ミノキシジルのQ&AQ&A

 

ミノキシジルに発毛効果があるとされた由来は?

 

ミノキシジルに発毛効果があるとされた由来はその副作用にあります


ミノキシジルが脱毛症の治療薬として使用されるようになった由来は、副作用にありました。

開発当初は、高血圧の方に対して、血管を拡げて血圧を下げる降圧作用が目的でした。

ところが、ミノキシジルを服用した方たちに、その副作用として多毛症がみられ、これがミノキシジルが脱毛症治療薬として使用されるようになった由来です。

これを由来に、ミノキシジルを脱毛治療薬とする開発が進み、現代のように内服薬、また外用薬として脱毛に悩む方たちに使用されるようになったのです。

ミノキシジル開発の目的は血圧を下げることでした

ミノキシジルは、1960年代に開発された薬であり、当初の目的は高血圧の治療でした。

血圧上昇の理由や薬による治療方法にはさまざまありますが、ミノキシジルの場合には細くなってしまった血管を拡げ、心臓から拍出される血液に対して血管抵抗を下げることで、血圧を下げようとする作用を持っています。

ところが、ミノキシジルを服用し始めた方々から、「毛が濃くなった」という多毛症の症状がみられるようになりました。

これにより、脱毛症に対する治療効果があるものと考えられ、研究・開発が進むようになり、現代のように脱毛症に対する治療薬として使用されるようになりました。

ミノキシジルが持つ血管を拡げる作用は、毛根にある毛母細胞周辺の血管も拡げることで毛母細胞への血流を促進、細胞分裂を活発化させることで脱毛を回復させようとするものです。

ミノキシジルには、タブレット(内服薬)と頭皮に塗るタイプ(外用薬)とがあります。

日本においては、タブレット(内服薬)は認可されておらず、頭皮に塗るタイプ(外用薬)は認可され、一般の薬局などでも購入することができます。

ミノキシジルには副作用があります


病気に対する治療を目的に処方される薬では、どのようなものにも必ず副作用があります。

薬の副作用を知り、理解してくことは、薬を選ぶうえで非常に重要ですし、突然体に自覚症状が現れた際に、その原因の見当をつけることが可能です。

ミノキシジルも、外用であっても薬に変わりはありません。

そのため、どのような副作用が出現するのかを理解しておくことが重要です。

ミノキシジルの副作用として、血圧の変動があります。

元々、血管を拡張して高血圧を治療する目的で開発されたお薬ですから、副作用として血圧の低下が副作用として出現します。

血圧が低下すると、中枢(脳)への血流が低下する場合があり、その症状としてめまいや眠気、頭痛などの症状がみられるようです。

また、ミノキシジルの外用薬の最も一般的な副作用としてあげられるのが、頭皮のかゆみです。

これは、ミノキシジルの基礎となっている成分に対するアレルギー反応としてあらわれます。

このほかにみられる副作用としては、頭皮の炎症や湿疹、急激な体重増加や浮腫みなどです。

ただし、ミノキシジルを使用しているすべての方に副作用がみられるわけではないようですし、全ての副作用と思われる症状がミノキシジルによるものという確証もないようです。

また、副作用とは少々異なりますが、ミノキシジルを外用薬としても使用している方は、献血が禁止されています。

これは、もし献血した血液の中にミノキシジルの成分が含まれていて、この血液がお腹に胎児のいる妊婦に輸血された場合、お腹の中にいる胎児に悪影響を及ぼすことがあるためです。

献血前の問診においても、ミノキシジルを使用しているか否かの問診項目があります。

薄毛にはストレスも関係しています

ストレスを感じると、抜け毛が増えたり薄毛になといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。

恒常性を維持するために、人には自律神経が備わっています。

この自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、人はストレスを感じると、交感神経が緊張し、亢進した状態になります。

交感神経の緊張は、血管壁にある血管平滑筋を収縮させ、血管を細くする作用があるのです。

また、ストレスによって交感神経が緊張すると、血液中の水分にあたる血漿成分が減少、脱水のような状態を引き起こすため血液はドロドロになり血液粘着度が上昇、さらに血液の流れが悪くなります。

このようにストレスによって血行が不良となると、毛母細胞への酸素や栄養の補給が阻害されるために、毛が細くなったり抜け毛が増えたりするようです。

ミノキシジルなど薬での対策も重要ですが、ストレス対策などを併せて行っていくことが大切です。

(まとめ)ミノキシジルに発毛効果があるとされた由来は?

1.ミノキシジルに発毛効果があるとした由来は副作用にあります

ミノキシジルが脱毛症治療薬として使用されるようになったのは、使用者にみられる副作用としての多毛症がヒントでした。

日本においては内服薬は認可されておらず、主に外用薬として使用されています。

2.ミノキシジル開発の目的は血圧を下げることでした

ミノキシジルは、毛細血管を拡張させる作用があり、毛根にある毛母細胞への血流も改善、栄養素や酸素の供給を増やすことで脱毛を回復させようとする医薬品です。

日本では頭皮に塗るタイプ(外用薬)のみ認可されています。

3.ミノキシジルには副作用があります

ミノキシジルの副作用として最も一般的なのは、頭皮のかゆみです。

また、元々が血管を拡げる作用をもつお薬ですので、血管が広がることで血圧が低下するといった副作用もあります。

4.薄毛にはストレスも関係しています

人がストレスを感じると、自律神経のうちの交感神経が緊張します。

すると、血管を収縮させて補足したり、血漿成分を減少させたりすることで血流が不良になります。

結果、毛母細胞への酸素、栄養素の供給が不良となり、抜け毛が増えたり薄毛になったりするようです。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。