プロペシアのQ&AQ&A

 

プロペシアは心臓に良くないの?

 

プロペシアは心臓に関係する作用はありません


プロペシアは基本的に副作用が少ない安全な薬といわれています。

男性ホルモンに関係している薬なので、心臓に対する影響も心配する必要はないでしょう。

ただし、プロペシアで副作用が発生することもありえるため、持病の種類や使い方などには注意をして使用することが必要となります。

プロペシアで心配されるのは、心臓ではなく、前立腺や性機能を中心とした症状です。

一般的に薬の服用によって起こると考えられる肝機能のリスクも考えられます。

また、プロペシアは成人男性のみに利用できる薬であり、未成年者や女性が使ったり間違って飲んだりすることで悪い影響を起こすこともありますが、その場合も心臓に関する症状は見られません。

プロペシアの副作用は心臓よりも肝臓や性機能にあります

プロペシアの副作用として心臓に関係する症状の報告や検査結果はありません。

プロペシアは、フィナステリドという有効成分が薄毛を改善する効果を持っているとされており、フィナステリドに心臓への作用はないと考えられています。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンという物質に変化させる、5aリダクターゼという酵素を抑える成分です。

5aリダクターゼは男性薄毛の原因として重視されており、これによってテストステロンを悪い男性ホルモンへと変えて、毛根に攻撃を仕掛けることで薄毛が始まるとされています。

もともとは前立腺肥大の治療に使われていたものであり、心臓への悪影響ではなく、男性ホルモンへ働きかける機能による男性の勃起障害や射精障害に注意すべきでしょう。

また、薬を代謝する肝臓が負担を被ることもあり、それによって肝機能障害が起こることも考えられます。

プロペシアよりもミノキシジルの方が心臓に関係があります


心臓や血液の流れに作用して副作用のリスクが考えられる薬といえば、プロペシアよりもミノキシジルの方が関連性は深いといわれています。

プロペシアと同じくらい薄毛の治療薬としてよく耳にするミノキシジルは、もともと降圧剤として使われてきた薬であり、毛細血管を拡張して狭心症の治療に役立っていました。

プロペシアと同様に、他の治療薬から薄毛にも使われるようになったものです。

もともと心臓に使われていた薬のため、心臓に影響を与える可能性としてはこちらの方が高いといるでしょう。

しかし、ミノキシジルの方はプロペシアとは違って、内服薬ではなく外用薬です。

頭皮にピンポイントに塗布することで薄毛治療を行っており、頭に塗るだけでは心臓にそれほどの影響を与えるリスクはないと考えられています。

薄毛治療に使われている代表的な治療薬のうち、一つは心臓には全く関係ない働きを持っており、もう一つは関係はありながらも影響を与えるほどの使い方をしません。

薄毛治療を行っている間、基本的には薬による心臓への心配は必要ないでしょう。

プロペシアは体への安全性が高い薬です

プロペシアの成分は勃起不全や性欲の減退、肝機能障害などの副作用を引き起こす可能性を持っています。

しかし、基本的に心臓に影響を与えるような重い副作用は起こりにくく、心臓以外の副作用も発生の割合としては低いものです。

臨床試験では、副作用全体の割合が4.0%といわれており、主に多く見られるのが性欲の減退や勃起不全ですが、実際の治療においては気にしすぎによる心因性の可能性も否めません。

プロペシアは検査や臨床試験などが繰り返し行われてきた薬品で、長い利用の実績もあるため、副作用の可能性については十分に検証された薬といるでしょう。

こうした結果からプロペシアで心臓やそれ以外の臓器にもそれほど大きい副作用は見られていないため、安全性が高いと考えられています。

もちろん、正しい使い方をすることやリスクを持っている人は使わないなどのルールは重要です。

(まとめ)プロペシアは心臓に良くないの?

1.プロペシアは心臓に関係する作用はありません

プロペシアには、基本的に心臓に関係する働きはなく、副作用としても心臓に関する症状は報告されていません。

ただし、プロペシアの副作用は他にも考えられますので、正しい使い方をすることが重要となります。

2.プロペシアの副作用は心臓よりも肝臓や性機能にあります

プロペシアには副作用がないわけではありません。

しかし、心臓よりも、薬全般で起こり得る肝機能障害やプロペシアの男性ホルモンへの働きによる男性機能の障害などの方が心配です。

3.プロペシアよりもミノキシジルの方が心臓に関係があります

プロペシアと同じように他の治療薬から薄毛治療に使われるようになったものにミノキシジルがあります。

心臓に影響を与えるリスクの高さから考えるとプロペシアよりもこちらの薬の方が心配です。

4.プロペシアは体への安全性が高い薬です

プロペシアは副作用のリスクはあるものの、その確率はそれほど高いものではなく安全性が認められています。

正しく使うことができれば、健康に大きな影響なく薄毛対策ができるでしょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。