【薄毛対策】まずはシャンプーを見直そう

薄毛対策として、育毛剤やサプリなど様々なアイテムがあります。
しかし、対策としてまず最初にするべき事は、薄毛の症状に合ったシャンプーを見つける事です。

その理由は、どんなシャンプーを使うかによって、頭皮の状態に違いが出るから。

ここでは、薄毛には、どんなシャンプーが良いのか、選び方や洗い方なども合わせて紹介します。
ぜひ、薄毛対策の参考にしてみて下さい。

薄毛用のシャンプーを選ぶポイント

薄毛対策用のシャンプーを選ぶポイントは、4つあります。

ポイント1.アミノ酸系の洗浄成分

アミノ酸系シャンプーは、自然の洗浄成分なので頭皮に優しいです。
しかし、アミノ酸系の洗浄成分は、低刺激な界面活性剤ということが知られています。
そのため、洗浄効果が低いという事も覚えておきましょう。

ラウエオイルメチルアラニン・・・アミノ酸系の洗浄成分で最も洗浄力がある成分
ココイル系・・・泡立ちが少ない。洗い上がりがさっぱり
ベタイン系・・・洗い上がりがしっとり。そのしっとり感をキープ

など、成分によって異なる特徴があります。
個々の長所・短所を見極め、頭皮に優しい洗浄効果のあるシャンプーを選ぶようにして下さい。

ポイント2.刺激の強い添加物が入っていないか

スーパーや薬局で市販され、一般的に流通しているシャンプーは香りや泡立ちがよく、洗浄効果もある高級アルコール系シャンプーです。
安価で購入でき上記であげたように使い心地も良いのですが、デメリットとして着色料や保存料、合成添加物などが含まれています。

洗浄効果が高いので脂性肌の方にはオススメですが、薄毛の方には刺激が強いと言われています。
また、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性があるので、乾燥などの頭皮トラブルに繋がることも……

シャンプーを購入する際は、裏面の成分表を良く確認するようにして下さい。

ポイント3.ノンシリコンか

シリコンが含まれていない「ノンシリコンシャンプー」を選ぶようにします。
近年は、シリコンの代用コーティング剤として、「椿油」や「柑橘系の植物系オイル」などの天然オイルを利用しているシャンプーもあるようです。

また、頭皮の乾燥を防ぐため、保水効果のある「ヒアルロン酸」や「フコイダン」などが配合されています。
髪の毛を乾かした後のサラサラ感も必要となるので、適度な揮発性シリコンを含んだコンディショナーの利用は許容範囲と言えるでしょう。

ポイント4.お手頃な価格か

シャンプーは、毎日使うものなので「継続的に購入できるか」という事は重要です。

実際、アミノ酸系シャンプーの平均的な価格は1本3,000円~5,000円となっています。
もちろん、各シャンプーによって価格に差が生じますが、高級アルコール系シャンプーと比較した場合、少々高めです。

価格が高い分、頭皮に優しいオーガニック成分を使っているものも多くあります。

上記の4つのポイントに気をつけて、自分に合ったシャンプーを選ぶようにして下さい。

髪の洗い方も重要

シャンプーの見直しが終わったら、今度は正しい髪の毛の洗い方を覚えましょう。

髪の毛の正しい洗い方

1.シャンプーをする前に髪の毛をブラッシング
2.頭皮や髪の毛をしっかり濡らす(3分程度の時間をかけて隅々まで濡らして下さい)
3.優しく泡立てて髪全体にまんべんなく泡が届くように洗う
4.おでこの生え際を優しく洗う
5.髪の毛の流れとは逆の方向に向かって頭皮をマッサージするように洗う
6.シャンプーをしっかり洗い流す(3分程度の時間をかけてシャンプーが残らないように流してください)
7.トリートメント

シャンプーをする時のシャワーの温度は「36~39℃」が理想です。
この温度以上だと「皮脂を落としすぎる」
この温度以下だと「頭皮や髪についた汚れが落ちにくくなる」
髪の毛の洗い方やシャワーの温度に気をつけて洗うようにして下さい。

クリニックでの治療を併用するとより効果的

自身でシャンプーを見直しながらクリニックに行けば、より専門的な薄毛治療を受ける事ができます。
ここでは、クリニックで行っている薄毛治療紹介していきます。
薄毛治療を始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

クリニックでの薄毛治療

クリニックでの薄毛治療では、主に投薬治療が行われます。

・プロペシア
・プロペシアジェネリック
・ザガーロ
・ミノキシジル
・アロビックス

内服薬や外用薬など、種類もあるので自分に合った治療薬を選ぶ事も可能です。

内服薬のメリットは、有効成分を直接体内に摂取することができるという事。
しかし、髪の毛以外箇所に効果が出る可能性も持ち合わせています。

外用薬のメリットは、薄毛が気になる箇所にピンポイントで塗れるという事。
デメリットとしては、内服より効き目が甘い事です。

薄毛治療薬は男性用?女性にも使える?

男性用の薄毛治療薬は上記に記載している種類があるのですが、女性用の薄毛治療薬は別になります。これは、「男性と女性で薄毛の原因が異なる」という理由と「女性の身体に悪い影響を与える」という理由があります。

男性が薄毛になってしまう原因は、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」です。この物質が毛髪サイクルを妨げ薄毛になってしまいます。

一方、女性が薄毛になってしまう原因は、食生活の乱れやストレス、妊娠・出産、更年期、間違ったヘアケア、パーマ・カラーのやり過ぎなどがあげられます。
そのため、女性用の薄毛治療薬は、頭皮や髪に栄養を与えるものが中心です。

しかし、上記のミノキシジルだけは女性でも使用可能とされています。
女性用の薄毛治療薬は下記の通りです。

・ミノキシジル
・パントガール
・パントスチン
・フロジン液
・KIPスカルプヘアエッセンス

男性、女性にかかわらず薄毛専門のクリニックに行けば、その人に合った薄毛治療薬を処方してくれます。
薄毛で悩んでいる・薄毛が気になってきたという方は、早めにクリニックで相談することが大切です。

自分に合ったシャンプーを使って薄毛を改善しよう!

薄毛は、放っておいて治るものではありません。
毎日少しずつ進行していくので、「あれ?」と思った時には、だいぶ進行している可能性もあります。

そのため、毎日使うシャンプーの見直しは重要です。
直接、頭皮に触れるものなので、成分や洗い上がりを確認しながら自分に合ったシャンプーを選ぶようにして下さい。

また、クリニックで処方された薄毛治療薬は、シャンプーと併用することもできるので、効果が期待できます。
クリニックには専門的な知識を持った医師や看護師がいるので、安心して相談することも可能です。

一人で悩まず、クリニックへ行ってみましょう。