ジェネリックのQ&AQ&A

 

フィナステリドとミノキシジルとの併用で効果アップ?

 

フィナステリドとミノキシジルの併用は有効です

Fotolia_86752569_Subscription_Monthly_M
AGA外来と言って、脱毛症の治療を行っている医療機関が日本全国に出ています。

AGAの治療ですが、投薬療法の用いられることが多いです。

その中でもしばしば使われるポピュラーな医薬品として、フィナステリドとミノキシジルがあります。

この両者を併用すると、相互作用でより高い効果が期待できます。

なぜなら、AGAの中でも両者は異なる部分で効果を発揮するからです。

フィナステリドは、5αリダクターゼという酵素の働きを抑制します。

この酵素の働きを抑えることで、ジヒドロテストステロンという脱毛を促進する男性ホルモンの生成を抑えます。

つまりフィナステリドには抜け毛を予防する効果があると考えられます。

ミノキシジルには、血管を拡張する効果があるといいます。

その結果、頭皮に毛髪を作るのに必要な栄養分がスムーズに供給され、発毛促進されるかもしれないのです。

フィナステリドとミノキシジルには異なる作用があるため、併用するとそれぞれの分野で効果を発揮します。

併用すれば、抜け毛の抑制と毛髪の成長促進の両方の恩恵が受けられる可能性が高いわけです。

日本皮膚科学会が認めたフィナステリドとミノキシジルの効果

フィナステリドとミノキシジルですが、AGAに対して効果のあることはいろいろな側面で実証されています。

特に日本皮膚科学会というところでは、薄毛治療の研究も進めていて、その中で男性型脱毛症診療ガイドラインと呼ばれるものを制定しています。

その中で抜け毛治療に関する様々な方法に関して、その効果などで5段階の評価しています。

ちなみに最も高い評価は推奨ランクAになります。

男性の男性型脱毛症に関して、行うように強く勧められるランクAに認定されたのはミノキシジルの外用とフィナステリドの内服だけでした。

その他にも医薬部外品や化粧品などの評価も行われていますが、いずれもC評価以下でした。

いかにミノキシジルとフィナステリドには、高い脱毛症改善の効果が期待できるか、このデータを見るだけでもお分かりになるはずです。

AGA治療をしているクリニックは日本全国にあって、いろいろと独自の治療法なども開発しているみたいです。

しかし基本的な治療戦略は、このフィナステリドとミノキシジルの併用による治療法がどこでも採用されています。

フィナステリドを服用しミノキシジルは塗る

af9980016443l
フィナステリドとミノキシジルの併用方法ですが、使い分けるのが基本です。

まずフィナステリドは服用スタイルが中心で、1日1mgを上限として服用しましょう。

1錠1mgのものが中心なので、1日1錠摂取することを心がけましょう。

ミノキシジルは育毛剤のように、直接頭皮に塗布するのがおすすめです。

ミノタブと言って、ミノキシジルの配合されたタブレットも販売されています。

ミノタブは効果が塗る時と比較して、より強く表れる可能性も期待できます。

しかしミノタブの場合、効果が強い反面副作用も現れやすくなると言われています。

ハイリスクのAGA対策になってしまうので、特にこれから本格的に薄毛治療をするのなら塗るタイプから始めるのがおすすめです。

ミノキシジルとフィナステリドの併用ですが、使ってすぐにはっきりと目に見える効果はまず出ないでしょう。

短くて1か月、かかる場合には3か月くらい継続して併用すると徐々に効果が実感できるはずです。

焦らずじっくりと併用することを心がけることが、AGA治療では求められます。

副作用の心配はないの?

フィナステリドもミノキシジルも医薬品である以上、多少の副作用のリスクはあります。

フィナステリドの場合、頭痛や腹痛、性欲の減退などの男性機能の低下などが起こります。

頭部に塗布した場合ミノキシジルだと、頭皮のかゆみ、むくみ、血圧低下などを引き起こすリスクは低いながらもあります。

このようなことを言われると、ミノキシジルとフィナステリドを併用しても大丈夫なのかと思う人もいるでしょう。

しかし毛髪外来を使って薬の処方を受けている場合、血液検査や心電図などをモニタリングしながら処方します。

たとえば利尿剤やβブロッカーといった医薬品を使って、副作用の現れるリスクを回避しながら治療してくれます。

もし体調に大きな変化のあった場合には併用を直ちに中止して、別の治療法に切り替えるなどしてくれます。

フィナステリドやミノキシジルは個人輸入という方法をと言って、医者の処方せんなしでも購入はできます。

しかし以上で紹介した副作用のリスクマネージメントを自分でやるのは難しいでしょう。

ですから医者の診察を受けながら併用することをおすすめします。

(まとめ)フィナステリドとミノキシジルとの併用で効果アップ?

1.フィナステリドとミノキシジルの併用は有効です

フィナステリドとミノキシジルには、抜け毛を予防する働きと発毛を促進する働きという異なるポイントでAGA対策効果が期待できます。

このため、両者を併用した場合、相互作用でより強い発毛効果が期待できることになります。

2.日本皮膚科学会が認めたフィナステリドとミノキシジルの効果

ミノキシジルとフィナステリドの併用による効果ですが、日本皮膚科学会でもしっかり評価しています。

数あるそのほかの治療法の中でも、この2つの医薬品を使った治療だけが最高ランクのAに評価されています。

3.フィナステリドを服用しミノキシジルは塗る

AGA治療でミノキシジルとフィナステリドを併用する場合には、フィナステリドは内服・ミノキシジルは外用というのが一般的です。

ミノキシジルは内服のものもあるものの、副作用の発生するリスクが高まります。

4.副作用の心配はないの?

クリニックで治療している分には副作用のリスクなども医者が管理してくれるので安心です。

しかし個人輸入などをすると、自分でマネージメントが難しくなるので注意が必要です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。