札幌でプロペシアを得るなら、AGA治療クリニックで治療を受けよう

実は朝シャンが育毛を妨げていた!

最近は行う人も少なくなり、もはや死語になりつつある「朝シャン」ですが、人よりも皮脂が多い人ですと、夜入ってから朝もシャワーを浴びる、という人もいるでしょう。
特に夏場は夜寝ていても汗をたくさんかくので、頭皮の皮脂を気にする人ですと「朝も入ったほうがいいかも…」と考えてしまいます。
しかしこの朝シャン、頭皮にとって逆に悪い習慣であるため、薄毛が気になる人は避けたほうがよいでしょう。

朝シャンが悪い3つのポイント

1 頭皮がダメージを受ける

頭皮は睡眠中、頭皮を外部からの刺激から守る皮脂のバリアを作ります。
適度な皮脂は頭皮を乾燥から守り、さらにホコリなどの刺激や、皮膚に悪影響をもたらす細菌の増殖も防ぐ機能があります。
朝シャンをすると、夜間にせっかく作られた皮脂のバリアを洗い落としてしまうため、頭皮に悪影響をもたらしてしまうのです。

2 皮脂の分泌が過剰になる

朝シャンによって皮脂のバリアが失われると、頭皮は失われた皮脂を補うために、大量の皮脂を分泌するようになります。
知っての通り、大量の皮脂は頭皮環境を悪化させる要因の一つ。大量の皮脂は雑菌を繁殖させ、さらに毛穴を詰まらせることで、頭皮の炎症の原因となるのです。
皮脂を落とすために朝シャンを行うと、逆にAGAに悩む人の大敵である皮脂が大量に分泌されるため、朝シャンは頭皮にとって非常に悪いのです。

3 シャンプーのしかたが雑になりがち

朝シャンを行う場合、多くの人は眠気を覚ます目的も兼ねて、起きてすぐに行います。
しかし、数分前まで熟睡していた状態でシャワーを浴びるわけですから、意識がハッキリしている時に比べ、どうしても洗髪が雑になります。
ちょっと頭にシャンプーをつけただけで、すぐにシャワーで泡を落としてしまうことで、皮脂を十分に落とせないことがあります。
また、すすぎが不十分なままお風呂を出てしまい、残ったシャンプーの成分が頭皮にダメージを与える可能性もあるため、AGAの問題を悪化させる恐れがあります。

引き起こしやすい頭皮トラブル

朝シャンは頭皮環境を悪化させるリスクのある習慣です。
もしもこの朝シャンを続けていると、一体どのような頭皮トラブルが起こり得るのでしょうか?

朝シャンが引き起こすかも?注意するべきトラブル

フケ

フケの代表的な症状は、髪をかくとパラパラと白いものが落ちたり、爪の間に油っぽいアカのようなものが付着したりすることです。髪の分け目に見えたり、肩にびっしりと付着していたりするため、見た目にも不衛生な状態です。
これらのフケは頭皮の乾燥が原因です。朝シャンによって必要な皮脂まで除去してしまうため、このフケが現れる可能性があります。

かゆみ

頭皮のかゆみは、頭皮環境の悪化のサインともいえます。
頭皮の乾燥や雑菌の繁殖により、頭皮が炎症を起こすとこのかゆみが現れるようになります。
朝シャンをすると、余分に皮脂を落としすぎてしまい頭皮が乾燥しやすくなります。また、皮脂の過剰分泌や、シャンプーの洗い残しによる影響で、頭皮がかゆみを伴う炎症を起こしやすくなるのです。

頭皮湿疹

頭皮湿疹とは、別名で「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」「頭皮ニキビ」とも呼ばれる症状です。
主に大量の皮脂が分泌されることで発症し、大量の皮脂が毛穴に詰まったり、頭皮にいる雑菌が繁殖したりすることが原因となります。
発症すると、ひどいかゆみやフケ、悪臭が現れるほか、抜け毛を増やす原因ともなるため、薄毛に悩む人は注意が必要です。

シャンプーをするなら、その日の夜がおすすめ!

