ミノキシジルのQ&AQ&A

 

ミノキシジルの作用機序ってどんなもの?

 

ミノキシジルの作用機序は血管を広げ血圧を下げるというものです

3a8a15f215cba640709bab39849293c7_s
AGA治療の話になると欠かせないキーワードとして登場するのがミノキシジルですが、このミノキシジルという成分の作用機序はどのようなものなのでしょうか。

ミノキシジルが投与されると血流が改善され毛母細胞にしっかりと血液が行きめぐるようになります。

結果として頭皮、毛髪の健康が良くなり薄毛治療に役立つということのようです。

ミノキシジルの作用機序は長年研究によって明らかになってきた部分もあります。

元々の始まりは血圧降下剤として用いられていたもので現在発毛のために知られている作用とは違っていたようです。

基本的に薄毛問題と血流の問題は切っても切れない関係があるので、ミノキシジルの作用機序をよく理解するならばこの成分がもたらす効果にも期待が膨らんでくるかもしれません。

AGA治療にもフィナステリド含有薬プロペシアなど様々なものがありますので、それぞれの作用機序の違いを知っておくのは助けになります。

認可を受けているミノキシジル成分

ミノキシジルという成分は最初から発毛や薄毛治療のために研究、開発されたものではありません。そもそもの始まりは高血圧の人の治療に使われていたもので、血圧降下剤として使われるために開発されました。

開発したのはアメリカの会社で、様々な臨床試験で用いられていました。

その経過の中で副作用として多毛症という症状が多数報告されて、その結果頭髪に用いる外用薬として用いられるようになりました。

フィナステリドなどと同じでミノキシジルも厚生労働省からきちんと認可を受けています。

健康の面でも薄毛治療の面でも色々と聞きなれない横文字が並んでいることが多いので、どんな成分や製品が認可を受けているものなのか当惑することがあると思います。

口コミや大げさな評判だけで信じるのはこわいという方が多いと思いますので、こうしたバックグラウンドや認可の有無などはしっかりチェックしておきたいものです。

海外ではミノキシジル高濃度の製品や内服薬も認可を受けていますが、まだ日本ではそこまで多くの製品が認可を受けているわけではないようです。

外用薬と内服薬の違い

c12c4ea739106840f2b8bb1d25f88b87_s
さて、ひとくちにミノキシジルといっても、外用薬と内服薬でその効果のほどはかなり違いがあるようです。

外用薬はその名の通り頭皮に外側からつけるので効率としてはあまり良いわけではないようです。

内服薬は体内から血液を通して運ばれるので当然効果が出やすいと言われています。

しかし逆に副作用のことを考えると、効果の出やすい内服薬は副作用も出やすいと言われています。

こうした高濃度のミノキシジル製品や内服薬は海外の製品で人気のものがありますが、基本的に危険なレベルのミノキシジル濃度は使われておらず、きちんと各国で認可がおりていますので、過度に副作用を心配する必要はないと言われています。

しかし効果の程と同様副作用の出方も個人差がかなりあるので個人で十分に注意が必要です。

そもそもミノキシジルが血圧降下剤としての用いられていたことを踏まえると低血圧の方などは使用に関しては十分に慎重を期することが大切です。

自分ですべてを判断するよりも専門家に相談するほうが安心でしょう。

正しい生活習慣とミノキシジルで薄毛に対処する

気をつけたいのは自分の体質や抱えている持病などだけではありません。

ミノキシジルの成分はあくまで身体が本来持っている循環や力を促進させ、適正に働く手伝いをしてくれるだけですので、ミノキシジルが含まれる製品を使っていればそれで薄毛対策はバッチリだと思ってはなりません。

身体が本来持っている血流などの仕組みがうまく働くためには日頃から体調を整えておく必要があります。

血行をよくするためには良質の睡眠をとることや、規則正しく健康的な食習慣を培うことが大切になってきます。

また忙しい現代人にはチャレンジとなりますが、定期的な運動や筋トレも代謝を良くし、血行を改善することに役立ちます。

このように体調や習慣を整えつつ、ミノキシジルの成分を利用することによってこの成分の効き目を促進できるように努力したいものです。

また心臓、腎臓、肝臓に疾患を抱えている方や、慢性的に低血圧の問題を抱えている方などは基本的にミノキシジルの利用はおすすめできませんので、そのような方で薄毛問題に対処したい方は別の対処方法を選ぶようにしましょう。

(まとめ)ミノキシジルの作用機序ってどんなもの?

1.ミノキシジルの作用機序は血管を広げ血圧を下げるというもの

ミノキシジルの作用機序としてはまず血管を広げて血圧を下げるというもので、元々は血圧降下剤として用いられていたものが、副作用の多毛症に目を付け、薄毛治療に用いられるようになったという背景があります。

2.認可を受けているミノキシジル成分

世の中には色々な効能を謳った成分が多くありますが、なんでもかんでも信じ込んでいいわけではありません。

ミノキシジルはアメリカでも日本でもきちんと認可を受けている成分です。

3.外用薬と内服薬の違い

海外ではミノキシジル濃度の濃い製品や内服薬も人気があります。

内服薬は効き目が強く期待できる分、副作用の可能性も外用薬に比べて高くなるので、ミノキシジル成分の投与による急激な血圧の低下などに関して注意が必要です。

4.正しい生活習慣とミノキシジルで薄毛に対処する

結局薄毛に対処するためには薬任せではなく、自分自身の生活習慣を整え身体のシステムが活発に機能するようにする必要があります。

内臓器官に疾患を抱えている方や低血圧の問題がある方は利用が難しいことがほとんどのようです。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。