ザガーロのQ&AQ&A

 

ザガーロの作用機序とはどんなもの?

 

ザガーロには男性ホルモンの働きを抑える作用機序があります

aa76f41b18ec4d831b5db4ab472225e5_s
薄毛の原因として挙げられるものは生活習慣からメンタル的なものまでさまざまですが、男性ホルモンの働きも当然深く影響しています。

薄毛に関係する男性ホルモンとしてよく話題に出るのがジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるものですが、ザガーロという薬にはこのジヒドロテストステロンの働きを抑える効果があるといわれています。

その結果として脱毛が抑えられて薄毛問題に対処できるというわけです。

これが大まかですが基本的なザガーロの作用機序です。

AGAで扱われる薬はそれぞれ作用機序が違いますので、違いを認識して、専門家にも相談し、自分に合ったものを使うべきでしょう。

男性ホルモンには種類があります

いわゆる男性ホルモンと呼ばれるものの中にも色々と種類があり、それぞれ役割が違うようです。

男性らしさや魅力を形作るといわれるテストステロンというものも有名ですが、逆に男性にとって薄毛の原因などになっているといわれているものでジヒドロテストステロンという男性ホルモンも存在しています。

このジヒドロテストステロンは非常に強力であるといわれていて、強い作用をもたらして脱毛の原因ともなっているようです。

この男性ホルモンが強く作用してしまうと、ヘアサイクルが短い期間で回ってしまいます。

つまり早く脱毛してしまうということですので、薄毛問題が進んでいくことになるわけです。

そのためこのジビドロテストステロンの生産を抑制できればよいということになります。

そこで登場するのがザガーロという商品に含まれるデュタステリドという成分になります。

デュタステリドという成分はそれ自体が発毛を促進するというよりは、抜け毛の原因となっている悪いプロセスを遮断し、健全なヘアサイクルを取り戻す助けになるというわけです。

これにプラスして発毛を促進するためのマッサージなど別の努力を払うならばさらに頭皮の状態を改善していくことができるでしょう。

ザガーロには性欲衰退などの副作用があります

748f675f0d4edaa72740b6d96986d4f4_s
他のAGA治療薬でもそうですが、ザガーロにもやはり副作用というものが存在します。

もちろんこうした副作用は必ず現れるとは限らず、個人差がかなりあると思われます。

ザガーロに含まれるデュタステリドは男性ホルモンの働きを抑制しますので、考えられる副作用としては、性欲減退や勃起不全、射精障害などがあげられます。

ある程度の期間服用していた結果こうした副作用を実感するようになったという方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにせよ副作用の可能性というものは常にありますので、慎重に服用を続けると同時に、不安がある方は専門家や医師のアドバイスをしっかりと求めながら服用をしていく必要があるでしょう。

ザガーロは男性ホルモンを抑制することによって抜け毛に対処するものなので、女性が服用しても効果を得ることはできません。

それどころか副作用が現れる可能性がありますので、ザガーロという薬は男性だけに用いられる薬となっています。

こうしてそれぞれの薬の作用機序を考えると、なぜその薬が男性に効くのか、なぜ女性には効果がないのかなどがわかるようになってきます。

自分の身体に関わることですから、しっかりと仕組みを理解しておくことは重要です。

発毛効果を得たい場合には別の薬を試すこともできます

こうして見てみると薄毛問題に対処するための薬と一口にいってもその作用機序はさまざまです。

ザガーロのように抜け毛の悪循環を断つ目的で用いられる薬もあれば、より発毛効果に重点が置かれているものもあります。

発毛効果をしっかりと期待したいのであればミノキシジルなど他の成分に期待して違う治療薬を服用することができるでしょう。

AGA治療薬の中には併用しても差し支えないものもあります。

複数の治療法を合わせることによって効果をしっかりと得ていくことができるでしょう。

(まとめ)ザガーロの作用機序とはどんなもの?

1.ザガーロには男性ホルモンの働きを抑える作用機序があります

ザガーロには薄毛の原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生産を抑える効果があるといわれています。

このように薄毛問題の根本からつぶしていく方法でAGA治療をする方法もあるようです。

それぞれの薬の作用機序を理解して使用しましょう。

2.男性ホルモンには種類があります

男性ホルモンには種類があって、男性にとって薄毛の原因となっているのがジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。

ザガーロはこのジドロテストステロンの生産を抑えて健康なヘアサイクルを取り戻すための助けとなるようです。

3.ザガーロには性欲衰退などの副作用があります

ザガーロにも他のAGA治療薬と同様、副作用という問題が存在します。

個人差はありますが、性欲減退、勃起不全、射精障害などの副作用の可能性があります。

これらは男性ホルモンを抑制する働きの結果として現れる症状のようです。

4.発毛効果を得たい場合には別の薬を試すこともできます

AGA治療薬の中には抜け毛を抑えるものもあれば、発毛を促進するものもあります。

併用しても構わないものも存在していますので、専門家のアドバイスの元治療方法を決めていきましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。