛は医学の力によって進行を食い止めることも回復させることも可能になってきています。ジヒドロテストステロンは決して体に悪い成分ではなく、むしろある程度は必要な成分と言えますが、増えすぎてしまうのは考えものです。

AGAになりやすいかどうかは遺伝子検査で分かる

AGA専門クリニックなどでよく行われている遺伝子検査では、AGAになりやすい体質であるか否かを調査することが可能となっています。

検査の内容は、アンドロゲンレセプターの感受性が高いかどうか、また治療薬のフィナステリドが効果を発揮できる環境なのか否かを調べるというものです。

遺伝子検査というとたいそうな検査を行うように感じるかもしれませんが、実際に行うのは内口の粘膜から綿棒を使って細胞を採取するか血液検査で調べるだけですので、検査を受ける方は時間をかけることもありません。ほんの数分で終わりますが、検査結果については1ヶ月程度待たなければ出ませんので注意が必要です。

この検査はAGAの疑いのある人だけでなく、何ら問題が無いと思われる方でも安全に行うことができますので、予防のために予め受けておくという使い方もお勧めです。

薄毛が進行していないけれど、検査をしたら今後発症する可能性が高いと分かれば、その分前もって予防策を練ることが可能であり、進行を食い止めることにつながります。

薄毛の原因と予防

薄毛が進行してしまう原因は、全てがAGAというわけではありません。偏った食生活や睡眠不足、代謝活動の悪化や頭皮環境の劣悪化なども薄毛の原因になり得ます。

簡単に言えばAGAでなくとも薄毛が進行するケースもあるというわけですね。基本的な生活習慣は健全にも関わらず薄毛が進んでいる場合にはAGAである可能性が高くなります。

薄毛が進んできているのではない疑わしい時には、まずは生活習慣から見直してみると良いでしょう。

特に食事と睡眠時間については乱れやすいポイントとなりますので注意が必要です。

毛髪の成長にも関係する成長ホルモンは夜10時から深夜2時までにリラックスした状態で眠っているとよく分泌される成分で、他の時間帯に眠ったとしても分泌量が乏しいという特徴がありますので、少なくともこの時間帯には眠っておくべきです。

食事については、ミネラル成分や亜鉛を多く含んだ食事も効果的です。ただしこれらだけを摂取していれば良いというわけではなく、他の栄養も当然ながら摂取する必要がありますので注意が必要です。

食生活において大切なのはバランスで、たとえ髪に良いとされている成分のみを摂取したとしてもそれだけでは本来の効果は期待できませんので要注意です。

(まとめ)AGAとは何?発症する人としない人がいるって本当?

1.AGAとは「男性型脱毛症」のことです

AGAとは男性型脱毛症のことであり、抜け毛により髪が薄くなってしまう症状です。
発症しやすい人とそうでない人がいることは研究によって明らかになっています。
ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターがAGAに関係しています。

2.AGAとジヒドロテストステロン

AGAの原因となるジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと男性ホルモンが結合することによって生成されることになります。
AGA治療薬はこの内5αリダクターゼに対して効果が期待できる成分となっています。

3.AGAになりやすいかどうかは遺伝子検査で分かる

AGAになりやすい体質であるか否かは、遺伝子検査によって明らかにすることが可能です。
検査に要する時間は数分で、これによって治療薬のフィナステリドが効く体かどうかも分かります。

4.薄毛の原因と予防

薄毛の予防策としては、睡眠時間の確保とバランスの良い食生活が効果的です。
夜間に睡眠時間を確保する、バランスの良い食生活を心がけるといった健康的な生活を送ることで薄毛の予防は可能となります。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。