ジェネリックのQ&AQ&A

 

子供を作るのにフィナステリドは影響がある?

 

子作りへの影響は否定できません


結婚していて、そろそろ子供が欲しいと思っている男性もいるでしょう。

その一方で、薄毛に悩んでいてフィナステリドによるAGA治療を行いたいと思っている方もいるかもしれません。

しかしフィナステリドのような医薬品を服用して子供ができた場合、何か悪影響が出るかもしれないと思うと躊躇するでしょう。

フィナステリドを服用した後で、子供ができた場合、胎児への影響はほとんどないと言って良いでしょう。

ただしその前段階の子供ができる可能性は、フィナステリドの影響でダウンする可能性は否定できないのが実際のところです。

子供のできる確率とフィナステリドの関係性に関しては、はっきりとしたデータが出ているわけではないです。

しかしもし子どもに関する栄養を少しでも少なくしたいと思っているのなら、子作りの期間中はフィナステリドの服用は控えた方が安心といえます。

もともとは前立腺の治療薬として開発されたフィナステリド

フィナステリドは最初からAGAの治療のために開発された薬ではありません。

そもそもは前立腺肥大の治療薬として開発されたのですが、臨床実験の時体毛が濃くなう人が多くなったことでAGA治療薬に転用されるようになりました。

前立腺肥大を抑制するためにフィナステリドには、男性ホルモンを抑制する働きがあります。

男性ホルモンの働きが抑えられると、いわゆる男性機能の低下が見られるかもしれません。

具体的には性欲が減退する、EDのような症状が起きる、そして精子減少が起こる可能性がある点です。

精子減少が起きれば、夜の営みがあっても受精する可能性はどうしても低くなります。

その結果、妊娠できる確率は今までよりも低下するでしょう。

精子減少の副作用ですが、フィナステリドを服用している人が誰でも起きるわけではないです。

いろいろなデータを総合すると、精子減少の影響が起こるのは全体の1%以下と言われています。

しかしそれでも子作りに悪影響を及ぼす要素を排除したければ、フィナステリドの使用は控えた方が良いでしょう。

パートナーとは話し合って方針を決めるべし

af9940059205l
フィナステリドを服用した影響として、男性機能の低下の起きる可能性があります。

性欲が高まらない、性的に興奮しても勃起しない、射精する前になえるいわゆる中折れの現象が起こるといった影響が出るかもしれません。

もしフィナステリドの影響であると奥さんに伝えておかないと、夫婦関係がギクシャクしてしまう恐れはあります。

「私は魅力的ではないのだろうか?」とか「ほかに女がいるから拒絶するのでは?」といった疑心暗鬼にさせるためです。

もし子供が欲しい、薄毛も何とかしたいと思っているのなら、フィナステリドの服用とそれにともなる副作用の危険性に関してパートナーにも相談することです。

「子供がほしいから薄毛の治療は後にしてほしい」のようなパートナーからの要望が出てくるでしょうから、その意見を聞いた上でどうするかを判断すれば良いでしょう。

このように夫婦間でしっかり話し合っておくことは、誤解や擦れ違いを生まないようにするために大事なことです。

薄毛や男性自身のことはなかなか表に出したくないかもしれませんが、後々の大きなトラブルを回避するためにはきちんと相手に伝えるべきです。

女性にはフィナステリドを服用・接触させないこと

男性がフィナステリドを服用することで、子供に影響の出る可能性は低いです。

しかし女性がフィナステリドを服用すると、胎児に深刻な影響が出るかもしれないので摂取はもちろん、触れさせないようにすることが大事です。

フィナステリドの錠剤を触っただけでも、皮膚から成分が吸収されてしまうかもしれないからです。

特に男の子の胎児の場合、深刻な影響が出かねません。

男の子は胎児の時に男性機能を男性ホルモンの力で作り出していきます。

ところがその時男性ホルモンの分泌を抑制するフィナステリドがあると、男性の生殖器をうまく成長させることができなくなるかもしれません。

このことは動物実験でも実証されています。

もし子作りをしようと思っているカップルがいたら、フィナステリドは絶対に触らないことと女性に説明をしておくべきです。

それでも相手が興味本位で触ってしまうかもしれない、床に落ちていたのでうっかり拾い上げてしまうかもしれないと不安であれば、フィナステリドの使用はしばらく注視すべきです。

1~3か月程度使用を控え、子作りに励むと良いでしょう。

(まとめ)子供を作るのにフィナステリドは影響がある?

1.子作りへの影響は否定できません

フィナステリドを服用したことで、胎児に影響を及ぼす可能性はほぼないと言っても良いでしょう。

しかし胎児の前の、子供ができる確率を少なくしてしまう影響を及ぼしてしまう可能性は否定できないです。

2.もともとは前立腺の治療薬として開発されたフィナステリド

フィナステリドは最初からAGA治療薬として開発されたものではありません。

もとは前立腺肥大の治療薬として開発されたので、男性機能を低下させる副作用の現れる可能性はあります。

3.パートナーとは話し合って方針を決めるべし

フィナステリドを服用すると、男性機能の低下という副作用が起きるかもしれません。

もしパートナーがいて子作りをしようと思っているのなら、事前にフィナステリドのことについて奥さんと相談すべきです。

4.女性にはフィナステリドを服用・接触させないこと

男性から子供への影響はないとされるフィナステリドですが、女性から胎児へは深刻な影響が出るかもしれません。

そこでパートナーの女性には服用はもちろんのこと、フィナステリドにも触れないように指導しましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。