取り扱いAGA治療薬Handling AGA remedy

プロペシア

AGA治療薬「プロペシア」とは?

プロペシアとは、AGAの治療に使われる薬です。フィナステリドという名称で取り扱われることもあります。

もともとは、前立腺がんや前立腺肥大用の治療薬として用いられていましたが、AGAの症状抑制にも効果があることが研究結果で明らかになりました。抜け毛防止や育毛効果が期待される薬のため、本来、プロペシアは発毛作用があるわけではありません。

しかし、臨床試験の結果を見ると、服用者の中には発毛作用が認められる人もいます。一定の発毛効果が期待できると考えることもできます。

AGAに効果を発揮するプロペシアは、円形脱毛症や放射線治療によってできた脱毛を改善することはできません。そのため、服用する際には自分の抜け毛の原因を理解する必要があります。プロペシアの研究は1983年に始まりました。

前立腺治療用の薬として開発され、1992年にアメリカFDAから認可が下ります。その後、前立腺治療のために臨床試験を続けた結果、多くの患者から髪が生えてきたという副作用報告を受けました。

そこで、AGA治療のために研究が進み、1997年に認可が下りるのです。日本国内では、AGA治療のために1年間の臨床試験が行われます。そして、2005年10月に厚生労働省から認可されました。

現在は、飲む育毛剤として医療機関で処方されています。

その後、約10年にわたってAGA治療患者が服用する、定番の治療薬となりました。プロペシアは、フィナステリドという成分を中心に構成された前立腺治療薬です。

アメリカのメルク社が1992年に開発した当時、プロスカーという名称でアメリカの認可を受けました。その後、1997年になるとAGA副作用の治療薬として、今度はプロペシアとしてアメリカFDAから認可を受けます。

日本でもプロペシアは同様の名称で認可され、医療機関で処方されている服用薬の名称です。

さらに、2015年にはAGAの原因である男性ホルモンの生成を阻害する、デュタステリドという成分を使ったザガーロという治療薬が登場しました。

名称は違いますが、こちらもAGA治療用に用いられる内服薬です。プロペシアは、アメリカのメルク社が1997年に販売を開始して以来、約20年経過しているAGA治療薬です。

薄毛治療をするにあたって、必ずといっていいほど処方される治療薬であり、現在、日本を含めて世界60カ国以上で販売されていることから、プロペシア自体に高い知名度があると言えます。

日本国内ではMSD社(旧・万有製薬)が2005年に販売を開始しました。世界的な製薬会社が販売していることやTVコマーシャルで展開していることを考えると、国内での知名度は高いと考えてよいかもしれません。
現在、プロペシアは1種類の正規品と3種類のジェネリック医薬品があります。「プロペシア」が正規品です。

海外でも一般的に流通しているため、高い安心感がある治療薬だと言えます。

また、ジェネリック医薬品のほうは、「フィンペシア」「エフペシア」「フィンカー」の3つがあります。これらは、いずれもインドのシプラ社が開発しました。ジェネリック医薬品の中では、エフペシアの販売数量が最も多いと言われています。

プロペシアの有効成分

AGA治療において、プロペシアには有効成分が含まれています。これは、フィナステリドと呼ばれる成分です。フィナステリドは、どのような作用をもたらし、AGA治療を進めるのかを見てみましょう。

人間の身体には、男性ホルモンの一種をDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる酵素(5αリダクターゼ)があります。この酵素が男性ホルモンを変形させた結果、皮脂が過剰に分泌し、頭皮の毛穴を詰まらせてしまいます。すると、頭皮の環境が悪化してしまい、毛髪の成長が止まってしまうのです。

フィナステリドは、酵素が男性ホルモンをDHTに変化させず、本来の毛髪の成長を維持するはたらきがあります。AGAの原因を根治するため、高い確率で頭髪の育毛が期待できるのです。

臨床試験では、およそ60%の人に効果があったとされています。

主な効果が期待できるのは薄毛の進行を食い止めることですが、発毛自体の効果は低いというのが一般的な見解です。フィナステリドを服用すると、一時的に弱くなった頭髪が抜け落ちることがあります。

しかし、新たに健康な髪の毛が生えてくるための準備です。諦めずに服用すると、強くて元気な頭髪に生まれ変わることが期待できます。

プロペシアの効果・効能

世界中で使われているプロペシアは、AGA治療のためには一般的な治療薬です。進行を食い止める効果が高いとされていますが、どのような治療法がよいのでしょうか。

まず、プロペシアは単体でも抜け毛防止や育毛効果をもたらすとされています。そのため、周囲には気付かれておらず、自分では薄毛が気になる程度の時期であれば、薄毛の進行をストップすることが可能です。

臨床試験では発毛効果が認められているプロペシアですが、本来の効果ではありません。もし、AGAが進行している場合、ほかの育毛剤を併用して治療すると発毛効果が増すと考えられます。

