プロペシアのQ&AQ&A

 

プロペシアの処方にあたり医療費控除は適用されるの?

 

プロペシアは医療費控除の対象になりません

imasia_13207816_L
医療費に保険が適用できれば、場合により3割程度の支払いで済むため、ありがたく感じられます。

特に頻繁な通院や薬の処方を必要としている人は、医療費控除がなければかなり困ってしまいます。

高いからといって、健康にかかわる支払いであるため、節約する訳にもいきません。

AGA改善に効果が期待できるプロペシアは、基本的に6ヶ月間の連続使用が必要です。

1日1錠の服用ですが、約半年にも及ぶ服用となるため、やはり医療費控除が適用されるかは気になるところでしょう。

ですが基本的に、プロペシアは医療費控除されないというのが実際のところです。

検討時には、そのことも踏まえて考えるよう気をつけましょう。

プロペシアはどうやって手に入れられるの?

プロペシアの入手ルートは、主に二つあります。

まず一つが、男性型脱毛症の診療を行う病院で処方してもらう方法です。

細かく考えれば、院内処方されるか、もしくは処方箋を出してもらい薬局で受け取るかの2種類にも分かれます。

いずれにおいても、医療機関から直接購入できるため、高い信頼性が感じられます。

そしてもう一つが、個人輸入品を取り扱う通販業者へ注文する形です。

こちらに関しては、いくつかの注意点が伴うため、安易な購入は避けるべきです。

まず一つに、国内製のAGA治療薬を通販取り引きすることは、禁止されている点です。

国内で手に入れたプロペシアが通販購入できるなどと謳った業者は、違法業者や悪質業者である可能性も懸念されます。

ですが海外製AGA治療薬の通販購入は、法的にも問題なく行えます。

とはいえこの場合も、錠数・本数の制限があるため、病院処方ほどスムーズにはいかないかもしれません。

その他、顔の見えない個人とのやり取りであるため、偽造品や粗悪品である可能性も否めません。

こうした理由から、より安全に入手するのであれば、やはり病院で診察を受け処方してもらう形の方がよりおすすめといえます。

プロペシアはなんで全額負担になるの?

imasia_1543882_M
回答の通り、プロペシア購入には医療費控除が適用できないため、全額負担しなければなりません。

理由としては、薬価基準未収載薬であるため、健康保険対象外となっていることが挙げられます。

最大3割負担と全額負担という大きな違いはありますが、法的に定められているため、避けられない点です。

またそうした理由から、薬剤費のみならず、プロペシア処方に関連した診察・調剤・服薬指導も全額負担の対象となってしまいます。

病院における処方は安全性が極めて高い方法ですが、こうした面も伴うことを忘れてはなりません。

プロペシアによるAGA改善は長期使用が基本必須であるため、医療費控除がされない点を把握せずに服用開始してしまうと、思わぬ後悔へも繋がってしまいかねません。

とはいえ、病院での診察や処方における安全性は、お金に代えられない何よりの存在です。

違法品や粗悪品の場合、AGA改善効果が得られないどころか、思わぬ副作用さえ懸念されてしまいます。

多少高額になるものの、やはりおすすめは病院における処方といえます。

プロペシアを少しでも安く手に入れる方法ってある?

1日1錠といえ、6ヶ月以上にも渡り服用し続けるとなると、薬剤費は結構な負担に感じられるかもしれません。

個人輸入品の通販購入であれば、診療費を抑えられる分安くなるかもしれませんが、やはり安全面で不安も伴います。

どうしても安全かつ安くで手に入れたいと考えるのであれば、安全性の認められたジェネリック医薬品利用が役立ちます。

同じく有効成分のフィナステリドが含有されているほか、その他成分もほとんど変わらないにもかかわらず、オリジナルのプロペシアに比べ、研究開発費等の加算が抑えられる分、安くで購入しやすくなります。

希望であれば、一度担当医に相談してみましょう。

また保険給付対象外医療であることから、薬剤費ほか、関連費はすべて病院それぞれで個別に決められています。

そのため、いくつかの最寄りの病院を比較して、より安い箇所で処方してもらうという方法も有効です。

病院によっては、再診料のみ不要、初診・再診料共に不要といった箇所もあるようです。

高い効果に期待できるので、費用面が高くつくことは仕方ないと諦めるのも一つの手です。

ですが、薄毛の進行は精神面も大きく影響する症状です。

より精神的負担が軽いに越したことはないので、プロペシアの改善効果を高める意味でも、費用を抑える工夫は有効かもしれません。

ぜひできる範囲内で、考えてみてください。

(まとめ)プロペシアの処方にあたり医療費控除は適用されるの?

1.プロペシアは医療費控除の対象になりません

医療費控除は、通院や薬の継続使用などをする人にありがたく感じられる存在です。

ですがプロペシアに関しては、控除が適用されません。

全額負担となるため、検討時には注意するようにしましょう。

2.プロペシアはどうやって手に入れられるの?

プロペシアの入手ルートは、大きく病院処方か個人輸入品における通販購入かの2種類に分けられます。

個人輸入品の場合、販売制限や偽造品、粗悪品である可能性も懸念されるため、安全性を考えるなら、病院処方の方がより理想的といえます。

3.プロペシアはなんで全額負担になるの?

プロペシアは薬価基準未収載薬であるため、医療費控除が利用できません。

またプロペシアに関連した男性型脱毛症への医療行為全体が、全額負担の対象になります。

とはいえ、医療機関における処方は安全性という何よりのメリットが伴うのもまた事実です。

4.プロペシアを少しでも安く手に入れる方法ってある?

全額負担が基本である病院におけるプロペシア処方ですが、ジェネリックや通院する病院にこだわることで、多少出費が抑えられる場合もあります。

楽にAGA改善を続けるため、できるだけ負担が抑えられるよう、工夫してみてはいかがでしょうか?

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。