ミノキシジルのQ&AQ&A

 

ミノキシジルを使用すると前立腺に影響は出るのか?

 

用法を守れば多くの場合は問題ありませんが、稀に前立腺炎になる方もいます


ミノキシジルにはフィナステリドという成分が使用されており、AGA改善に期待が持てます。

安全性の高い薬として知られており、比較的副作用は少ないです。

しかし、副作用の心配がまったくないというわけではありません。

起こりうる副作用の1つとして、前立腺炎があります。

発症するケースは稀ですが、使用して症状が出る方はいます。

ミノキシジルは男性ホルモンの抑制により頭皮状態を改善します。

男性ホルモンを作る男性器の近くには前立腺がありますので、ホルモンバランスの乱れにより前立腺炎になってしまうことがあるのです。

ただし副作用の発症確率はとても低く、正しい用量と用法を守り、ホルモンを必要以上に抑制しないようにすることで、前立腺炎の副作用を防ぐことができるでしょう。

前立腺炎になった場合には複数の症状が出ます

ミノキシジルを使用して、副作用として前立腺炎になった場合は、以下のような症状が出ます。

  • 精力減退
  • けだるい
  • 疲れやすい
  • 股間の違和感

前立腺が炎症を引き起こしますが、直接目に見えるような症状ではなく、違和感などが起こります。

見えないような症状でも、違和感や精力減退で炎症になっていることは実感できるでしょう。

場合によっては腫れるようなこともあり、痛みも伴います。

痛むような場合は、陰部や下腹部に痛みを伴い、ムズムズする程度から症状が悪化すると激しい痛みまで、その痛みの頻度も人により違います。

炎症を起こしていますので、精液に血や膿が混ざっているようなこともあり、これは目に見える症状です。

残念ながら前立腺炎は自然治癒することはなく、放っておくとそのまま症状が続くだけです。

もしもミノキシジルを使用して、副作用として前立腺炎の疑いがあるような症状が出たなら、速やかに使用を止めるべきです。

使用を続けると、症状を悪化させる危険もあり、前立腺炎の治癒を遅らせてしまうこともあります。

前立腺炎になったら専門の病院へ行きましょう


ミノキシジルの使用で前立腺炎の兆候が見られたら、速やかに服用を中止し、専門の病院で検査してもらうべきです。

前立腺炎は症状が軽い場合は、不快感程度であり痛みもほとんどありません。

これが悪化すると腫瘍が出来たり、前立腺癌に発展したりしてしまいます。

悪化しないようにするためにも、早めに医者に行って早期対処が重要であり、対処が遅れれば遅れるほど、治療にも時間がかかります。

病院へ行くと、検査としては直腸に手を入れて触診する方法があり、同時に前立腺マッサージも施されることがあります。

前立腺炎と診断されれば、手術は行わず基本は抗菌剤の投与で治療します。

抗菌剤にはいくつかの種類がありますので、その人に適した物を投与し、様子を見ます。

最終的には尿検査を行い、それにより完治したかどうかを確認します。

必ず症状の兆候やはっきりした現象が出ているなら、恥ずかしがらずに医者に行きましょう。

医者に行くのが遅くなればなるほど、治療も長引き大変です。

前立腺炎を防ぐには用法用量を守ることが必要です

ミノキシジルを使用して前立腺炎になるのは、ホルモンバランスが崩れるせいです。

前立腺炎を予防するためには用量用法を守り、必要以上に使用しないことを心がけましょう。

いくら効果を高めたいからと言って、決められた量を超えて服用すると、副作用のリスクを高めてしまいます。

どんなに多く使用しても、育毛効果が高まることはありません。

生活習慣などによっても前立腺炎が発症することがありますが、これはミノキシジルとの関連性は一切ありません。

もしも薄毛で悩んでおり、ミノキシジルを試したいと考えている人で、使用に不安があるという方は、まずはAGA専門医院に行って相談すると良いでしょう。

ミノキシジルは個人で買うことも出来ますが、副作用の心配をするなら医師に相談の上で服用すべきです。

医師に相談すると、どのように使用すればいいかなども細かく教えてくれます。

万が一の時もすぐに相談できて頼れるので、安心して使用できるでしょう。

(まとめ)ミノキシジルを使用すると前立腺に影響は出るのか?

1.用法を守れば多くの場合は問題ありませんが、稀に前立腺炎になる方もいます

ミノキシジルを使用すると、発症ケースは稀ですが前立腺炎になる方がいます。

発毛を促すために男性ホルモンを抑制するはたらきのある薬ですが、ホルモンバランスを崩すことによって前立腺炎を発症します。

2.前立腺炎になった場合には複数の症状が出ます

前立腺炎になった場合は、精力減退やけだるさや疲れやすい、股間の違和感といった症状が出ます。

下腹部に痛みを伴うこともあり、残念ながら自然治癒はしませんので、病院での治療が必要となります。

3.前立腺炎になったら専門の病院へ行きましょう

前立腺炎になったなら、一刻も早く病院へ行って治療を行いましょう。

早めに行くほど治療も短くなり、手術はせず薬での治療をしますので、痛い思いもしないで治療が出来ます。

4.前立腺炎を防ぐには用法用量を守ることが必要です

ミノキシジルでの副作用としての前立腺炎は、ホルモンバランスが崩れるために発症します。

そのために必ず用量用法を守り、必要以上に服用しないことが、前立腺炎を防ぐための方法です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。