取り扱いAGA治療薬Handling AGA remedy

ジェネリック

AGA治療薬のジェネリックとは?

AGA治療には、プロペシアと呼ばれる医薬品が用いられることが一般的です。

しかし、世界中でAGA治療のために医薬品が開発されており、後発であるジェネリック医薬品も多数登場しました。
現在流通しているAGA治療のジェネリック医薬品は、ファイザーや澤井製薬、クラシエといった錠剤があります。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドの特許期間が終わったため、ジェネリック医薬品の製造販売承認が得られるようになったのです。
日本国内で承認が下りているAGA治療のジェネリック医薬品は、医師の処方によってのみ入手できます。

ジェネリック医薬品も医師の診察を受けてから治療開始となるので、プロペシアの処方と同様、安心して治療に臨めるのです。

ジェネリックの有効成分

AGA治療に使われる薬は、様々な有効成分があります。

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • デュタステリド
  • 塩化カルプロニウム

フィナステリドは、プロペシアに含まれる有効成分です。
AGAの原因とも言われる酵素「5αリダクターゼ」を抑制し、毛髪の成長を維持するはたらきがあります。
臨床実験では、約60%の人に効果があったとされています。

ミノキシジルは、医学的に発毛効果が認められている成分の1つです。
血管拡張作用で血圧を下げることで、血行が良くなり、髪の発育環境の改善が期待されています。

デュタステリドは、ザガーロやアボルブに含まれる有効成分です。
AGAの原因に直接アプローチする作用があると言われ、治りにくい症状も高い確率で改善へ繋げられると期待されています。
AGAを根源から改善へ近づけるのは、フィナステリドと同じとも言えるでしょう。

塩化カルプロニウムは、アロビックスに含まれている有効成分です。
局所血管拡張作用があり、頭皮に塗布することで、毛細血管内の血行を向上させ、毛母細胞に栄養を十分に行き渡るようにし、健康な発毛状態へ近づけられると期待されています。
また、皮膚への浸透性が高いという部分も塩化カルプロニウムの特徴と言われています。

ジェネリックの効果・効能

まず、大枠で言われている効果としては、先ほどもお伝えしたように「AGAの原因に直接アプローチする」ものと「毛細血管内の血行を向上させ、毛母細胞に栄養を行き渡らせる」というこの2つがあります。

症状によって、どのような形でアプローチをかけるかは、診断によって変わる為、人それぞれ異なります。使い方も、服用して体の内側からアプローチをする、液体タイプで外から症状が現れている部分に直接アプローチさせるといった形にも別れます。

効果はそれぞれ、薬剤によって変わりますので、薬剤一覧より気になる薬剤をご覧ください。

ジェネリックの処方について

通常、AGA治療は保険適用外の自由診療となります。医師の診察ひとつとっても医療費が高くなりがちです。

さらに、先発の医薬品であるプロペシアを購入する場合、AGA治療にかかる医療費はさらに増えてしまいます。

こちらも保険適用外となるため、医療機関側の判断で費用が高くなってしまうのです。
ジェネリック医薬品は、プロペシアよりも低料金です。自由診療でも医療費を抑えることができます。

ジェネリック医薬品のメリットは、先発の医薬品よりも安く購入できる点だと言えます。これは、医薬品に関する特許期間満了後、低コストで開発できるのがジェネリック医薬品の特徴だからです。

成分自体はプロペシアと同じなので、発毛に関して期待できる効果に違いはありません。

医療費を抑えたいと考えるなら、ジェネリック医薬品を選んだほうが安くなる可能性は高いです。
ただし、ジェネリック医薬品だから絶対に安いというわけではありません。これも、AGA治療が自由診療だからです。

医療機関の判断でプロペシアやジェネリック医薬品の価格が変わるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ジェネリックの副作用

ジェネリック医薬品でAGA治療をする場合、先発の医薬品と異なる副作用が出ることはありません。

これは、先発の医薬品と同じ成分によって作られているからです。

では、AGA治療薬はどのような副作用があるのかご説明致します。

まず、一般的に言われているのが、性欲の減衰や精子量の減少です。

男性ホルモンに影響する医薬品だからだと考えられます。

次に、症例としてはあまり多くありませんが、頭痛や腹痛といった症状が発症したという事例の報告も見受けられました。

重篤な副作用としては、AGA治療薬の影響で肝機能障害を発症してしまうケースもあります。

これは、フィナステリドが働く際、肝臓に対して負担を掛けてしまうからです。

もし、肝臓に疾患を抱えている場合、事前に医師へ申し出るようにしましょう。

その他の副作用は、めまいがしたり乳房が肥大化したりするケースもあるそうです。

こちらは副作用が発症する頻度も多くないと言われていますが、気になる症状がある場合は速やかに医療機関に相談してください。

フィナステリドについてはこちら

ジェネリックの関連記事