プロペシアのQ&AQ&A

 

プロペシアと風邪薬の併用は安全なの?

 

プロペシアと風邪薬の併用は基本的には問題ありません


プロペシアと風邪薬の併用で問題が起こったという事例はこれまで報告されていません。

そのため、基本的にはプロペシアを使用している期間に風邪薬を飲んでも問題はないと言えるでしょう。

プロペシアは継続して長い期間飲み続ける必要があるので、他の薬との併用ができないと継続が難しいです。

しかし、プロペシアとの併用を避けなければいけない併用禁忌薬としてこれまでに指摘を受けた薬剤はないと言われています。

もしもプロペシアを服用中に風邪をひくなど、別の薬を飲む必要が出てきた場合には、プロペシアか風邪薬を処方してもらう医師に相談してから飲むと安心です。

プロペシアの影響で体調不良を起こすことも皆無ではありません

プロペシアは、もともと前立腺肥大の治療薬として使われていたもので、その服用中に薄毛改善にも効果を感じたことから薄毛治療薬としても使われるようになりました。

厚生労働省に認可された医薬品であり、さまざまな検査によって副作用のリスクについても証明されており、風邪薬をはじめとした薬併用に関するデータも豊富です。

副作用リスクについては、1年間の服用で約4.0%の副作用発現率という臨床試験の結果があります。

4%の副作用は決して高いものではありませんが、皆無というわけではないため、正しい服用のしかたを守って安全性を確保することが大切です。

プロペシアの主な副作用としては、性機能に関係するものが多く挙げられます。

もともとが前立腺に関係する薬であり、薄毛への有効成分も男性ホルモンに関する効果があるとされているので、勃起機能不全や射精障害、性欲減退など、男性の機能に関する症状が多く指摘されています。

ただし風邪の症状に直接関係する副作用はこれまで報告されていませんし、風邪薬との併用についての指摘もありません。

プロペシアは風邪薬の成分とぶつかりません


プロペシアの成分は、男性ホルモンに関係したものであり、基本的に風邪薬とぶつかり合う作用はないと考えられています。

風邪薬とプロペシアを併用しても、問題がないとされているのはこのためです。

プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分で、薄毛の原因物質の発生を抑える働きをしています。

男性にのみ効果のある成分であり、女性は避けるべきとされています。

フィナステリドは、5αリダクターゼ(5α還元酵素Ⅱ型)という酵素の働きを阻害することができます。

5αリダクターゼは、頭皮の毛根部で男性ホルモンテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変える働きを持っています。

ジヒドロテストステロンが増えることで毛根がダメージを受けて髪の成長を阻害し、抜け毛が促進されます。

一方、風邪薬の成分は病原菌に対して働くものです。

それぞれに働きが違っているため、お互いに影響を与え合うことはまずないと言えるでしょう。

プロペシアは長く使う薬です

プロペシアによる薄毛の治療には長い期間がかかります。

その間ずっとプロペシアを服用し続けることが必要となり、適切にフィナステリドの成分を頭皮に送り続けるためには24時間ごとの服用が望ましいと言われます。

プロペシアの効果が感じられるようになるまで、少なくとも半年程度はかかると言われており、その間他の薬を飲めなくなってしまうと体調管理にも弊害が出てしまいます。

しかし、それでも薬を併用するには抵抗を感じることもあるでしょう。

風邪薬とは言えども、眠気などを引き起こすものもあるため、副作用や体への影響も見過ごせません。

とはいえ長期の服用中に風邪をひいてしまう可能性は高いものです。

実際に風邪薬などが必要となった場合、心配であれば医師に相談すると良いでしょう。

プロペシアも処方薬ですが、風邪薬もプロペシアの服用を伝えた上で医師に処方してもらえば良いのです。

手軽な市販の風邪薬もありますが、不安を抱えて飲むよりも処方薬を貰った方が安心して飲めます。

(まとめ)プロペシアと風邪薬の併用は安全なの?

1.プロペシアと風邪薬の併用は基本的には問題ありません

プロペシアと風邪薬の併用は特に問題はないと言われています。

プロペシアを飲んでいる長い期間中には、誰でも風邪をひいたりすることもありますので、心配ならば医師に相談して見ると良いでしょう。

2.プロペシアの影響で体調不良を起こすことも皆無ではありません

プロペシアは薄毛対策として利用されていますが、もともとは前立腺に対して使われていた薬です。

基本的に風邪の症状には関係ありませんが、男性ホルモンに関係する作用を持っているため、それに関連した副作用は起こることがあります。

3.プロペシアは風邪薬の成分とぶつかりません

プロペシアの有効成分はフィナステリドというものです。

これが抜け毛を引き起こす成分の分泌を阻害します。

これは男性ホルモンに関係しているもので風邪薬の成分とぶつかり合うことはないとされています。

4.プロペシアは長く使う薬です

プロペシアは短くとも半年程度は継続する必要があるとされています。

その長い期間には風邪をひくこともあるでしょうし、風邪薬などを併用できないと困ってしまいます。

他の薬が不安な時には医師にプロペシア服用を伝えることで安心できます。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。