夜にシャンプーをすることで、日中に分泌された余分な皮脂や汚れを洗い落とし、頭皮環境を整えることができます。
髪は就寝時に成長します。寝る前にシャンプーをすることで、夜間の発毛を妨げる過剰な皮脂や汚れのほか、雑菌の繁殖を抑え、AGAの進行を抑制することができるでしょう。

正しいシャンプーの方法とは

36~39度がベストな温度

シャワーの温度は、高すぎても、低すぎても頭皮によくありません。
温度が高すぎると、皮脂を落としすぎてしまい、頭皮環境に悪い影響を与えてしまいます。逆に冷水ですと皮脂汚れが落ちなくなってしまうため、こちらも頭皮の環境を悪化させてしまうのです。
頭皮の皮脂は、36度以上の温度で溶けるといわれています。しかし、40度以上の高温になると皮脂を過剰に落としてしまいます。
したがって、シャワーを浴びる際のベストな温度は36~39度という非常に限定的な温度となるのです。

毎日浴槽にお湯を張るのがおすすめ

混合水栓のシャワーの場合、36~39度という微妙な温度を調整するのは難しいものです。しかし、浴槽にお湯を溜める場合なら、給湯器の設定で簡単に行うことができるはずです。
そこで、浴槽にお湯を溜めてから、そのお湯で頭や体を洗う方法をおすすめします。
浴槽を使用するとなると、水道代が心配になります。しかし、浴槽1杯分の水は16分シャワーを利用した時とほぼ同じといわれています。そのため、シャワーを一切使わずに浴槽のお湯だけを使えば、それほど水道代が高くなることはないといえます。
さらに、浴槽に浸かることはAGA対策としても効果的。
血行が促進され、頭皮に栄養を運ぶことで頭皮環境を良くすることができるでしょう。
浴槽に浸かった後は、桶などに溜めた冷たい水をかぶるのもおすすめです。冷水によって頭皮の血管が収縮すると、逆に体が血行を良くしようとする「寒冷血管の反射」という作用が働き、血行がよくなります。さらに、冷水によって毛穴が引き締まるため、抜け毛を予防することができるのです。

爪を立てず、優しく頭皮を洗う

頭皮をしっかり洗浄するために、爪を立てて洗う人もいますが、これは頭皮へのダメージに繋がるため行わないほうが良いでしょう。
また、シャンプーブラシの利用も、力加減が非常に難しいため、頭皮へ悪影響を与える可能性があります。
シャンプーをする際には、指の腹を使って優しく洗う方法が良いでしょう。顔への洗顔同様、必要以上に指に力を入れず、優しく頭皮の汚れをこすり落とす気持ちで洗うのがベストです。

洗浄力の高すぎないシャンプーを選ぶ

市販されているシャンプーの多くは、「ラウレス硫酸Na」または「ラウリル硫酸Na」が使用されています。この2つは界面活性剤の一種で、原価の安さと高い洗浄力から、価格の安いシャンプーには必ずといっていいほど含まれているのです。
しかし、この2つの成分はその洗浄力の高さから、必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、頭皮環境を悪化させるリスクがあります。
そのため、AGA対策としてこの2つの成分が含まれていない、低刺激のシャンプーを選ぶ必要があります。
洗浄力が低く、頭皮に優しいといわれているのが、「アミノ酸系シャンプー」です。
「ココイル~」と書かれた成分の含まれたシャンプーや、「~ベタイン」と書かれたシャンプー、「ラウロイルメチルアラニンNa」などのメチルアラニン系シャンプーが、頭皮に良いとされるアミノ酸系シャンプーです。
シャンプーを購入する際は、裏面の成分表から、これらの成分が含まれているかをチェックしてみると良いかもしれません。

少し前に流行った「湯シャン」は?

湯シャンとは、シャンプーを使わず、お湯だけで頭皮を洗う方法です。
皮脂や汚れはお湯だけでも洗い落とせるという理論から、頭皮への刺激の強いシャンプーは使わずにお湯だけで洗い、頭皮環境を保つのが狙いです。
どれだけ低刺激なシャンプーでも、少なからず頭皮に刺激を与える可能性があるため、頭皮がひどく乾燥している人や、重度の敏感肌の人には効果的といえます。
ただし、頭皮の乾燥や敏感肌に悩んでいない人や、皮脂が過剰に分泌されている人の場合、この湯シャンはおすすめできません。
確かにお湯だけでもある程度皮脂は洗い落とせますが、毛穴に詰まった皮脂や、大量に分泌された皮脂となると、十分に洗い落とすことはできないでしょう。
また、湯シャンは頭皮の雑菌を洗い落とすことができないため、雑菌の繁殖により頭皮環境の悪化を招き、抜け毛や悪臭、フケなどの問題が起こりやすくなります。
湯シャンをする場合は、2~3日に1回は必ずシャンプーをすることをおすすめします。特に夏場は皮脂も大量に分泌されるため、2日に1回の頻度でシャンプーをするか、毎日低刺激のシャンプーを利用するとよいでしょう。

札幌でおすすめのAGA専門クリニックをご紹介!

