取り扱いAGA治療薬Handling AGA remedy

フィナステリド

AGA治療薬の「フィナステリド」とは?

フィナステリドは、特有の有効成分を含むため、AGAに高い効果が期待できる製品です。

以前から薄毛改善薬は広く販売展開されていますが、ことAGAに関しては、このフィナステリドが持つ特徴的な作用機序あってこそ治療に繋げられます。

同様の有効性を持つ成分は、他にほとんど確認されていません。

そのためフィナステリドは、AGA治療における定番的な存在となっています。
また、フィナステリドは数ある薬の中でも安全性が魅力的です。

使用しやすく、注意点も少ないため、気軽に続けられます。
効果に期待でき、さらに安全な使用もしやすいフィナステリド、AGAで悩んでいるのであれば、検討して損はないでしょう。
フィナステリドの原型となった薬は、もともとAGA向けのものではありませんでした。

当初、現フィナステリドと同様の有効成分を用いて、アメリカで前立腺肥大の薬として展開されていました。

そんな中、その薬から副産物的にAGAへの有効性が発見され、研究開発の末誕生したのが、フィナステリド含有のAGA改善薬です。
そして安全性の調査や、承認等の手続きが進められ、日本で始めてAGA改善薬として最初に製品化されたのは2005年のことです。

以後、高い効果に期待できるAGA改善薬として、話題と共に多くの人が希望抱ける存在となりました。
【認知度】
AGAで悩んでいる人や、医療に詳しい人のみならず、多くの人がその名称を知っていることでしょう。

その理由には、フィナステリド錠を使用したAGA治療に対する関心の深まりが挙げられます。
通常、フィナステリドのような専門性が高い薬は、一般的に知られにくいかもしれません。

ですが近年、有名人を起用した積極的な治療院におけるCM展開や、治療の重要性を取り上げたメディアなどが増えており、目や耳にする機会も増加傾向にあります。

そのため、幅広い人が認知しているのです。
インターネット上にも関連サイトや宣伝が多く展開されており、テレビや雑誌へ目を向けない人でも自然に知ることができます。

男性ならではのAGA症状に効果が期待できる薬ですが、女性で知っているという人も少なくないことでしょう。
【種類】
フィナステリドは、数多く存在します。

最初にフィナステリド含有のAGA改善薬として発売されたプロペシアと、同薬を元としたジェネリック品各種です。
ジェネリックの場合、販売を行う企業が違ってもも、基本的に「フィナステリド錠」の商品名称で統一されて展開されているので、基本的に違いは発売元メーカー名のみとなります。

そのため、購入時には混乱しないよう注意が必要かもしれません。
ですが基本的に、いずれも含有されている有効成分は同一のものです。

期待できる効き目に関しては変わらないため、そこまで心配する必要もありません。
ただ、販売メーカーそれぞれで有効成分の含有量が異なるケースもあるようです。

人によって適正量が異なる可能性もあるため、安易な入手、使用はおすすめできません。

かならず、信頼できる機関を通して購入するよう心がけるべきです。

フィナステリドの有効成分

フィナステリドに含まれる有効成分名ですが、実は製品名と同名の「フィナステリド」です。

分かりやすい反面、情報を調べる際などに混乱する可能性もあるため、注意が必要です。
フィナステリドは、アメリカテキサス州~メキシコに自生する植物であるノコギリヤシの薬効成分を使った、化学合成品です。

科学的に生成されているとはいえ、自然由来の成分が基となっているため、安心感感じられます。
安全性の高さは、世界的に高い基準を持つ日本で厚生労働省より認可されていることから窺えます。

また日本の代表的な医療系学会においても、安全性・効果などの評価で高い水準であると認められていることも信頼に繋げられます。

統計的には、約98%で抜け毛予防・はげ症状改善効果が認められ、さらに78%で増毛実感も確認されたそうです。
安全かつ効果的な成分であるため、心配なく使用しやすい存在となっています。

フィナステリドの効果・効能

従来、育毛剤や発毛剤は血行促進や栄養面から補助する役割としてのものが一般的でした。

確かに、頭皮では多数の毛細血管が張り巡らされており、この中を通って栄養や酸素が髪に行き届きます。

そのため従来品で効果に期待することも、可能ではありました。

ですがAGAの場合、ホルモンの関係で薄毛が起こっているため、効き目を実感できる確率はそこまで高くありませんでした。
そんな中、フィナステリドはAGAの原因へ根本から作用し、発毛メカニズム上理に適った作用で働きかけてくれます。

