大半の東京のクリニックではプロペシアの処方が可能

東京で薄毛治療ならプロペシアを処方してもらえる専門クリニックへ!

今や薄毛は病院で治療する時代。そうです、「治療」ができるのです。
一人で悩んでいるだけでは症状は進行していく一方。進行を食い止めて症状を改善させるためにも、早めの治療をおすすめします。
現在は全国にAGA専門のクリニックが多数展開していますが、中でも東京のクリニックの数はトップレベル。薄毛の治療薬として人気の高いプロペシアを処方してくれるところも、もちろんあります。人気の薄毛治療薬・プロペシアの効果や東京でおすすめのクリニックなど、気になる情報をまとめてみました。

東京のクリニックでも人気が高いプロペシア

まずは、東京のAGA専門クリニックで処方してもらえることの多い「プロペシア」について説明していきます。

どんな薬?

薄毛の治療薬というと地肌に塗布するタイプをイメージしますが、これは飲み薬。アメリカの製薬会社である「メルク社」によって開発されました。初めは前立腺肥大症という病気の治療薬として開発していたのですが、服用者から「抜け毛が減った」「髪が増えた」といった副作用の報告が多く寄せられたのです。アメリカにおいて、1992年には前立腺肥大症の薬として認可されていましたが、その後1997年にAGA治療薬としても認可を受けました。

日本でプロペシアが認可されたのは、それからさらに8年後の2005年のこと。現在では日本においても、薄毛治療に欠かせない薬のひとつとなっています。

有効成分について

プロペシアに含まれる有効成分は「フィナステリド」というもの。「5α還元酵素Ⅱ型」の働きを抑えてくれる作用があります。
まず5α還元酵素Ⅱ型についてですが、これは元から人間の頭皮に存在しているもので、男性ホルモンをさらに強力にするという働きを持ちます。強力に進化した男性ホルモンには、髪の毛の生え変わりのサイクルを乱してしまうという厄介な作用があり、これが男性型脱毛症を引き起こしているのです。
そこで、フィナステリドの力を借りて5α還元酵素Ⅱ型の働きを弱め、強力な男性ホルモンを作りすぎないようにしてあげます。髪の生え変わりのサイクルに影響を与えないレベルに抑制することで、だんだんと薄毛が改善していくというわけです。

ジェネリックはあるか

プロペシアにはジェネリック医薬品が存在します。国内で認可を受けているのは、プロペシアの有効成分である「フィナステリド」の名称で販売されているものがそうです。ジェネリックも含まれている有効成分はフィナステリドであり、効果に差はありません。多くのクリニックで取り扱いがあるので、医師に訪ねてみるといいでしょう。

プロペシアの正しい服用方法

AGA治療に効果を発揮してくれるプロペシアですが、十分な効果を引き出すためには正しく服用することが絶対。いくつか守らなければならない服用のルールがありますので、確認していきましょう。

飲むタイミング

飲むタイミングは決まっていません。いつでも好きなときに服用して問題ないです。
食前食後どちらでも構わないですし、過度でなければ飲酒もOK。ただし、飲み忘れてしまうことがないように、服用する時間を決めてしまうのがおすすめです。

守るべきルール

・1日1回以上飲まない
→多めに服用すればより効果が出る薬ではありません。肝臓に負担を掛けてしまうだけです。また、飲み忘れに気付いた場合でも、2錠まとめて服用しないように注意しましょう。1日忘れたくらいでは、さほど効果に影響は出ないです。

・割って飲まない
→錠剤を割ることで成分が粉となって空気中を舞い、他人が吸い込んでしまう可能性があります。もし吸い込んだのが妊婦であると、胎児に悪影響を与えることに。自分以外の人の体内に吸収される可能性のある行為は絶対に避けて、しっかりと保管するようにしましょう。

・途中で服用をやめない
→効果を実感するためには、根気よく継続することが必要。早い人だと3か月ほどで効果を実感できますが、本来効果が出始めるのは服用から6か月が経った頃です。最低でも6か月以上、継続して服用しましょう。途中でやめてしまうと有効成分が身体から抜けてしまい、薄毛がまた進行し始めます。

このように、プロペシアは飲み方の難しい薬ではないです。ですが、体質や過去に患ったことのある病気によっては少し飲み方を考えなければならない場合もあるでしょう。必ず医師の指導の下、服用するようにしてください。

プロペシアはクリニックで処方してもらう

ロペシアは、副作用がまったくないわけでも飲み合わせの悪い薬がないわけでもありません。だから、クリニックで処方してもらうべき薬です。
最近はWEBを利用した「個人輸入」を利用して、気軽にこの類の薬を購入できるようになっていますね。しかし、先述した通り副作用やほかの薬との組み合わせには注意しなければなりません。さらに、まったく効果のない偽物が出回っているということで問題になっています。「安く買える」「クリニックに行くのが面倒」といった安易な気持ちで個人輸入に手を出すのはおすすめしないです。飲み方を間違えて健康被害が出たり、偽物を購入してしまって何の効果も得られなかったりしてからでは遅いですよ。

きちんと国内正規品を取り扱うクリニックで、医師の診断を受けたうえで処方してもらいましょう。

東京エリアでAGA治療が得意なクリニックはここ!

ここで、AGA治療を得意とする東京のクリニックをいくつか紹介したいと思います。いずれも、プロペシアやフィナステリドの取り扱いのあるクリニックです。

イースト駅前クリニック 新宿院

国内正規品のみを取り扱う安心のクリニック。しかも初診料・再診料ともに無料で、薬代だけで処方してもらうことができます。

住所 東京都新宿区新宿3-23-4 第3大谷ビル3F
最寄り駅 JR新宿駅 東口より徒歩2分
休診日 無し
診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
午前 10:00~14:30 10:00~18:00
午後 15:30~20:00

新宿 AGA クリニック

内服薬の処方だけでなく、外用薬やメソセラピーも充実。無料で画像診断やカウンセリングを受けることができます。

住所 東京都新宿区西新宿 7-20-2 愛美堂ビル 7階
最寄り駅 西新宿駅より徒歩1分、新宿駅より徒歩4分
休診日 無し
診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
午前 11:00~20:00
午後

イースト駅前クリニック新宿院も新宿AGAクリニックも、ジェネリックであるフィナステリドの処方が可能です。また、イースト駅前クリニック新宿院は予約不要なので、思い立ったときにフラっと寄ることができます。

薄毛は専門のクリニックで改善しよう!

東京でAGA治療を行っているクリニックの中には、掛かる費用が薬代のみというところもあります。問診にさほど時間が掛かるわけでもなく安全性を確保できるのですから、プロペシアやフィナステリドを処方してもらうなら断然クリニックがおすすめ。
薄毛の改善のために治療を始めるなら、やっぱり早ければ早い方がいい。まずは専門医に相談することから始めてみましょう!