偽物や粗悪品はAGAより怖い!AGA治療薬の個人輸入の実情と考えられるリスク

AGA治療薬には国内で承認されている正規品とジェネリックの他にも、海外通販で手に入る物、個人で入手できる物、偽物、といった沢山の素人には判断がほぼ不可能な罠が潜んでいます。値段設定や販売方法も様々なので、ついつい安価な薬に手を出してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、医薬品の個人輸入には細心の注意を払う事が必要です。思いも寄らぬトラブルに巻き込まれてしまって、「お金だけを取られるケース」や、「いざ服用し始めたらなんだか調子が悪い」なんてことになってからでは遅いですよね。今回はそんなことにならないための方法をご紹介します。

目次

  1. 偽物や粗悪品を見抜くことは不可能?
  2. 海外輸入の薬は日本人に合わないの?
  3. 正規のAGA治療をなるべく安価に受けるには?

偽物や粗悪品を見抜くことは不可能?

コメント:素人が判別することはほぼ不可能です。

正規品やジェネリックを国内の医療機関で処方された事があり、手元に本物の正規品がある状態であれば、もしかすると違いを見抜けるかもしれませんが、ほとんどの場合難しいと考えておくべきでしょう。

また、海外の医薬品に関しては、海外通販でのやり取りとなるため、不慣れな人が多く、それを逆手に取ったフィッシング詐欺や、クレジットカード情報だけを抜き取られるなんてことも考えられます。勿論、ネットリテラシーが高い方に関してはそういった技術的な心配はないかもしれませんが、そもそもの薬が偽物であれば、どうしようもありません。

個人輸入を行うリスクを取るよりも、国内で安全な薬を処方してもらうことを強くお勧めします。

海外輸入の薬は日本人に合わないの?

コメント:日本国内で承認されているものは日本人に対しての臨床試験を何度も行なっています。基本的に外国人とは効き目が違う可能性は非常に大きいと言えるでしょう。

海外通販や個人輸入で目にする事が多いのは、当然ながら海外のメーカーで製造された医薬品です。中には日本でも有名なメーカーも存在していますが、その大半は一般的に知られていない所ばかりです。そして、リスクはあるのですが、海外では認知され服用されている商品である場合も当然ながらあります。

しかし、その海外では問題なく服用されている医薬品であっても、日本人の我々には合わないという可能性があるのです。例えば、プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬の代名詞である薬も、国が違えば主成分の量がすこし変わっている場合があります。これはその国の人達に一番適した物を提供しているからなのですが、それを日本人が服用すると、量が多かったり、逆に少なくて効き目がなかったりという事態が発生します。

それなら、薬を割って量を減らそうという発想も生まれるかもしれませんが、プロペシアやザガーロなどは女性が吸引すると様々な問題を引き起こす可能性が高いので、決してお勧めできる方法ではありません。

正規のAGA治療をなるべく安価に受けるには?

コメント:専門クリニックやお近くの病院で相談してみてください。

AGA治療のための医薬品は自己負担となり、保険は効きません。積み重なると高額な費用になるため、なるべく安価な薬を手に入れようと海外通販や個人輸入に手を出し始めるケースが少なくありません。国内の医療機関でも、値段はマチマチですし、取り扱っている種類も違いがある事がほとんどですので、いくつかの病院やクリニックを訪問し相談してみるのも良いでしょう。

大抵のクリニックでは相談などを無料で行なっていますし、病院であれば初診料を払えば相談に乗ってくれます。安価な価格でリスクを大きく取る判断は余りに軽率ですから、海外通販や個人輸入に頼る前に必ず専門の機関で正規の診断と処方を受ける事が重要です。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

AGA治療

おすすめクリニックはこちら