リアップは唯一認められた育毛剤です!その根拠とは?

リアップは、国内で製造販売されている育毛剤の中でも、トップクラスの発毛促進効果があります。その根拠はリアップに配合された成分にありました。ここでは気になるリアップの有効成分や、内服薬などと併用するメリットデメリットについて触れていきます。

リアップとは

リアップとは大正製薬によって製造販売されている育毛剤のことです。AGA治療でもおなじみの有効成分「ミノキシジル」を配合しているので、幅広い薄毛改善効果が期待できます。ここでは、そんなリアップの特徴について紹介していきます。

リアップとは1

日本で初めて大正製薬によって商品化された、ミノキシジルを配合した育毛剤です。頭皮に塗布することで有効成分が浸透して、健康な髪が生える頭皮環境になることが期待できます。

リアップとは2

ミノキシジルは、クリニックでも薄毛治療に利用されていて、医学的にも発毛促進効果が正式に認められています。そんなミノキシジルを配合しているからこそ、リアップには高い発毛促進効果が期待できるのです。

リアップとは3

リアップに配合されているミノキシジルには、血管拡張作用があり頭皮の血行を良くすることができます。そうすることで、毛根に栄養がいきわたるようになるという仕組みを持っています。毛根が元気になるように働きかけて、丈夫で強い髪が発毛する環境を作ります。

リアップとは4

今現在、大正製薬では「リアップ」、「リアッププラス」、「リアップX5プラス」、「リアップジェット」、女性向け商品「リアップリジェンヌ」など、様々な種類が販売されていいます。それぞれに特徴があり、ニーズや好みに合わせた配合がされているので、自分の頭皮に合った育毛剤を選ぶことができます。
リアップはただミノキシジルを使った外用薬とは異なります。頭皮環境の改善を目指して、様々な成分を組み合わせることで、さらに毛髪が成長しやすい土台作りをしてくれます。次はミノキシジルだけじゃなく、リアップに含まれた成分やその効果についてもみていきましょう。

リアップの強みはミノキシジルだけじゃない!その他の有効成分

リアップの発毛促進効果が高い理由とは、ミノキシジルが配合されているからだけではありません。ミノキシジルをはじめとした有効成分が、配合されていることで高い発毛促進効果が成り立っています。そこでミノキシジルの効果をおさらいしながら、その他の有効成分についてもみていきましょう。

ミノキシジル

AGA治療で重宝されているプロペシアと同様に、薄毛治療で用いられる有効成分です。
プロペシアと違い、毛の成長を促進させることに重きを置いた効果なので、性別を問わず幅広い薄毛治療で活用できるという点が特徴的です。

L-メントール

頭皮のかゆみを抑えて、清涼感を与えます。かゆみで頭皮を触り、皮膚を刺激することを防ぐので発毛の環境を作るうえで効果的な役割を果たしています。

ピリドキシン塩酸塩

皮脂による過酸化物質やフケなどを防ぐため、皮脂の過剰分泌を抑えます。頭皮の発毛環境を整える上で、欠かせないアプローチです。

トコフェロール酢酸エステル

皮脂が酸化することを防ぎ、頭皮を余計なダメージから守ります。頭皮が過酸化物質にさらされると炎症やかゆみの原因になり、発毛に悪影響を及ぼすといわれています。頭皮の健康を保つのに有効です。
これらの成分を効果的に配合することにより様々な角度から、頭皮環境を整えるケアをすることができます。それぞれの成分が持つ効果を損なうことなく、組み合わせているのでリアップの1本でも、十分に高い発毛促進効果が期待できます。
一方で発毛促進効果が強い分、人によっては副作用を感じることがあるようです。次は確認されている中でも比較的に報告の多い副作用とその原因について確認していきます。

リアップの副作用

リアップに配合されているミノキシジルは、もともと高血圧症の治療を目的に開発されたものです。これは医薬品としての性質を持つ以上、何かしらの副作用を感じる人もいます。その他の有効成分と組み合わせることで、現われる副作用もあります。安全に使っていくためにもこれらの副作用を良く理解しておく必要があります。ここでは考えられる副作用について紹介していきます。

副作用1:頭皮のほてり、発疹

ほてりや発疹が現われる可能性があります。主成分のミノキシジルによる面が大きいですが、配合成分のエタノールによる副作用も考えられます。アルコールなどに過敏に反応する場合は、赤みを帯びたり、発疹が現われたりすることがあります。

副作用2:かゆみ

塗布した後に整髪料のようなべたつきが若干残ります。そのべたつきが気になる人は自然とかゆみを感じてしまうようです。こちらは頭皮が次第に順応して徐々に気にならなくなるようですが、皮膚自体が弱い人には適さないかもしれません。

副作用3:血圧が低くなった

ミノキシジルにある血管拡張作用によるものです。血管の幅が拡がることによって血圧が下がることになります。慢性的に血圧の低い人によっては適さない場合があります。万が一、酷い副作用が起きた場合は、使用を中止して専門医に相談するようにしましょう。

リアップと他の製品の併用

リアップと他の育毛剤の併用すること・リアップと内服薬を併用する際のメリットとデメリットについてまとめてみました。ここで併用するとどんな効果が期待できるのかを確認していきましょう。

リアップと他の育毛剤との併用

リアップの発毛促進効果を、他の育毛剤と組み合わせることでさらに高い促進効果が現われる可能性があります。しかし、併用するにあたって留意すべき点があります。それは「副作用の原因が分かりにくくなる」という事です。
既にリアップにも副作用があることは説明しましたが、使用する人の体質によっては、他の育毛剤でも何らかの副作用が現われる可能性があります。
また、それぞれで副作用が現われない場合でも、組み合わせることで成分の相性によって何らかの副作用が引き起こされる場合もあります。そういった場合、複数の育毛剤を併用しているため、どれが悪影響を及ぼしているのかを特定しづらいという難点があります。

内服薬との併用

その他の薄毛治療薬(プロペシア・ザガーロ)には、ミノキシジルと違った角度から薄毛解消を働きかけます。そのため、それぞれの成分が邪魔することなくAGAの改善などでは有効な服用方法になります。
しかし、体質によってはこれらの内服薬の併用に適さない人もいるので、そういった人は事前に専門医のアドバイスを受けるようにしましょう。

リアップを使ってAGA治療

リアップは、国内の大手製薬会社「大正製薬」で製造販売されている育毛剤で、その薄毛解消の効果は折り紙つきです。また、性別や年齢を問わず髪に悩みを人が使えるのもリアップならではの強みです。
リアップに含まれているミノキシジルはもちろん、頭皮の環境を整えるために配合された成分が効果的に配合されています。そのため、リアップのみでも、高い発毛促進効果が期待できるのもありがたいです。AGA治療と聞くとクリニックに通って専門的な治療を受けるイメージがあります。
しかし、発症しているAGAの進行状態、・原因によっては、リアップの発毛促進効果のみでも十分対処できる可能性があります。すぐに専門のクリニックを頼る前に、AGAの知識を身につけ自分流の改善策を試してみましょう。