プロペシアのQ&AQ&A

 

プロペシアの子作りや胎児に対する影響って?

 

子作り中でもプロペシアは使用できます

Fotolia_80058316_Subscription_Monthly_M
何かと取り沙汰される薬の副作用問題、自身に経験がなくても、ニュースや雑誌で話題を見聞きして、不安を感じている人もすくなくないことでしょう。

ですが、プロペシア使用における子作りへの心配は、ほとんど必要ありません。

子作り中であっても、問題なく服用し続けることができます。

ですが、子作りを予定している女性や、すでに胎児を妊娠している妊婦に関しては、注意が必要です。

服用、もしくは成分に触れるだけでも、副作用を起こす可能性があるためです。

使用はもちろん、誤って触れてしまうこともないよう、保管場所には気をつけましょう。

その点さえ気をつけておけば、安心して使用できる安全な薬です。

AGAの改善は、より良い夫婦関係にも繋がります。

わずかな注意点だけ気をつけて、うまく活用してみてください。

子作り中でもAGAの改善が可能です

どのような薬でも、副作用に関する心配は付きものです。

軽い発疹や気分の悪さ程度ならまだしも、重病や生涯にわたり背負い続けなければならないような病気をも、引き起こしかねません。

ましてや愛する子供に影響が出てしまうような症状となれば、後悔は尽きないといったところでしょう。

ですがプロペシアに関しては、その点安心感がもてます。

子作り期間中であっても、服用し続けたところで精子に悪い影響を及ぼすかもしれないという過剰な心配はいりません。

なぜなら、医学的な実験である、生殖発生毒性試験を通し、実験動物に対し通常の数百倍に及ぶ有効成分投与を行っても、雌雄胎児に異常個所は認められなかったというデータにおいて高い安全性が証明されているためです。

その点嬉しく感じられるのが、AGAの改善についてです。

プロペシアは6ヶ月以上の連続使用が必要な薬であるため、子作りのため服用休止期間を設けてしまうと、効果が薄れてしまうかもしれません。

子作り中であっても安心して服用し続け、理想的な頭髪を目指すことができます。

子作り中で、プロペシア利用が気になる方はクリニックへ相談してみましょう。
初診料無料で、その後の診察料も無料。
ついでにプロペシアの処方までもらえますのでぜひこの機会にご相談ください。

イースト駅前クリニック

プロペシアの妊婦や胎児に対する影響

imasia_11592970_M
基本的に、プロペシアを使用できるのは男性だけです。

AGAこと男性型脱毛症にこそ効果が期待できる薬であるため、そもそも女性の脱毛には適していません。

また効果に期待できないどころか、危険な面まで持ち合わせることとなってしまいます。

妊娠中の女性がプロペシアを服用した場合、胎内の男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす可能性があります。

前述の通り、男性の体内を経て成分が精子に到達する分はほとんど問題ありませんが、女性の場合は注意が必要なのです。

またもう一点、服用のみならず、触れることにも気をつけなくてはなりません。

プロペシアの成分は、経皮吸収される存在でもあるためです。

男性用の薬であると理解していても、何らかのきっかけでパートナー男性のプロペシアに触れてしまう可能性は大いに考えられます。

健康な子供を出産するため、そして幸せな家庭を築くためにも、しっかり覚えておくべきです。

プロペシアを安全に使用するポイント

情報共有を徹底する

プロペシアは、AGAに悩む男性が使用する薬ですが、パートナー女性ともしっかり情報共有しておけるよう心がけましょう。

繰り返しになりますが、女性の場合服用はもちろん、触れるだけでも胎児に影響を及ぼしかねません。

妊娠していないと思っても、実はすでにおなかの中で小さな命が育まれているといったケースも考えられます。

男性にとっては、女性にAGA治療を打ち明けることは少し恥ずかしいかもしれませんが、お互いの幸せを考えるなら、しっかり共有しておくべきです。

薬剤は割らずそのまま使用する

触れることによる経皮吸収は、実はそのままの状態ならコーティングされているので、基本的に心配ありません。

割ったり砕いたりして使った場合のみにリスクが生じるため、かならずそのまま飲むようにしましょう。

安全性はもとより、効果が出にくくなることも考えられます。

念のため子作り前の服用は避ける

男性が飲む分には基本的に心配がいらないプロペシアですが、もし不安であれば、子作り1ヶ月前から使用を中断しましょう。

体内に吸収されたフィナステリドは、約1ヶ月で血中から消失します。

さらにパートナー女性の手が届かない場所で保管しておけば、より安心です。

認可がおりている薬なのですが、やはり最新の注意を持って取り扱う必要があります。
よくある間違いや、飲むタイミング(本文では子作り中の夫婦)を間違うと、良くない結果を招いてしまうこともあります。
一人で悩まずにやはり専門家に相談する事が一番早い解決方法でしょう。

AGAの相談なら
イースト駅前クリニック

プロペシアなどの薬を購入すれば、診察費は無料です。
相談内容をまとめて診察にいらっしゃる方も多いようです。

(まとめ)プロペシアの子作りや胎児に対する影響って?

1.子作り中でもプロペシアは使用できます

プロペシアは、精子に悪い影響を及ぼすようなものではありません。

そのため子作り中でも、安心して使用し続けられます。

ですが、妊婦が服用したり触れたりすると、胎児に影響を及ぼす可能性があります。

保管には注意しつつ、安全に活用してください。

2.子作り中でもAGAの改善が可能です

子作り中であっても、プロペシアは安心して継続使用できます。

生まれてくる子供に影響を及ぼすことは、基本的にありません。

6ヶ月以上の連続使用こそがAGA改善効果を期待するためのポイントなので、休止期間は設けず続けるべきです。

3.プロペシアの妊婦や胎児に対する影響

子作り中の男性に関してはそこまで影響を心配する必要がないプロペシアですが、女性に関しては異なります。

妊婦が服用したり触れたりすると、胎児の正常発育に影響を及ぼす可能性が考えられます。

取り扱いには、十分注意しましょう。

4.プロペシアを安全に使用するポイント

プロペシアは、子作り中の男性が服用しても精子にほとんど影響を及ぼさない、安全な薬です。

ですが妊婦が服用したり触ったりした場合は、胎児に問題を起こす可能性が懸念されます。

情報共有や正しい使用法などに注意し、安全に活用してください。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。