デュタステリドのQ&AQ&A

 

デュタステリドには悪い飲み合わせがある?

 

デュタステリドは飲み合わせによって副作用のリスクがあります


デュタステリドはフィナステリドと同じような機能を持っているとされる薄毛治療の薬です。

男性ホルモンに影響を与えるこの成分は、男性型脱毛症の薄毛対策として有効性が期待できますが、飲み合わせのリスクもあります。

基本的には、飲み合わせの禁忌薬と言われるものは2016年現在、ありませんが、飲み合わせを避けた方が良いとされる併用注意薬はあります。

同様の成分を持っているフィナステリドに関しては、飲み合わせによるリスクもありますが、併用による効果の研究も進められています。

ただし、勝手な飲み合わせは行わないように注意が求められています。

デュタステリドには飲み合わせに注意しなければいけない薬があります

デュタステリドの成分は、前立腺の病気を治療するために使われていたものなので、基本的には安全性が確認されており、使いやすい薬と考えられています。

薄毛治療に良い効果を与えるためには、血液中の濃度を一定にしておくことが必要となり、毎日欠かさずに飲み続けるのが正しい飲み方となります。

しかし、血中の濃度を減らさないだけでなく、濃すぎないようにすることも必要となり、飲みすぎてしまうことに対する注意喚起もされています。

また、それ以外の薬を飲み合わせることで、デュタステリドの血中濃度が上がってしまう場合もあるようです。

飲み合わせで血中濃度が上がってしまうと考えられているのは、以下のような種類の薬です。

飲み合わせに注意が必要な併用注意薬

  • HIVプロテアーゼ阻害 リトナビル
  • マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロシン) クラリス、クラリシッド、エリスロシン
  • アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール) イトリゾール

デュタステリドとフィナステリドの飲み合わせは研究が進んでいます


デュタステリドはフィナステリドと同様に、男性ホルモンに影響を与えて薄毛を治療することが期待されています。

どちらも5a還元酵素を阻害する効果が期待されている薬で、5a還元酵素阻害剤と呼ばれています。

5a還元酵素は、男性ホルモン、テストステロンに働きかけて、頭皮で毛根の細胞を傷つけるジヒドロテストステロンに変えるものです。

デュタステリドは、フィナステリドよりも持続力が長いと考えられており、その成分の働きも少し違っています。

薄毛の原因となる5a還元酵素の種類も、フィナステリドでは2型にのみ効果があると言われていますが、デュタステリドの方は1.2型両方をブロックすることが期待されています。

そのため、これら二つの飲み合わせを行うことでどんな働きがあるかの研究も進められています。

二つは同じ性質を持っている上、副作用の強さにも違いがあるため、飲み合わせで良い影響がある可能性が指摘されているのです。

ただし、まだこの飲み合わせの有効性やリスクははっきりとわかっていないため、飲み合わせは避けた方が無難でしょう。

デュタステリドの飲み合わせはさまざまな副作用を与える恐れもあります

デュタステリドの飲み合わせは、特定の症状や併用する薬によらず、一般的な副作用のリスクもあると考えられます。

デュタステリドと他の薬を一緒に飲むことのリスクは、薄毛治療薬としての歴史や実績が少ないため、よく分かっていないものも多いです。

また、単体でも副作用が比較的強いとされています。

そのため、あらゆる薬との飲み合わせに注意をしながら服用を続けることが必要となるでしょう。

特に注意をしたいのは、薄毛治療の病院以外でもらう薬や市販薬の利用です。

薄毛治療は隠したいと思う人も多いものですが、他の薬を使う際には医師などに服薬を伝えて安全性に留意した処方をお願いすることが大切です。

また、処方薬の飲み合わせだけでなく、ハーブや漢方薬、民間薬の利用でも思わぬリスクを負う可能性も皆無ではないと言われています。

(まとめ)デュタステリドには悪い飲み合わせがある?

1.デュタステリドは飲み合わせによって副作用のリスクがあります

デュタステリドはフィナステリドと同様の機能を持っており、薄毛治療に効果が期待される反面リスクもあります。

飲み合わせを避けた方が良いとされる薬もあり、フィナステリドの併用も避けるべきとされています。

2.デュタステリドには飲み合わせに注意しなければいけない薬があります

デュタステリドは薄毛治療に良い効果を与えるために、血中濃度を保つことが必要となります。

しかし、他の薬を併用することで、血中濃度が上がってしまうことにも注意をしなければなりません。

3.デュタステリドとフィナステリドの飲み合わせは研究が進んでいます

デュタステリドはフィナステリドと似たような効果が期待されるものです。

しかし、その持続力や作用には少し違いがあり、それを生かした飲み合わせの研究が進められています。

ただし、まだ結果がはっきりするまでは、飲み合わせは避けられています。

4.デュタステリドの飲み合わせはさまざまな副作用を与える恐れもあります

デュタステリドと他の薬との飲み合わせには一般的な副作用のリスクもあると考えられます。

他の薬を併用する場合には、どんな薬でもデュタステリドを服用していることを相談することが必要です。

AGAの治療は専門クリニックにご相談ください!

AGA治療は、医師への相談が大切!

薄毛や脱毛症の悩みは専門医に相談するのが最も効果的です。
医学的根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。