AGAは保険適用外?!費用を抑えるには「上手な選択」がポイント

気になるAGA(薄毛)とそれに掛かる費用

AGAの発症年齢は、年々低下しています。それに伴いAGA治療のニーズも増加し、専門の医療機関も充実してきました。AGAの症状が自覚ができたら、すぐに治療を受けることができますが、気になるのは治療にかかる費用です。「AGAって病気?それとも美容整形?」「医療保険は使える?」「治療費の目安は?」「お金がないと、やはり治療は受けられない?」など、お金にまつわる疑問を、AGA治療の内容を含めて解決していきます。

AGA治療は保険適用できるの?

AGAは「男性型脱毛症」の略で、進行型の病気です。AGA治療には専用の薬も使用されますが、医療保険は適用されません。その為、治療にかかる費用は全額負担になります。

AGAは「進行型の病気」なのに、保険適用外なのはナゼ?


AGA治療に使われる薬や療法が、厚生労働省が定めるガイドラインに含まれていないからです。また、AGA治療は「美容整形」と同じ分類に分けられ、命に関わる病気の治療ではないということから保険適用外となっています。

医療費控除が使える場合もある!?

AGA治療は「美容整形」と同じ分類に分けられ、医療費控除でも美容目的とされる治療や薬は対象外となります。しかし、場合によっては医療費控除の対象となるケースがあります。

医療費控除の対象となるケース


可能性としてあげられるのが、次のケースです。

他の病気が原因

AGA以外の病気や精神的な理由がきっかけで、「薄毛」や「脱毛」などの症状がでた場合、医療費控除が認められることがあります。

AGA治療薬でも税務署で認められた時

AGAの治療薬は、「市販薬」と「処方薬」の2種類に分けられます。このうち、医師の診断により治療のために処方された薬なら、税務署で医療費控除が認められることがあります。

医療費控除とは


1年間に掛かった医療費が一定の額を超えた場合、確定申告で申請を出せば還付金が発生します。年収や納めている税金によって基準が変わりますが、医療費控除の目安は「年間10万円以上の医療費」を支払った場合とされています。

一世帯まとめて申請

医療費控除は個人だけでなく、同居している家族全員対象となります。

通院に掛かる交通費も申請

意外と知られていませんが、通院に掛かる交通費も医療費控除の対象となります。

医療費控除の対策


医療費控除の対象となる可能性があるのは、専門のクリニックや医院など「医療機関」を受診しており、医師の診断のもとAGAの「治療」を行っている場合です。個人で購入した市販薬や海外の治療薬、またはAGA予防の薬は、医療費控除の対象から外れます。

医療機関でAGAの治療を受けている人は、「医療費」「通院の際の交通費」の領収書を保管するようにしましょう。これらの費用が税務署で認められ、医療費控除の対象となれば、還付金が受け取れる可能性があります。

AGA治療で医療ローンを使うメリット・デメリット

AGA治療は医療保険適用外のため、掛かる費用は全額自己負担となります。また治療も長期化するため、高額な費用が掛かります。

医療保険適用外で治療費が高額となる場合、負担を軽減する方法として「医療ローン」が利用できます。月々の支払いが一定になるので、高額な医療も安心して受けることができますが、見通しを立てないと失敗することもあります。AGA治療で医療ローンを利用する際、まずは「メリット」「デメリット」を把握し、自分の治療に役立てるかどうかを見極めることが大切です。

メリット


  • ・まとまったお金が手元になくても、高額治療を受けることができる。
  • ・無理のない返済プランを立てやすいので、支払いが楽になる。

 

デメリット


  • ・効果を感じられなくても、支払いは続くことになる。
  • ・AGA治療を中断した場合、解約の手間がかかる。
  • ・ローンを組むと、転院することが難しい。
  • ・利子の分、費用が増える。

医療ローンを利用する前に確認する事


①無料のカウンセリングを受けましょう。AGAの進行具合や治療内容を確認し、どのくらいの治療費がかかるのか確認します。
②無料カウンセリングは、複数のクリニックで受けましょう。クリニックによって治療内容やその費用は異なります。場所によっては、ローンを組まなくても治療費が支払える場合もあります。
③無料カウンセリングで、医療ローンの種類や解約時の注意点を確認しましょう。医療ローンの金利は、種類によって異なります。解約できるかどうかも、ローンの規約によって変わってきます。例え解約できても違約金が発生することもあるので、内容は事前に確認しましょう。

一般病院とAGA専門クリニックの値段は違うの?

AGA治療を行っている医療機関は、大きく分けて「一般病院(皮膚科)」と「専門外来(AGA専門クリニック)」の2種類があります。

一般病院とAGA専門クリニックでは治療内容やサービスが異なり、それに掛かる費用も変わってきます。それを含め、それぞれの「メリット」「デメリット」を見ていきましょう。

一般病院(皮膚科)


・治療費の目安(1ヵ月)→約10,000円~15,000円前後

メリット

  • ・一般病院では、治療薬が限られているので費用が計算しやすい。
  • ・数ヶ月単位で薬を処方してもらえるので、通院の頻度を抑えられる。
  • ・AGA予防に向いている。

 

デメリット

  • ・治療薬の種類が少ないため、AGAの進行具合によっては治療が受けれないこともある。
  • ・一般病院のAGA治療は、現状維持を目的としている。そのため、発毛を目的としたAGA治療には向かない。
  • ・AGAに関する精密検査は行っておらず、細かいケアは望みにくい。

AGA専門クリニック


・治療費の目安(1ヵ月)→約15,000円~30,000円前後

メリット

  • ・専門医による頭皮の細かい検査が受けられる。
  • ・AGA治療の薬を多数扱っている。
  • ・治療内容や薬が充実しているため、有効的な治療方法を受けることができる。
  • ・AGA治療は自由診療のため、専門クリニックでは様々なサービス(診察料無料、治療費は薬代のみなど)があり、場合によっては一般病院よりも費用が抑えられる。
  • ・AGA予防だけでなく、AGA改善の治療も受けられる。

デメリット

  • ・治療内容によっては、費用が高額になることもある。
  • ・AGAの進行具合によって、通院の頻度が異なる。
  • ・クリニックによって治療内容や費用が異なるため、いくつか見比べる必要がある。

無理のない範囲でAGA治療を始めよう!

AGA治療を行う際は、「AGAの進行具合」「有効的な治療方法」「治療に掛かる費用」「治療を受けるための今後のプラン」など、様々な角度から内容を見極めることが大切です。それにより、自分に合う、ベストなAGA治療を見つけることができます。一見難しく思えるかもしれませんが、ポイントを押さえれば、内容を見比べることは簡単です。まずは、無料のカウンセリングを受けることから始めてみましょう。