プロペシアのQ&AQ&A

 

プロペシアはお酒を飲んだ前後に服用してもいいの?

 

プロぺシアはお酒を飲んでも気にせず服用できます

20e3ca45e027d5d772c5aab9fc12cbc1_s
プロペシアは、効果に期待が持てる上、安全性も優れた薬です。

副作用が少なく、安心感をもって使用できます。

飲酒前後の使用における副作用も、心配する必要はありません。

それどころか、あらゆる食べ物との飲み合わせに関する注意や、服用の時間帯さえも特に指定がありません。

自分のペースで、気兼ねなく使用を続けられます。

ですが一点、お酒の飲みすぎなどで肝臓に関する病気を持っている人や、過去に経験したことがある人は、注意が必要です。

なぜならプロペシアの有効成分が、肝臓に関連した存在であるためです。

肝臓に持病がある人や、肝臓に対する薬を服用している場合は、一度医師に相談した上で使用を考えるべきです。

薄毛治療専門の医師がいるクリニックでは、体のことを第一に考えたAGA治療を選択できます。
しかも、初診・再診料は無料で、薬代だけで直接相談できるからお得で通いやすいと評判です。
大好きなお酒も嗜みながら、プロペシアの治療を始めましょう。

イースト駅前クリニック

プロペシアは安全性が高い治療薬です

プロペシアは、世界60ヶ国以上で承認されているAGA改善薬です。

日本をはじめとした安全面に厳しい基準を持つ先進国でも、広く展開されています。

主なポイントとしては、まず服用のタイミングにおける自由度が挙げられます。

お酒や食べ物との兼ね合いに伴い、服用の時間が指定されている薬は少なくありません。

ですがプロペシアにおいては、その点主だった決まりはなく、1日1回いつ飲んでも問題ないとしています。

アルコールによって効き目が強まり過ぎたり、副作用が起こったりする恐れも基本的にないため、続けやすいです。

次に、副作用の少なさも特徴的となっています。

臨床試験を通し、発現が確認されたのはわずか1%前後であったそうです。

また、世界で初めての医師が処方できる男性型脱毛症改善薬という点も、プロペシアならではです。

医療機関を通して購入できるだけに、従来の市販薬以上ともいえる安心感が感じられることでしょう。

お酒などで肝臓に持病のある人が気をつけるべき理由

af9920043934l
お酒を飲んだ前後で服用することは基本的に問題ありませんが、お酒で病気を患った人や、過去にその経験を持つ人がプロペシアを使用する場合には、少し注意が必要です。

なぜなら、プロペシアの有効成分は肝臓で代謝される存在であるため、場合によっては副作用が考えられるためです。

プロペシアの数少ない副作用の中でも、稀に心配が必要となる症状として、肝機能障害が挙げられます。

国内ではごく数例、また海外でも一部にしか確認されておりませんが、重篤症状へ繋がる恐れもあるそうです。

主な発症例としては、プロペシア服用中、肝臓の各酵素値が異常に上昇したケースが代表的です。

全身倦怠感や食欲不振といった兆候が見られたら、すぐに使用を止め、かかりつけの医師に相談するよう注意が促されています。

プロペシア服用に伴い、突然こうした症状が感じられたら、副作用の可能性を速やかに視野へ入れるべきです。

このような理由から、お酒の飲みすぎなどが原因で肝臓の病気を持つ人は、処方前にあらかじめ医師へ申告しておくことが重要といえます。

プロペシアに含まれる有効成分の特徴について

最後に、プロペシア特有の有効成分についてご紹介します。

前述にも何度か挙げた肝臓で代謝される成分、これはフィスナテリドと呼ばれるものです。

海外に自生するノコギリヤシの薬効成分を化学合成して作ったもので、従来にない有効性感じられるものとなっており、AGA改善への高い効果に期待が持てます。

抜け毛の原因物質は、DHTことジヒドロテストステロンというもので、AGAに悩む男性の頭部に多く確認されています。

DHTは、本来存在するテストステロンが5a-還元酵素により変換され生じます。

フィナステリドには、この5a-還元酵素を阻害する働きがあるため、抜け毛の原因物質DHTを根本から減らす効果が期待できます。

以前までにも育毛剤は多く存在しましたが、血行促進などが主な効能であったため、フィナステリドほどの有効性は感じられませんでした。

そうした理由から、プロペシアは男性型の薄毛に悩んでいる人を助ける画期的な薬として、現在世界各国で認可を受け注目集める存在となっているのです。

高い効果に期待でき、時間にとらわれず利用しやすく、さらには副作用も少ないAGA改善薬は、現在薄毛で悩んでいるあなたにも嬉しい存在となるかもしれません。

そのため、わずかに伴う危険性は十分把握しておくことが大切です。

お酒などによって肝機能障害を患っている、また経験したことのある人は、かならず事前相談するようにしましょう。

肝機能障害かどうか自分で判断できない場合でも、プロペシアの治療が問題ないかどうかを相談してみてください。

AGAの相談・治療なら
イースト駅前クリニック

1錠から処方してもらえるから、プロペシアが自分に合っているかどうかを見極めることができます。

(まとめ)プロペシアはお酒を飲んだ前後に服用してもいいの?

1.プロぺシアはお酒を飲んでも気にせず服用できます

プロペシアは、毎日好きなタイミングで服用しながら続けられる安全性の高い薬です。

お酒に関しても特に影響はないので、飲酒前後でも気にせず使用できます。

ですがお酒などが原因で肝臓の持病を患っている人は、あらかじめ医師に相談しておくべきです。

2.プロペシアは安全性が高い治療薬です

プロペシアには、安全性感じられる点が多数存在します。

食事やお酒との兼ね合いにおいて副作用の心配がないため、いつでも好きなタイミングで服用できます。

また副作用そのものの少なさや、医療的に認められた薬であることなども特長的です。

3.お酒などで肝臓に持病のある人が気をつけるべき理由

数少ない副作用の中でも、肝機能障害には注意が必要です。

有効成分が肝臓で代謝されることから、人によって酵素上昇が起こるそうです。

過去にお酒で肝臓の病気を患った人や、現在持病として抱えている人は、あらかじめ申告しておきましょう。

4.プロペシアに含まれる有効成分の特徴について

プロペシアの有効成分は、フィナステリドというものです。

抜け毛の原因物質DHT生成を根本から阻害するため、薄毛改善への効果に期待が持てます。

多くのメリットを併せ持つ薬だけに、肝機能に関する注意点はしっかり把握しておきましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。