プロペシアのQ&AQ&A

 

プロペシアは高血圧の人でも服用できるの?

 

プロペシアは高血圧の人でも飲めるAGA治療薬です


プロペシアは、AGA治療のための承認されている内服薬であり、多くの薄毛に悩んでいる人が使用しています。

AGAで悩んでいる人で、プロペシアの服用を検討中の方も多いのではないでしょうか。

効能としては、抜け毛を減らし、育毛サイクルを正常化させる効果があると言われています。

男性ホルモンを抑制することで、増毛を促進させるのです。

プロペシアには副作用もありますが、それは主に生殖機能などに現れます。

血圧に影響はないとされているため、高血圧の人が飲んでも心配ないでしょう。

ただし、血管を拡張させる働きがありますので、血圧を下げることがあります。

高血圧の方であれば問題ありませんが、逆に低血圧の人は気をつけて服用しましょう。

もしもどうしても服用に不安があるという方は、一度医師に相談して、説明を受けてから服用するかどうか決めてください。

注意点を知って正しく使いましょう

高血圧の人が使う場合は、高血圧だからと言って血圧が高くなるなどの心配はいりません。

しかし使用にはいくつか注意する点があります。

プロペシアは服用を止めると効果が切れて、脱毛が進行する可能性があるという点です。

リバウンドを防ぐためにも、毎日欠かさず飲むことが大切です。

使用するタイミングに決まりはないので、食前や食後など、都合の良いときに服用してかまいません。

服用の際は、水と一緒に飲んでください。

そのまま飲むと喉を痛める心配がありますので、必ず水で流し込みます。

お茶や珈琲などの飲み物は、プロペシアの効果を下げるおそれがありますので、水以外を使うのは避けましょう。

砕いて飲んでも効果が変わってくる可能性があるので、錠剤のままで噛まずに飲んでください。

また服用量は1日何錠と決まっていますので、その数を守って飲むようにします。

効果を高めたいからなどといって、多めに飲んではいけません。

頭皮の状態を見て満足できるレベルまでになったら、様子を見て少しずつ服用頻度を下げても良いでしょう。

副作用の可能性もありますが、発症率は低いです


プロペシアは、どのような人が服用しても副作用の可能性があります。

副作用の種類としては以下のような症状があります。

過敏症関連

痒み、顔面の腫れ、口や唇の腫れ、蕁麻疹、発疹

性機能関連

睾丸痛、性欲減退、勃起機能不全、精液量減少、射精障害

肝臓関連

AST・ALT・γ-GTP上昇、コレステロール上昇

その他

乳房圧痛、乳房肥大、胃の不快感

このように、思いの外その種類は多いです。

しかしどれも発症確率は1%未満とかなり低いので、心配するほどではありません。

高血圧の方に悪影響を及ぼすものはありませんし、もしも発症した場合も、一般的には自覚できる程度で、日常生活は問題なく送ることができるでしょう。

性欲が減ったと実感する人は多いようですが、健康への影響は軽微です。

ただし副作用の危険が少ないといっても、注意するに越したことはありません。

使い始めると初期段階で髪が大量に抜けるという初期脱毛の症状が出る人がいますが、それは新しい髪の毛が生えてくるまでの一時的な症状です。

副作用ではないので、あまり心配せず経過を見守りましょう。

プロペシアを使ってはいけない人もいます

高血圧の方が服用しても問題はありませんが、以下にあてはまる方はプロペシアの服用を控えてください。

未成年

ジヒドロテストステロンは男性器の生成にも関わっていますので、発育が十分でない未成年の方は服用できません。

もしも未成年の間に服用すると、発育障害が送る可能性があります。

小さい子供がいるような場合は、誤飲するのを防ぎ、厳重に保管しましょう。

女性

女性は未成年でも成人方でも服用してはいけません。

プロペシアは、男性のためのAGA治療薬です。

たとえ服用したとしても効果は期待できないうえ、女性は男性ホルモン自体が少ないので、安全性が保証できません。

特に注意しなければならないのが、男児を妊娠している女性です。

男性器の発育を阻害してしまいますので、胎児に悪影響を及ぼします。

肝臓に病気のある方

プロペシアの副作用の1つとして、肝機能障害があります。

これは服用するとγ-GTPという酵素が増えて、肝臓に負担をかけるためです。

服用して肝臓に副作用が出た症例は少ないですが、肝臓に病気のある方、肝臓に不安のある方は使用すべきではありません。

(まとめ)プロペシアは高血圧の人でも服用できるの?

1.プロペシアは高血圧の人でも飲めるAGA治療薬です

プロペシアの副作用は、高血圧の方が服用しても問題ないものです。

もしもどうしても心配という場合は、プロペシアの服用前に一度医者に相談してから使用しましょう。

2.注意点を知って正しく使いましょう

高血圧の人が使う場合でも、満足する結果が出るまで服用を続けましょう。

もしも途中で服用を止めると、薄毛が進行するなどリバウンドの症状が出ることがあります。

必ず1日の用量を守って、水で噛み砕かずそのまま飲みます。

3.副作用の可能性もありますが、発症率は低いです

プロペシアの副作用としては、痒みなどの過敏症関連、性欲減退などの性機能関連、肝機能関連、胃の不快感などがあります。

高血圧への影響は考えにくいです。

また使用すると抜け毛が増えるのは副作用ではなく、毛が生え替わるまでの一時的な症状です。

4.プロペシアを使ってはいけない人もいます

プロペシア、男性器生成に関わるので未成年の方は使用してはいけません。

その他にもともと男性ホルモンの少ない女性の方や、肝臓に病気のある方も使用すべきではありません。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。