デュタステリドのQ&AQ&A

 

デュタステリドの飲み方は難しい?

 

デュタステリドの飲み方は簡単ですが、リスクには注意が必要です

d4da62845137b
デュタステリドは薄毛治療薬としては現在主流のものではありませんが、高い効果が期待されています。

しかし、まだあまり広くは使われておらず、2015年に男性型脱毛症治療薬として厚労省から製造販売承認を取得したばかりの薬です。

ただし、前立腺の薬としては厚労省から認可を得ていた成分であり、安全性には問題がないといるでしょう。

とは言え、正しい飲み方を守らないとリスクはあります。

デュタステリドは飲みやすい形で販売されており、その飲み方も難しいものではありません。

しかし、服用が危険な人もいますし、間違った飲み方で副作用が出る可能性もないとはいませんので、取り扱いには注意が必要です。

デュタステリドの飲み方で重要なのはタイミングです

デュタステリドは、フィナステリドと同様の効果を持つ成分であり、同じような作用を持っています。

そのため、デュタステリドの飲み方もフィナステリドと同様の点に注意が必要といるでしょう。

デュタステリドは5a還元酵素の働きを抑制する薬であり、その働きによって前立腺の病気治療に使われてきました。

5a還元酵素はテストステロンをジヒドロテストステロンに変える働きを持つといわれています。

ジヒドロテストステロンは毛根部の細胞を攻撃して薄毛を進行させるため、薬でその働きを抑制しておくことが薄毛対策となるのです。

そのためにはデュタステリドの成分を、血液を介して頭皮へと運ぶことが必要となり、いつもデュタステリドが血液中に一定量行き渡っていることが大切です。

血液中の量を安定させ続けるためには、一定のタイミングで毎日飲むことが必要といます。

デュタステリドの成分は一回の服用で24時間効果を持続するといわれていますので、毎日同じ間隔で飲むことが重要です。

食前食後などの決まりはありませんので、飲み忘れにだけ注意をして続けましょう。

デュタステリドは間違った飲み方をすると危険です


デュタステリドの飲み方は、「毎日同じ時間」というルールを守れば、比較的簡単に続けられそうです。

しかし、間違った飲み方をしてしまうと、時には副作用のリスクが高まるといわれています。

デュタステリドの飲み方の間違いと、そのリスクには以下のようなものがあります。

飲み忘れたから2倍飲む

デュタステリドの飲み方で注意したいのは、一回辺りの決まった量を守らなければいけないということです。

毎日1回ずつ決まった量を飲むことがデュタステリドのルールとされています。

しかし毎日飲んでいる間にはうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、飲み忘れたからといってその分も合わせて2倍の量を飲んではいけません。

忘れたからといって勝手に量を増やしてしまうのは危険です。

カプセルを噛んだり開けたりする

デュタステリドはカプセルの形で処方される薬です。

カプセルは薬の味や飲みにくさを軽減する役割も果たしてくれますが、それ以外に飲んだ後に正しい場所で溶けて効果を発揮させる効果も持っています。

デュタステリドのカプセルは、そのまま飲み込むのが正しい飲み方であり、噛んだりカプセルを開けたりしてから飲むのは正しくありません。

カプセルを丸のまま飲み込まないと、成分が体に届きにくくなるうえ、口の中を成分が刺激するおそれもあるといわれています。

デュタステリドは飲んではいけない人もいます

デュタステリドは飲んではいけない人や、飲むのを止めたほうがいいといわれている時期などがあります。

正しい飲み方をしても、こういった場合にはデュタステリドが悪影響を与えるおそれがあるといわれています。

デュタステリドは妊娠している、または妊娠を希望している女性には禁忌薬とされ、フィナステリドと同じように胎児への影響が心配されています。

周囲に妊娠している女性がいる男性が服用する場合は、飲み方や薬の管理に注意が必要です。

カプセルの内容物に女性が触れることでも影響が出る場合があります。

また、デュタステリドは献血をする前に飲むことはできないとされています。

献血の血液の中に成分が残っていると、輸血を受けた人への影響が懸念されるため、フィナステリド同様に最低でも1ヶ月以上空けることを進められています。

このように飲んではいけない禁忌を守ることや状況によって飲み方を調整することは大切です。

(まとめ)デュタステリドの飲み方は難しい?

1.デュタステリドの飲み方は簡単ですが、リスクには注意が必要です

デュタステリドの飲み方は簡単なもので、安全性も以前から使われてきた前立腺の薬として確認されています。

しかし、間違った飲み方をすると副作用のリスクがあり、危険です。

2.デュタステリドの飲み方で重要なのはタイミングです

デュタステリドはフィナステリドと同様の効果があり、飲み方も同じように毎日同じタイミングで飲むことが大切です。

血液中に成分を常に維持するために同じ間隔に毎日服用しましょう。

3.デュタステリドは間違った飲み方をすると危険です

デュタステリドの飲み方は簡単ですが、勝手な判断で飲み方を変えてしまうと副作用のリスクがあります。

量を増やしたり、カプセルを開けて飲んだりしてはいけないと言われています。

4.デュタステリドは飲んではいけない人もいます

デュタステリドは飲んではいけない人や時期などがあります。

禁忌とされている人はデュタステリドを避けるようにし、状況によって薬の管理方法に注意し、飲み方を調整することが大切です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。