デュタステリドのQ&AQ&A

 

デュタステリドには副作用があるって本当ですか?

 

副作用の報告もある薬です

2aa844113902fde7f093bd3472d027c0_s
プロペシアは男性型脱毛症(AGA)を治療する内服薬として代表的なお薬で、含まれている成分「フィナステリド」が効果を発揮することでAGAの進行を食い止めることになります。

一方デュタステリドはというと、こちらも2015年9月に厚生労働省より認可を受けることになったAGA治療薬です。

こちらのお薬は、フィナステリドよりも高い治療効果が期待できるため、これまでプロペシアにて治療をしても効果が得られなかった方でも治る可能性があります。

ただし、効果の増強と共に薬の副作用についても強まっていますので、服用には細心の注意を要することになります。

専門家の指導の下、服用するのが一般的ですが、ジェネリック医薬品を個人輸入して独自に服用する方もいます。

AGAって何ですか?

毛髪は毛周期と呼ばれるサイクルで生えて、成長して、抜け落ちて、再び生えるという活動を繰り返すことになります。

正常な毛周期によって生えた毛髪は、毛根にしっかりと根付いているため、なかなか抜け落ちることはありません。

2年から6年という長期間にわたって頭皮に残ることになります。

男性型脱毛症(AGA)の症状はこれとはかけ離れた状態になっていると言えます。

すなわち、毛周期が乱れてしまい毛髪が成長しなくなってしまう、もしくは毛髪の生え始めである休止期の期間が長くなってしまうといった状態です。

簡単に言えば、毛髪がなかなか生えてこない状態で、なおかつ生えたとしても成長せずにすぐに抜け落ちてしまう状態です。

従って、AGAを治療するためには、この毛周期をいかに正常に戻すかが最重要となります。

治療薬のプロペシアやデュタステリドにAGAの治療効果が期待できる理由は、毛周期を正常なサイクルに戻すための力をそなえているという点にあります。

薬の副作用は絶対に起こるもの?

3a8a15f215cba640709bab39849293c7_s
治療薬のプロペシア(フィナステリド)やデュタステリドにある副作用は、具体的に勃起不全や性欲減退、肝機能障害などが挙げられます。

これらの副作用は絶対に発生するというわけではありません。それぞれの薬の添付書類には一定確率で副作用が発生することが示されています。

それぞれの確率は、プロペシアが276例中11例でおよそ4%、デュタステリド(アボルブ)では403例中44例となっていますのでおよそ11%となっています。

国内における臨床試験のデータなので情報の信憑性はかなり高く、これらの数値をどのように捉えるかは人によって異なると思われます。

副作用の発生確率に差があるとはいえ、必ず起きるというわけでもありませんし、高い効果が期待できるかどうかという差もありますので、そのあたりは相談しなければなりません。

AGAの治療薬を服用したいと考えている方は、まずはプロペシアを服用して一旦様子を見て、それでも目覚ましい効果が得られなかった場合にはデュタステリドを服用するといったように、段階を経た上で薬を選んでいった方が良いかもしれません。

デュタステリドはなぜAGAに効果があるのか

毛周期を乱してしまう根本的な原因はジヒドロテストステロンという成分にあります。

これは体内に流れている血液中にあるテストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼという毛根部にて分泌されている成分が結びつくことによって生成されることになります。

プロペシア(フィナステリド)やデュタステリドはこの結び付きを阻害してくれる働きを持っている成分で、したがってジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぐためAGAを治療する効果が期待できるというわけですね。

それでは、なぜデュタステリドはプロペシアよりも高い治療効果が期待できるのでしょうか。

そもそも5αリダクターゼには1型から3型までが存在しており、フィナステリドの働きは2型5αリダクターゼに限り効果を発揮することになります。

これに対してデュタステリドは1型と2型の5αリダクターゼに対して効果が期待できるため、デュタステリドの方が高い治療効果が期待できると言えるのです。

薬の禁忌として、女性や子供が誤って服用しないように注意してくださいとの文言が加えられているのは、ホルモンへ影響を及ぼす薬であるからで、効果の仕組みが分かるとこちらの理由も理解できるのではないでしょうか。

両方の薬に言えるのは、共に「結びつきを阻害する」だけであるため、厳密に言えばAGAには他の原因も考えられるからこそ、薬だけでは治療しきれないケースも存在します。

生活習慣を正す、食生活を改善するといった基本的な部分も忘れてはなりません。

(まとめ)デュタステリドには副作用があるって本当ですか?

1.副作用の報告もある薬です

デュタステリドはプロペシアより強い効果を持つ薬で、高い治療効果が期待できる反面、副作用も発生しやすいというリスクもある薬、という認識を持っておくと良いでしょう。

2.AGAって何ですか?

AGAは毛周期のトラブルです。

毛髪を成長させる期間が短くなってしまっている状態がこの正体でもあります。

治療をするためには、いかに正常な毛周期に戻すかが問題です。

3.薬の副作用は絶対に起こるもの?

デュタステリドは高い治療効果が期待できる反面、副作用の発生確率もそれなりに高くなってしまうのがネックです。

服用にあたり、ある程度のリスクがあることを覚悟する必要があります。

4.デュタステリドはなぜAGAに効果があるのか

デュタステリドに高い治療効果が期待できる理由は、ジヒドロテストステロンの生成を阻害するという効果の範囲がより広いことに起因します。

プロペシアよりも広範囲に効く薬です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。