デュタステリドのQ&AQ&A

 

デュタステリドの作用機序を教えていただけませんか?

 

デュタステリドはジヒドロテストステロンの発生を抑制する薬です

83aa4b5ed846008175ae41233b2ba2bb_s
作用機序とはつまり人体に対して薬がどのような効果を与えるか、そのメカニズムという意味ですね。

デュタステリドの作用機序としては、男性型脱毛症(AGA)の原因となる自ヒドロテストステロン(DHT)という成分の発生を抑制する薬となります。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞が分泌する5αリダクターゼという成分と男性ホルモンが結び付くことで作られることになります。

デュタステリドを服用すると、この結び付きが阻害されるため、男性型脱毛症の症状を回復させられるというわけですね。

作用機序が似ており、同じく男性型脱毛症の治療薬として処方される薬にフィナステリドがありますが、こちらはデュタステリドよりも効力が若干落ちることになります。

ジヒドロテストステロンが発生するまでの経緯

男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンは、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼが反応することによって作り出されることになります。

男性はもちろん、女性でも男性ホルモンは血中に流れており、近年は男性型脱毛症と同様のメカニズムによって毛髪が抜け落ちてしまうことがあり、これを女性男性型脱毛症(FAGA)と呼んでいます。

万人に共通して言えることは、普通に生活していれば、程度の違いはありますが、ジヒドロテストステロンは発生してしまうということです。

問題なのはこの成分が発生し過ぎてしまう点にあります。

また、5αリダクターゼには1型と2型の2種類があるという点も重要です。

両者共に男性ホルモンと結び付くことでDHTが発生することになりますが、プロペシア(フィナステリド)の場合は2型5αリダクターゼに対してしか効果がありません。

デュタステリドの場合には1型、2型の両方に対して治療効果が期待できますので、より強力な薬というわけですね。

デュタステリドはなぜAGAに対して効果が期待できるのか

af9970014090l
AGAの原因となるジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと男性ホルモンが結託することで発生しますので、これを阻止するためには5αリダクターゼの分泌量を抑えるか、結託する能力を削ぐ、もしくは男性ホルモンの量を抑えるか力を抑える必要があります。

デュタステリドは5αリダクターゼの力を削ぐ効力を持った薬であり、したがってAGAの治療効果も期待できます。

フィナステリドとの大きな違いは、1型、2型の両者に対して効力を発揮する点であり、更に高い治療効果が期待できると言えます。

デュタステリドは5αリダクターゼの力を一時的に削ぐことが可能ですが、しかし力がゼロになるというわけでもありません。

国内の臨床試験によってもこの効果ははっきりと出ており、かなり高い効力も期待できるため、厚生労働省によって認可を受けたということも注目すべきことでしょう。

効力のお墨付きを国からいただいている、それだけでも安心して服用できる薬であることが分かります。

それほど悪い成分でもない?ジヒドロテストステロンの実態

毛髪を抜けさせてしまう効果があるジヒドロテストステロンは、悪玉男性ホルモンとも呼ばれ、この名前だけを聞くと、人体には不必要な成分であり、5αリダクターゼとの結び付きを全てカットできれば髪も生えて最高だと感じてしまうかもしれませんが、これは大きな間違いです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンと同じく、筋肉を作るためにも必要となる成分で、健康な体を保つためには必要不可欠な問題です。

そもそも不要なものならば体内で生成されるはずがありません。

しかしながら過剰な量が生成されてしまうと、抜け毛に発展してしまうことになります。

そのため、男性型脱毛症を治すためには、いかに正常な量を保っていられるかが重要となります。

著しく減少させてしまうのも問題ですし、かといって多く生成されるようでもいけませんから、デュタステリドやプロペシアを用いて少しずつ改善していくことが望ましいと言えます。

通常、男性ホルモンは年齢と共に減少していく傾向にあります。

これを補うために男性ホルモンと似た働きを持つジヒドロテストステロンが生成されると考えると理解しやすいと思いますが、DHTは男性ホルモンよりも10倍程度の力を持つため、少し作られるだけでも毛髪にかなりの影響が出ると考えられます。

薬の力を用いて、減少させていくことが望ましいのです。

(まとめ)デュタステリドの作用機序を教えていただけませんか?

1.デュタステリドはジヒドロテストステロンの発生を抑制する薬です

デュタステリドは男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑える薬です。

フィナステリドよりも効果が強く、男性型脱毛症の治療によく用いられる薬となっています。

2.ジヒドロテストステロンが発生するまでの経緯

ジヒドロテストステロンが発生する理由は5αリダクターゼと男性ホルモンが反応してしまう点にあります。

5αリダクターゼは1型と2型があり、デュタステリドはそのどちらにも効果が期待できます。

3.デュタステリドはなぜAGAに対して効果が期待できるのか

デュタステリドは厚生労働省の認可を受けた薬です。男性型脱毛症に対してかなり高い治療効果が期待できますので、現在注目を集めています。フィナステリドよりも効果が高いのも特徴です。

4.それほど悪い成分でもない?ジヒドロテストステロンの実態

毛髪への影響が顕著なため、ジヒドロテストステロンは有害な成分だと考えられがちですが、体の健康を保つためにはある程度は必要となる成分です。

薬を用いて全てを無くすのではなく、少しずつ生成量を減少させていくことが望ましいです。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。