そこで、ミノキシジルを使うのが効果的です。ミノキシジルは、元々高血圧用の服用薬として使われていました。

しかし、発毛作用が高いことを発見した医療関係者によって、AGA治療の研究が進められたのです。プロペシアで薄毛を食い止め、ミノキシジルで発毛を促すことで効果が期待できます。

ただし、プロペシアとミノキシジルの併用によって、副作用が出たという例もあるようです。この点に留意し、医療機関で医師と相談しながら服用するようにしましょう。

プロペシアの処方について

プロペシアは、日本国内では2005年から販売が始まっていますが、医療機関以外の処方以外は認められていません。

そのため、AGA治療を行う病院で受診する必要があります。

AGAは前頭部と後頭部毛が細くなることが特徴です。頭髪を簡単に診ますが、診察がしやすいことから、診察時間は短い傾向があります。診察の際、ほかの薬との併用による副作用のリスクがあるので、問診時に申し出るようにしましょう。

プロペシアの処方ができない人もいます。

たとえば、20歳未満に対する処方は、安全性や有効性が確立されていないという問題があります。そのため、2015年現在、未成年に対してプロペシアの処方は認められていません。

また、あくまでもAGAは男性型の脱毛症です。女性には効果がないと考えられているため、プロペシアを処方することはできません。とくに、妊娠中や授乳中の女性は、男性胎児の生殖器の発達に影響を与える恐れがあるので服用禁止です。

プロペシアにはジェネリック医薬品もあります。

2015年にファイザー株式会社からジェネリックが発売され、2016年には沢井製薬株式会社とクラシエ薬品株式会社からジェネリックが発売されています。
なお、プロペシアやその他ジェネリック医薬品は健康保険の対象外のため、自費診療の治療となります。

医療機関に保険証を提出する必要はありません。

価格について

薄毛の進行を食い止める効果が期待されるプロペシアですが、価格はどれくらいになるのでしょうか。診療費から処方箋の代金まで、平均的な価格について見てみたいと思います。

まず、AGA治療にあたってのカウンセリングは無料というケースが多いようです。初診料は無料から5,000円程度が一般的な相場と考えられます。

薬の代金は、約1か月で5,000円から15,000円程度と幅広く、医療機関への診療と合わせた総額では、5,000円から20,000円までと開きがあるのが現状です。プロペシアおよびAGA治療の料金が異なる理由は、自由診療だからです。

AGAは生命の危機に直接影響するものではないことから、生きるという意味では治療しなくても問題ありません。治療するか否かは本人が決めることになります。そのため、医療機関側もそれぞれ料金を決めるのです。

プロペシアに代わるジェネリック医薬品も登場しています。

医療機関によっては提供している可能性もあるため、AGA治療の料金を抑えたい方は、事前に取り扱いの有無を確認しておくことがおすすめです。医療機関の料金によって、処方されるプロペシアの質が変わるわけではありません。

診療や薬にかかる料金のほか、医療機関への通いやすさや医師の対応などを調べ、どこで治療を受けるかを決めるとよいでしょう。

プロペシア服用の注意点

プロペシア錠には適切な服用方法があります。どのような飲み方が正しいかを確認してみましょう。

まずは、6か月間を目安に1日1回内服します。大体3か月から半年程度で効果が実感できると言われているため、適切に服用しているのに効果が出ない場合は、処方してもらった医療機関で相談してください。

次に、飲みづらいからと言って割って服用しないでください。プロペシアは錠剤によってコーティングされており、その状態で臨床試験が行われているからです。もし、割って飲んだ場合の安全性や有効性は確立されていません。

副作用のリスクもあるため注意しましょう。

プロペシアの服用中は献血することができません。もし、献血をする場合、服用中止から1か月は間を空けてください。

また、前立腺がんの検診を受ける場合も注意が必要です。プロペシア服用中は前立腺がんの基準で用いられるPSA値がおよそ半減するため、事前にがん検診を行う医師に申し出るようにしましょう。

プロペシアの副作用

プロペシアはAGA治療に役立つ治療薬です。

しかし、服用中に副作用が発生するケースも考えられます。

まず考えられるのは肝機能障害のリスクです。プロペシアを服用している人のうち、AST(GOT)やALT(GPT)、γ-GPTといった数値が上昇したという報告もあります。

たとえば、黄疸や発熱、食欲不振といった自覚症状が考えられます。定期的に血液検査を行い、肝機能に問題がないかをチェックしておくと安心です。

性欲減衰や精液の質の低下、EDのリスクもあります。男性ホルモンのはたらきと関係する治療薬のため、男性機能に影響があるかもしれません。

また、服用開始後に睾丸が痛む可能性もあると言います。

肝機能障害や男性機能以外の症状として、じんましんや発疹といった皮膚の過敏症も考えられます。そのほか、抑うつ症状やめまいといった症状が出るケースもあるようです。

もっとも、性欲減衰は多くても5%未満、その他は頻度不明のため、ごく稀に症状が出る可能性があるという程度です。

通常どおりに服用していても、副作用が出るリスクは低いと考えてよいでしょう。ただし、万が一これらの症状が出た場合、速やかに医療機関を受診してください。

プロペシアの関連記事