ザガーロのQ&AQ&A

 

新しいAGA治療薬であるザガーロの副作用とは?

 

サガーロの副作用はプロぺシアと同様です

imasia_9803867_M
現在、世界各国でAGA治療薬の開発が行われており、次々と新しいAGA治療薬が登場しています。

ザガーロは中でも非常に新しいAGA治療薬で、2015年9月28日に承認されました。

これまでのAGA治療薬で思わしい結果が出なかった方は飛びつきたくなるものですが、どうしても副作用が気になってしまうもの。

ザガーロにはどういった副作用があるのでしょうか。

ザガーロの副作用はプロペシアと同様で、勃起不全、性欲減退、精液量減少などが挙げられます。

プロペシアの副作用の報告が4.3%だったことに対し、ザガーロの副作用の報告は11.7%とされており、プロペシアの2倍以上の発症率といえるのです。

そのため、プロペシアで効果が出なかったからといって、安易に乗り換えてはいけません。

必ず医師に相談をしましょう。

ザガーロとプロペシアの違いとは

AGAが起こる原因は、5αリダクターゼがテストステロンと結合することで引き起こされます。

そのため、5αリダクターゼを抑制することがAGA治療に欠かせないことなのです。

AGA治療薬として知られているプロペシアは、この5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

しかし、5αリダクターゼには1型と2型があるため、これらによって薄毛の起こる部位が異なるのです。

プロペシアは2型の5αリダクターゼだけしか抑制が出来ませんので、すべての薄毛に対応していないのです。

ところがザガーロには1型と2型、両方の5αリダクターゼを抑制する効果がありますので、幅広い薄毛治療に対応しているのです。

側頭部と後頭部の薄毛は2型5αリダクターゼが関係していますが、前頭部と頭頂部の薄毛は1型と2型の5αリダクターゼが関係しているため、前頭部と頭頂部の薄毛に悩んでいる方におすすめの治療薬といえるでしょう。

ザガーロの服用方法と副作用

b3a3d018104304e0a35c362db4eb790f_s
ザガーロは1日1回経口投与しますが、ザガーロには0.1mgと0.5mgの二種類があり、より高い発毛効果を望むのであれば0.5mgを服用しましょう。

食事の影響を受けませんので飲む時間帯は問いませんが、飲み忘れの無いようにしてください。

定期的に飲み続けることで効果を発揮します。

また、ザガーロには副作用が確認されており、勃起不全、性欲減退、精液量減少などが挙げられます。

副作用の発症率は11.7%で、同じく5αリダクターゼを抑制するプロペシアの副作用発症率が4.3%ですので、その発症率は高いといえるでしょう。

そのため、ザガーロの使用前に医師に相談をしてください。

そして、ザガーロはカプセルになっていますが、脱カプセルは止めましょう。

カプセル内に含まれるデュタステリドに女性が触れてしまうと、経皮吸収によって生殖器官の発育に影響を与えてしまいます。

しかし、カプセル状態であれば経皮吸収されませんので、女性が触れても問題ありません。

ザガーロが誕生した経緯とは

ザガーロの主成分はデュタステリドというもので、これは2001年に前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

しかし、デュタステリドの開発途中に発毛効果が発券されたため、発毛薬として研究が進められたのです。

同じAGA治療薬であるプロペシアも、当初は前立腺肥大症の治療薬として開発が進められていました。

デュタステリドは2001年にアメリカでアボルブという名前で、前立腺肥大症治療薬として承認されました。

その後の2009年にAGA治療薬として韓国で承認され、2015年に日本でもAGA治療薬として承認されたのです。

そのため、AGAに悩む日本人男性にとって待望の承認と言えるでしょう。

前立腺肥大症の原因はジヒドロテストステロンとされているため、前立腺肥大症治療薬はこれを抑える効果がありますが、ジヒドロテストステロンはAGAの原因でもあるのです。

そのため、前立腺肥大症治療薬とAGA治療薬は密接な関係にあります。

(まとめ)新しいAGA治療薬であるザガーロの副作用とは?

1.サガーロの副作用はプロぺシアと同様です

ザガーロには勃起不全、性欲減退、精液量減少などの副作用があり、プロペシアの2倍以上の発症率とされています。

そのため、プロペシアからザガーロに乗り換える際は必ず医師に相談してください。

2.ザガーロとプロペシアの違いとは

AGAは5αリダクターゼによって引き起こされますので、これを抑制する必要があります。

5αリダクターゼには1型と2型がありますが、ザガーロは両方に効果があるため、より幅広い薄毛に対応しています。

3.ザガーロの服用方法と副作用

ザガーロは時間帯を問わず1日1回経口投与をしますが、飲み忘れの無いようにしましょう。

また、プロペシアよりも副作用の発症率が高いので、使用前にかならず医師に相談してください。

4.ザガーロが誕生した経緯とは

ザガーロは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

前立腺肥大症とAGAはどちらもジヒドロテストステロンが原因となっているため、お互いが密接な関係にあるのです。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。