AGA治療は保険適用外?!自由診療について考える

AGA治療に取り組む際に気になるのが、やはり費用の面です。AGA治療は保険適用外となり、自由診療扱いなので全額自己負担です。AGAは継続的な治療が必要となるので、経済的な理由で治療を断念せざるを得ず、せっかくこれまで支払った治療費が無駄になってしまうこともあります。こちらでは、AGA治療の費用負担を軽減するため、治療費を抑えるコツや、保険が適用されるケースなどを紹介していきます。

AGA治療が保険適用外の自由診療になっている理由とは?

AGAの治療がなぜ保険適用されないのでしょうか。こちらでは、保険適用されない理由について説明します。

理由①AGAは病気ではないから

AGAは男性ホルモンによって薄毛が生じるという症状で、専門のクリニックで治療をすることができますが、病気という訳ではありません。健康保険は病気を治療する際に適用されるものですので、病気ではないAGAの治療には適用されません。

理由②AGA治療は容姿を美化する行為だから

AGA治療は薄毛を改善することによって容姿を美化することを目的とした行為となりますので、疾患の治療を補助する健康保険は適用されないということになります。

③AGAは命に関わる症状でないから…など。

保険が適用される病気は、日常生活に影響を及ぼす健康被害が症状として現れたり、命に影響があるような症状が現われるもののみとなっています。薄毛によって精神的な負担を感じることもありますが、そのような理由で保険を適用にしていくと美容整形なども保険適用になってしまいます。そのため、AGAは保険適用外となっています。

自由診療になる治療と、医療費を抑える制度とは?

①保険対象外になるAGA治療とは?

・内服薬…フィナステリド薬やミノキシジル薬などの、AGAの症状を改善する効果が認められる内服薬を処方する治療行為。

・植毛…薄毛の症状が出ている部分に、人口毛を植毛したり、自毛を移植したりする植毛全般は保険適用外となります。

・HARG療法…様々な細胞の元となる幹細胞から抽出した成長因子を含むタンパクAAPEを頭皮に注入して、発毛機能をよみがえらせるという治療方法です。

・外用薬…頭皮の血行を促進する効果のある、塗布するタイプのミノキシジルを処方する治療行為のことです。

②医療費を抑える制度とは?

保険適用が認められなくても、医療費控除という制度を活用すれば、治療費の負担を軽減させることができます。医療費控除とは、一定金額以上の医療費を支払った場合、確定申告の際に所得税を軽減することができるという制度です医療費控除に関しては下記で詳しく説明します。

 

AGA治療費の負担を軽くする方法は?

  • 格安クリニックを探す

クリニックによって治療費に大きな違いがあります。中には非常に安い価格で治療を受けられるクリニックもあります。例えば、AGA治療において最もスタンダードな服薬治療を受ける際には、薬代と診察料がかかります。しかし、中には診察料が一切かからず薬代のみの請求というAGA治療クリニックもあります。継続した治療が必要なAGAにおいて、診察料をかけずに治療ができるというのは、大きなメリットといえるでしょう。注意すべき点は、あまりに激安価格のクリニックは治療の品質が低いリスクもありますので、口コミなどをリサーチして治療の品質が高いかをチェックしましょう。

  • クリニックで無料カウンセリングを受けてみる!

まずは自分の症状や体質を知る必要がありますので、カウンセリングを受けてみるというのも大切なAGA治療の一環です。クリニックによってはカウンセリングを無料で行っているところもありますので、そのようなクリニックを活用することで治療費を抑えながら症状について知ることができます。また、24時間無料で専門家に電話相談ができるダイヤルを設けているクリニックもありますので、そのようなサービスを利用すれば手軽にカウンセリングが受けられます。

③ジェネリックのお薬を処方してもらう!

正規のAGA薬と同じ成分と用法で服用することができるジェネリックのAGA薬品を処方しているAGAクリニックもあります。これまでのジェネリックのAGA薬はインターネットで販売されている、安全性が確保されていないものしかありませんでした。しかし、正規のAGA薬の特許が切れたことによって、安心安全な国産のジェネリックAGA薬もクリニックで処方されるようになりました。薬代を抑えることで、出費を減らすことができますので、ジェネリックのAGA治療薬を扱っているクリニックを探してみるのも良いでしょう。

  • 医療費控除の申請する

医療費控除の申請をすることによって、確定申告の際に減税の措置を受けることができます。医療費控除の申請を行う際には、治療にかかった費用の領収書が必要となりますので、病院でもらった領収書はなくさないように保管しておきましょう。また、治療の際にタクシーを使った場合などは、交通費等名目で計算することができますので、こちらも領収書を保管しておきましょう。

  • 医療ローンを活用する

医療ローンとは、治療にかかる費用のローンを組むことができて、分割支払いすることで費用負担を軽くするという方法です。クレジットカードよりも審査が厳しいという反面、金利が安く返済の負担は少ないです。植毛など、治療費が高くなる治療方法を選択する際などは嬉しいシステムです。

 

AGA治療は保険対象外の自由診療だけど工夫次第で費用が抑えられる!【まとめ】

AGAはクリニックで治療をすることができますが、病気ではなく、美化を目的とした治療となりますので保険適用外となりますので、経済的に余裕がない方にはなかなか手が出せなくなってしまいます。しかし、安くなるポイントをしっかりと押さえてクリニックやAGA治療薬を選ぶことによって、治療費を抑えることができます。出費を少しでも抑えたいと考えている方は、節約ポイントをしっかりと把握したうえで治療に取り組むようにしましょう。