ミノキシジルのQ&AQ&A

 

ミノキシジルは飲酒の影響を受ける?

 

ミノキシジルの服用中に飲酒をすると血圧低下による体調不良を起こすことがあります


ミノキシジルはアメリカで高血圧の薬として使われていました。

血圧降下剤という内服薬で、血管を拡張して血流をスムーズにすることで血圧を抑えることができるというものです。

一方でアルコールも血圧を下げる作用を持っており、ミノキシジルとの併用で血圧低下による体調不良のリスクがあると言われています。

ミノキシジルには外用薬と内服薬のミノキシジルタブレットがありますが、特に効果が高いと言われるミノキシジルタブレットでは注意が必要とされています。

また、基本的に飲酒は薄毛にあまり良くないので、日頃からほどほどに抑えることも大切です。

ミノキシジルの本来の効果は血圧降下剤です

ミノキシジルは、そもそも高血圧の処方薬として研究されていたもので、アメリカでは血圧を下げるために用いられていました。

その過程で薄毛の改善にも効果があることが分かっていき、日本では今のような薄毛治療に使われるようになったのです。

ミノキシジルの働きは、血管を拡張して血圧を下げることです。

強い血管拡張作用によって毛細血管まで拡張し、さらに新しい毛細血管を増やすことで血流をスムーズにできると考えられています。

薄毛を改善するのは、血流が改善されることで髪の毛に栄養を届けやすくなるというメカニズムです。

しかし、その血圧への作用は飲酒によるアルコールにも含まれており、ミノキシジルの服用中に飲酒をすると血圧低下によって体調を崩すこともあります。

飲酒だけでなく、もともと血圧が低かった人にも同様のリスクが起こります。

飲酒のアルコールとミノキシジルには同様の作用があります


飲酒によってアルコールを摂取すると、血圧は一時的に下がります。

アルコールの働きは複雑であり、ずっと血圧が下がっているわけではありませんが、ミノキシジルと同時に摂取することでそれぞれの血圧を下げる効果が大きく表れてしまうと、体調を崩す恐れがあります。

飲酒による血圧の低下は、アセトアルデヒドという物質が関係しています。

アセトアルデヒドは、肝臓でアルコールを代謝する時に出るもので、二日酔いなどの原因です。

これが血圧の低下や脈拍の増加などを引き起こします。

ミノキシジルも血圧を下げる薬なので、同時に摂ると相乗効果で気分が悪くなるなどの体調不良を起こしてしまうと考えられます。

また、アルコールの血圧の低下に関係するアセトアルデヒドという成分は、男性型AGAの原因となるジヒドロテストステロンを増やす作用があるとされています。

飲酒はほどほどであればストレス解消などに役立ちますが、基本的には薄毛対策に良い影響はないと考えておいた方が良いでしょう。

特にお酒に弱く、飲酒ですぐに赤くなる人はアセトアルデヒドの量が多くなる恐れがあり危険性が高いです。

ミノキシジルタブレットは外用よりも効果的ですが飲み方には注意が必要です

ミノキシジルには、頭皮に直接塗布するタイプの外用薬だけでなく、内服薬もあります。

内服薬はミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれており、外用薬と比較するとより高い効果が期待されています。

内服薬のミノキシジルタブレットは、体内の血液中のミノキシジル濃度を一定に保つことができます。

その分、飲酒によるアルコールの影響も受けやすくなり、血圧降下で体調不良を起こしやすくなるため、飲み方には注意が必要です。

また、飲酒も服薬も同じように肝臓に負担をかけるものなので、服薬中に飲酒しすぎると肝機能も衰えるリスクが出てきます。

ミノキシジルタブレットは1日1回から2回、基本の用量は5グラムとなっています。

朝晩に飲む場合には、夜飲酒しながら飲むことは避けた方が良いでしょう。

(まとめ)ミノキシジルは飲酒の影響を受ける?

1.ミノキシジルの服用中に飲酒をすると血圧低下による体調不良を起こすことがあります

ミノキシジルはもともとが血圧を下げるために作られた薬なので、副作用として血圧が下がることがあります。

飲酒によるアルコールの摂取でも同様のことが起こる可能性があり、同時摂取で体調が悪くなることもあるようです。

2.ミノキシジルの本来の効果は血圧降下剤です

ミノキシジルは本来アメリカで使われていた血圧を下げるための薬です。

そのため、もともと血圧が低い人や飲酒で血圧が下がった時にミノキシジルを服用すると血圧が下がってしまい、体調を崩すことがあります。

3.飲酒のアルコールとミノキシジルには同様の作用があります

飲酒によって体内に入ったアルコールは一時的に血圧を低下させます。

ミノキシジルにも同様に血圧を下げる効果があるため、同時に摂取すると相乗効果が出る恐れがあります。

ただし、アルコールには育毛の効果はなく、反対に薄毛を悪化させる物質を増やします。

4.ミノキシジルタブレットは外用よりも効果的ですが飲み方には注意が必要です

ミノキシジルには頭皮に直接塗布する外用薬と内服するミノキシジルタブレットがあります。

ミノキシジルタブレットは外用薬よりも効果が高いとされていますが、その分飲酒によって血圧が下がり体調不良を起こすリスクも高くなります。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。