そのため、画期的な薬として脚光浴びる存在となったのです。
最初に、AGAの仕組みついてご紹介します。

まずAGA症状が起こりはじめると、男性ホルモンのテストステロンが、5a還元酵素に結びつくことでDHTことジヒドロテストステロンへと変化します。

このDHTは、髪一本一本の根元に存在する毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体に結びつくと、髪の成長を休止させる信号を出します。

これこそが、薄毛が進行する原因です。
フィナステリドの有効成分フィナステリドには、5a還元酵素がテストステロンへ結びつかないよう阻害する作用を備えています。

すなわち、髪が休止状態へ強制的に移行してしまう状況を改善する働きがあるのです。

これにより、AGA特有の薄毛進行を抑え、さらに正常な髪の発育を取り戻すことに繋げられる訳です。

フィナステリドの処方について

フィナステリドは、臨床試験を経て有効性が確認され、さらに厚生労働省からも認可を受ける信頼持てるAGA改善薬です。

そのため、医師の処方を経て購入することが可能です。

医療のプロに適切であると判断された上入手できるため、安心感のある使用に繋げられます。

ちなみにフィナステリドを有効成分とした最初のAGA改善薬プロペシアは、世界で初めて医師処方可能な男性型脱毛症用薬となりました。
日本国内において処方してもらえる薬としては、プロペシア、そしてジェネリックのフィナステリド錠の2種類があります。

いずれも有効成分フィナステリドによって高いAGA改善効果へ期待できますが、特徴的な違いも見られるので、ぜひ覚えておいてください。
特筆すべき点としては、価格の違いが挙げられます。

ジェネリックとは、有効成分の特許期間満了後に別製薬会社で作られる、同様の効能が期待できる後発製品です。

この際特徴となるのが、研究開発の費用を製品代金に含む必要がないため、比較的安くで販売されるということです。

つまり、先発品プロペシアのジェネリック医薬品に当たるフィナステリド錠等は、より高価なプロペシアと同じくAGA改善へ役立てられるにも関わらず、金銭的負担を抑えられるということです。
いずれのフィナステリド含有薬も、薬価基準未収載薬であるため、健康保険の対象とはなりません。

薬そのものはもちろん、処方に関連した診療や服薬指導も含め、全額負担を必要とします。

決して手軽ではないため、ジェネリックの利用はとても嬉しい方法となります。

そうした面も含め、プロペシア本薬か、それともジェネリックのフィナステリド錠を利用するか、検討してみてください。

価格について

基準としては、28錠タイプが6,000円前後、140錠タイプは25,000円前後と考えておいてください。

これは、先発品プロペシアの目安金額になります。

加えて、医療費等の付加なども考えられます。

いずれにおいても保険は適用できないため、全額負担となります。
1日1錠服用を半年継続しなければならないため、少々金額的に負担も感じられるかもしれません。

ですがAGAをメカニズムから改善する希少な存在ですので、決して高すぎる額でもないといえます。

またジェネリック品であれば、より抑えた出費における継続利用も可能です。

状況に合わせ、ぜひ有効に活用してみてください。

フィナステリド服用の注意点

フィナステリドの服用方法は、1日1回、1錠を服用する形になります。

この用法用量さえ守れれば、時間帯は特に気にする必要がありません。

1日のうち、都合のよいタイミングで飲めるため、負担に感じることなく続けやすくなっています。
特徴としては、長期の継続服用が重要であることです。

一般的に、効果が確認できるまで6ヶ月の期間を要するとされています。

継続的に、有効成分フィナステリドが頭皮へ影響している状態を維持すべきであるためです。

この期間、途中で使用の休止や中断をしてしまうと、効果が薄まったり、また完全に失われたりすることも懸念されます。

気をつけましょう。
また、できる限り血中のフィナステリド成分濃度を安定できた方が望ましいです。

そのため1日1錠いつでも飲めるとはいえ、時間を決めて飲むとより良いでしょう。

フィナステリドの副作用

多くの薬は、副作用に関する注意書きが充実して見られます。

効き目の増減どころか、重大な症状に繋がるケースも懸念されるためです。
ですがフィナステリドに関しては、そこまで多くありません。

それどころか、48週間に及ぶ二重盲検比較試験においても、わずか4%程度しか発現は確認されなかったほど危険性が低いそうです。

さらに起こる症状も、性欲減退や勃起機能不全など、そこまで重大性が伴うものでもありません。

高い効果に期待できる薬でありながら、副作用の危険は少ない利用しやすい存在なのです。
ただ稀に起こる重大症状として、肝機能障害については覚えておきましょう。

国内で僅か、また国外で数例程度、確認されているそうです。

投与の中止や精密な検査が必要になる場合もあるため、違和感を抱いたら軽視することなく、早めに担当医へ相談した方が良いでしょう。

AGAジェネリックの関連記事はこちら