薄毛は自分で改善することができるのか

最近では、年齢や性別に問わず薄毛に悩んでいる方は少なくありません。
しかしながら、遺伝だからと諦めてしまっていては改善できるものも改善できなくなってしまいます。
そう、薄毛は自力で改善できる可能性があるのです。
薄毛を改善するために重要なことは、薄毛の原因を特定して対策していくということです。
例えば生活習慣の改善であったり、クリニックでの治療を受けたりと、原因に合わせて改善方法するための方法を変える必要があります。
ここでは、どのような生活習慣の改善が必要か、またクリニックでは実際にどのような治療が行われているのかを詳しく紹介していきます。

日常生活の中で薄毛を改善する方法

良質な睡眠をとる

睡眠中は髪の毛の新陳代謝が良い重要な時間です。
6時間以上は睡眠をとるようにしないと、髪の毛がしっかり成長してくれません。
薄毛でお悩みの方は、髪の毛のためにしっかりと睡眠をとりましょう。

ストレス解消をする

ストレスは身体に様々な悪影響を与えますが、もちろん髪の毛も例外ではありません。
頭頂部のはげや薄毛にとってストレスもその原因の一つとされているため、ストレスの溜め過ぎには注意しましょう。
最適なストレスの発散法を見つけ、適度にストレスを発散することが薄毛改善の方法になります。

シャンプーを見直す

頭に直接影響を与えるシャンプーは、きちんと自分の頭皮の状態に合わせないといけません。
しっかり洗っているのに悪影響を与えるということにならないように、シャンプーは頭皮にあったものを選ぶようにしましょう。
頭皮の皮脂を一定に保つことが重要ですので、頭皮がベタつきやすい(皮脂の分泌が多い)人は洗浄力の強いシャンプーを、頭皮が乾燥しがち(皮脂の分泌が少ない)人は保湿力の高いシャンプーが最適です。

適度な運動をする

薄毛の改善には有酸素運動が効果的です。その理由としては、運動によって代謝を良くすることで滞っている血流を改善、頭皮の毛細血管までしっかりと血流が行き届くようになるからです。
血流を改善することで、血流によって毛髪の成長に必要な酸素や栄養素も行き届くようになります。

頭皮マッサージで血行を促進

適度な有酸素運動に合わせて行いたい改善策として、頭皮マッサージがあります。
頭皮を直接マッサージすることで血行を促進できますので、忙しくて運動をしている暇がない時などにも有効です。
1日5分程度を目安に、毎日続けていくようにしましょう。

食事で改善

薄毛は食事からも予防や改善をしていくことができます。
まずは皮脂が分泌しやすくなる油物を避け、薄毛対策に効果的な食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
では、どういった食べ物が薄毛に効果があるのかをみていきましょう。

薄毛対策できる食べ物

アーモンド

ナッツ類は髪の主成分となるタンパク質が多く含まれています。
中でもアーモンドには髪の減量となる必須アミノ酸が豊富に含まれていて、血行を促進してくれるビタミンEも多く含まれています。まさに薄毛対策にうってつけの食べ物と言えるでしょう。

レバー

髪の主成分であるタンパク質はもちろん、頭皮の新陳代謝を高めて環境を改善させるビタミン類が豊富に含まれています。
レバーに含まれるビタミンB2は、皮脂の分泌を抑制する効果もあるので、皮脂の分泌量が多い人には最適です。

納豆

納豆にはナットウキナーゼという血液をサラサラにする栄養素があります。
血液の潤滑を良くすることにより、髪に栄養を行き届くようにしてくれます。
更には男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を抑えてくれるイソフラボンが含まれています。
テストステロンは薄毛の原因とも言われているので、この分泌を抑えることで薄毛改善に繋がります。

生牡蠣

生牡蠣は育毛に不可欠な亜鉛がとても多く含まれています。
亜鉛は普段の食事のなかで摂取しづらい成分ですが、特に男性が欠乏しやすい栄養素となっています。
他の食べ物では牛肉や魚介類に含まれている亜鉛ですが、その中でも生牡蠣の亜鉛含有量は飛び抜けています。
牛肉や魚介類が100g辺り亜鉛5mg前後に対し、生牡蠣は100gで13.2mgの亜鉛が含まれています。

クリニックで本格的な治療法を受けるという改善方法

自力では改善できない脱毛症もある

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)といった一般的な薄毛に関しては、自力でも充分な改善が見込めます。
ですが、薄毛の中には自力では改善できないものが存在します。
それが以下になります。

自力では改善できない脱毛症

・牽引性脱毛症:髪をきつく縛りすぎることなどによって髪の毛が抜けやすくなってしまう症状です。
・円形脱毛症:髪の一部分だけが突発的に脱毛してしまう症状です。
・脂漏性脱毛症:皮脂の過剰分泌によって毛穴を防いでしまうことによって起きる脱毛症状です。
・粃糠性脱毛症:大量のフケが毛穴に詰まってしまうことで起きる脱毛症状です。
こうした自力で改善できないものには自力のケアをしても意味がない場合がほとんどです。
医師に相談して解決策を一緒に探していくようにしましょう。

患者の頭皮に合わせた薬剤を処方

クリニックでは専門医がカウンセリングを行い、頭皮の状況を確認してくれます。
自身の皮脂が多いのか少ないのかが分からないという人も、まずはカウンセリングを受けて判断してもらうという方法もあります。

判断しつらい状況についても確認してくれる

大まかな特徴を知っていたとしても、症状には個人差が出てくるのが常です。
中には自身がどういった脱毛の症状なのかが分からないという場合も少なくありません。
クリニックではそうした状態でも、現在の脱毛がどの症状からきているのかを正確に診断してくれます。

スピード診察でプライバシーも安心

クリニックの来院から処方までについては、通常の病院のように長い時間がかかってしまうということはほとんどありません。
早い場合で、来院から処方までが10分前後というところも多くあります。
また、プライバシーに配慮してスタッフは同性しかいないというクリニックがほとんどです。

日常生活の改善とクリニックの治療での薄毛対策(まとめ)

いかがでしたでしょうか?
AGAやFAGAについては自力で改善する方法もありますが、クリニックの治療を併用することでより一層薄毛を改善することができます。
効率よく薄毛を改善するために検討してみてはいかがでしょうか。