長年朝シャンをしていた人なら、薄毛が進行していないかどうかチェックしておきましょう。
額や頭頂部が薄くなっていなくても、薄毛の予兆を自覚することができます。
お風呂に入った時の排水溝や、朝起きた時の枕に大量の抜け毛が見つかる人。
または、昔は髪をセットするのに時間がかかったのに、最近簡単にセットができるようになった人。
こうした人は薄毛が進行している可能性があります。本格的な薄毛になる前に、早めにAGAクリニックへ受診しましょう。

札幌でおすすめのAGA専門クリニック

イースト駅前クリニック札幌院

イースト駅前クリニックは、全国11箇所の主要都市に展開している、AGA・EDの治療専門のクリニック。札幌院は、2017年7月に開院したばかりのクリニックです。
イースト駅前クリニックの特徴は、診察・診療が早く、処方される治療薬が安いことです。
来院から薬を処方してもらうまで、最短8分で済ますことができます。すぐに薬をもらってサッと帰ることができるので、通院による負担は少ないのです。また、「スマホ診察」によってAGA治療薬を家まで送ってくれるサービスも行っているので、普段忙しい人や、長期出張などで遠い地域に移ってしまった人なども、通院せずに治療を続けられるのも魅力です。
さらに、処方される薬も非常にリーズナブルだという点も見逃せません。
ED治療で有名なAGAスキンクリニック、湘南美容外科クリニックに比べ、プロペシアの値段は安く設定されています。もちろん取り扱っている薬はすべて正規品なので、安心して服用することができるでしょう。

プロペシアの価格

MDS社:プロペシア/6,300
ファイザー社:フィナステリド錠/4,800
沢井製薬:フィナステリド錠/4,500円

※フィナステリド錠はプロペシアのジェネリック医薬品です

住所

北海道札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 6F

TEL

011-213-0181

最寄り駅

JR札幌駅 地下直結

休診日

月・火曜日

診療時間

水 木 金

土 日 祝

午前

10001330

10001800

午後

14301900

AGAスキンクリニック札幌院

CMなどでもおなじみの、AGA治療を専門とするクリニックです。隣りにある東急百貨店が目印となります。
AGAスキンクリニックの特徴は、発毛実感率99.4%(クリニック調べ)といわれるほどの評価の高さです。99.4%という数字はAGAスキンクリニックが調べたデータであるため、真偽のほどは定かではありませんが、口コミなどでも高い評価があるため、あながち間違ったデータではないかもしれません。
AGAスキンクリニックの特徴は、オリジナルの発毛剤「リバース」の処方が受けられること。
このリバースは、プロペシアの有効成分フィナステリドと、育毛成分として有名な「ミノキシジル」を高濃度で配合したAGA治療薬です。4~6ヵ月の間、継続して利用することで、多くの人が発毛を実感できるとされています。

プロペシアの価格

MSD社:プロペシア/初回4,200円(2回目以降7,000円)
ファイザー社:フィナステリド錠/初回3,400円(2回目以降6,000円)

住所

北海道札幌市中央区北4条西2-1-1 カメイ札幌駅前ビル3F

TEL

011-206-1810

最寄り駅

JR札幌駅南口より徒歩3
地下鉄東豊線さっぽろ駅14番出口よりすぐ
地下鉄南北線さっぽろ駅より徒歩4

休診日

なし(予約制)

診療時間

月 火 水 木 金 土 日 祝

10002100

湘南美容外科クリニック札幌院

湘南美容外科といえば、女性向けの美容整形外科というイメージが強いです。しかし、男性向けのAGA治療も行っており、多くの人から高評価を得ています。札幌院は隣にユニゾイン札幌があるので、初めて診察を受ける場合はそこを目印にして探しましょう。
湘南美容外科クリニックの特徴は、格安のオリジナルフィナステリド錠を処方してくれることです。処方料金は国内最安値であるため、1番安いAGA治療薬が欲しいと考えている人にオススメできるクリニックです。

プロペシアの価格

MSD社:プロペシア/初回4,200円(2回目以降6,500円)

HRオリジナル:フィナステリド錠/初回1,800円(2回目以降3,000円)

ファイザー社:フィナステリド錠/初回4,200円(2回目以降6,000円)

住所

北海道札幌市中央区北1条西3-3-10 ユニゾイン札幌 3F

TEL

0120-031-999

最寄り駅

JR札幌駅 地下歩行空間7番出口から徒歩1

休診日

なし(予約制)

診療時間

月 火 水 木 金 土 日 祝

10001900

薄毛が進行する前に専門クリニックへ相談してみよう!

薄毛は、気づかないうちに徐々に進行するものです。本人が気づくころには、症状はかなり進行している状態となるため、自力での改善は非常に難しいのです。
どんなに個人で薄毛への対処をしても、できることは進行を遅らせることくらいでしょう。特にAGAは進行が早く、個人での対策が追いつかない場合もあります。
放置して取り返しのつかない状態になる前に、早めに専門クリニックへ相談しましょう。