デュタステリドのQ&AQ&A

 

デュタステリドは前立腺癌に影響がある?

 

デュタステリドの影響で前立腺癌が見つけにくくなる可能性が指摘されています


デュタステリドは一般的にはアボルブという名前の製品名であり、前立腺肥大症治療薬として使われます。

他の薬と違い、前立腺そのものを小さくする効果があり、前立腺肥大に効果的です。

もともと前立腺用の薬でしたが、AGAにも効果があることがわかっています。

ジヒドロテストステロンを阻害する働きがあり、これが前立腺肥大や薄毛に効果をもたらすのです。

ただし注意しないといけないのは、デュタステリドを使用すると無理矢理前立腺を小さくするので、前立腺癌の発見を遅らせることがあるという点です。

前立腺癌はPSAというマーカーで測定しますので、PSA値を低くしてしまい、前立腺癌の発見を遅らせます。

もしもデュタステリドを使用するときは、事前に前立腺癌がないかどうか調べておく必要があります。

デュタステリドはもともと前立腺肥大の治療薬です

デュタステリドは男性ホルモンの働きを弱めることで、前立腺を縮小させる効果があり、前立腺肥大の治療に用いられる薬です。

大きくなってしまった前立腺を小さくする働きがあり、本来前立腺肥大は手術しか方法がありませんでしたが、この薬により手術無しでの改善が可能となっています。

本来はテストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換される過程を阻害します。

これにより前立腺が大きくなるのを防ぐのです。

そしてジヒドロテストステロンはもう一つ、髪の成長サイクルを短くして抜け毛を増やす作用もあります。

そのため、デュタステリドは抜け毛を予防する効果もあり、AGAの治療薬としても使われるようになっているのです。

薄毛の改善策としては、円形脱毛症などといった男性型の症状にのみ効果があり、その他の症状には効果がありません。

また20歳未満の方への安全性や効果は今のところデータ不足のため、使用は控えた方が良いでしょう。

デュタステリドで男性ホルモンが弱まることで、体にさまざまな影響が現れる場合があります


デュタステリドは男性ホルモンを弱める働きがありますので、使用すると男性ホルモンが低下します。

それに伴う副作用が出ることがあるので覚えておきましょう。

男性ホルモンが少なくなるということは、相対的に女性ホルモンが多くなりますので、性欲低下や勃起不全の症状が出ます。

特に性欲低下は、使用を止めた後でも症状が継続することがあります。

乳房障害というものもあり、これは女性のように胸部が膨らむ症状です。

それに伴い胸が痛むほか、胸周囲に不快感を覚える症状です。

使用すると肝臓で代謝されますので、肝障害が生じることもあり、血液検査で肝臓系の数値が上がることもあります。

特に肝障害を患っている方は、事前に医師と相談した上で使用した方がいいでしょう。

前立腺を小さくする効果もありますが、その影響で前立腺癌の発見を遅らせることもあります。

もしも使用するなら、事前に前立腺癌がないかどうかを検査した上で、使用するようにしましょう。

PSA検査を受ける場合は、必ずデュタステリドを使用していることを医師に伝えて下さい。

用法と用量を守り、規則正しく服用しましょう

使用する場合は1日の用量用法を守って、毎日決まった時間に服用するのが望ましいです。

必要以上に服用しても効果は変わりなく、副作用の危険を高めるだけです。

安全性が確認されているのは20歳以上の方であり、20歳未満の方は服用できません。

多くの場合はカプセル錠剤となっていますので、水などと一緒に服用します。

噛み砕くことや、カプセルから中身を取り出して服用するのは止めましょう。

効果を実感できるまでの期間は個人差がありますが、使用を始めたなら少なくとも半年間の服用は必要です。

これ以上使用しても効果が実感できないと言う場合は、続けて使用するのではなく服用を止めるべきです。

使用を続けると耐性が出来て、効果が出なくなる心配はありません。

また薬の使用を止めたら、急激なリバウンドで薄毛が進行し元に戻る、というようなこともありません。

継続して飲み続けるようにしてください。

ただし副作用が出た場合は、そこで一旦使用を止めましょう。

(まとめ)デュタステリドは前立腺癌に影響がある?

1.デュタステリドの影響で前立腺癌が見つけにくくなる可能性が指摘されています

デュタステリドは、前立腺肥大の治療薬として使われ、また同時にAGA治療薬としても使われます。

前立腺を小さくする効果はありますが、これによって前立腺癌の発見を遅らせてしまう危険もあります。

2.デュタステリドはもともと前立腺肥大の治療薬です

デュタステリドは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐ働きがあり、前立腺肥大やAGAに効果が期待できます。

AGAに対して使うときは、男性型の薄毛にのみ効果があり、その他の薄毛には効果は期待できません。

3.デュタステリドで男性ホルモンが弱まることで、体にさまざまな影響が現れる場合があります

デュタステリドを使用すると、性欲低下や勃起不全の副作用が出る人がいます。

また乳房障害による胸の発達や胸囲部分の不快感の症状も出ることもあり、また肝障害を生じることもあります。

4.用法と用量を守り、規則正しく服用しましょう

使用する場合は、用量用法の範囲で1日数回使用し、カプセル状の場合は水でそのまま飲み込みます。

使用してから効果が実感できるまでは最低でも6ヶ月必要なので、長く使用してきましょう。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。